Market Hack

サクソバンク(SAXO BANK)が米国株、中国株(上海・深セン・香港)、欧州株の取扱いを開始

1992年に設立されデンマーク金融監督庁の許可を受けた金融機関、サクソバンク(SAXO BANK)はFXの世界では既に良く知られた存在です。

そのサクソバンクが今回、米国株(6130銘柄)、中国株(2006銘柄)、欧州株(3760銘柄)の取次を一挙に開始します。つまり合計1万銘柄余りを一挙に取扱い始めるわけです。

しかも米国株の手数料は1注文あたり0.2%、上限手数料も15ドルという業界最低のコストになります。

注文可能時間は24時間です。また注文タイプは「成行注文」、「指値注文」、「逆指値注文」、「トレイリングストップ注文」になります。

日本のネット証券では外国株の信用取引が出来ないので「売りから入る」取引仕法が出来ませんでした。これは外国株の投資ポートフォリオをヘッジしたい場合、有効なヘッジが出来にくいという問題を生んできました。

サクソバンクは現物株の取引に加えて、かねてから個別株CFD取引(=差金決済取引)を提供してきました。CFD取引では「売りからでも入れる」ため、「現物をロング、CFDをショート」という組み合わせを作る事で相場急落への備えをすることが出来ます。

サクソバンクは2017年の1年間に世界170か国の顧客が出した4330万件の注文を執行した実績があります。オフィスはオーストラリア、ブラジル、中国、チェコ、デンマーク、フランス、香港、インド、イタリア、日本、シンガポール、南ア、スイス、オランダ、アラブ首長国連合、英国の16か国に展開しています。2017年末の総従業員数は1594人です。

2017年度の売上高は邦貨換算で約538億円、純利益は98億円、総資産は7098億円、普通株式ティア1比率は18.1%、株主資本利益率は12.5%でした。

サクソバンク証券

大麻(マリファナ)銘柄ティルレイが一時150ドル安! あれよあれよという間に一時半値

今日、大麻(マリファナ)の生産会社ティルレイ(ティッカーシンボル:TLRY)が爆騰し、一瞬300ドルをつけたものの、急転直下155ドルまで暴落、「あわや半値に!」という場面がありました。結局、大引けは214ドルでした。

TLRY

これに先立つ昨夜、CNBCのジム・クレイマーがホストを務める『Mad Money』にティルレイのブレンダン・ケネディーCEOが登場し、向こう3から4年の間に世界の各国で大麻が解禁されるという楽観的な観測を述べたことが急騰の原因です。

現在の世界の大麻市場は150億ドル前後(アナリストにより、数字が大きく違います!)だと考えられていますが、ブレンダン・ケネディーCEOは「1千億ドルもありうる」とぶち上げました。(ウォール街では「キリの良い数字には、気を付けろ!」と言われます。)

ティルレイ株は高値から40%下げた時点で商い停止(午後3時半頃)になり、大引け前の3時50分に再び商い停止となりました。

このように、かなりハチャメチャな立ち合いとなったわけですが、大きな上髭が出たことでテクニカル的なダメージは、もう確定してしまったように見受けられます。


アマゾンが2021年までに3000の無人店舗を展開することを検討 ブルームバーグ

ブルームバーグによるとアマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)が2021年までに3000の無人店舗を展開することを検討中です。

アマゾンは現在3か所で無人店舗「Amazon Go」を展開しています。

Amazon-Go-logo_500-x-400

このニュースを受けてクローガー(ティッカーシンボル:KR-1.40%)、ウォルマート(ティッカーシンボル:WMT-0.20%)、ターゲット(ティッカーシンボル:TGT-0.57%)などが値を消しました。

ZOZO前澤友作Space X本社における英語のスピーチはなぜ100点満点?

9月17日午後、ロスアンゼルス空港に近いホーソーンのスペースX(Space X)本社で同社の大型ロケットBFRを利用した月旅行への民間人搭乗者第一号にスタートトゥデイ前澤友作社長が名乗りを上げたことが発表されました。

下はその動画で、この記事ではこのスピーチの「出来栄え」を批評したいと思います。この動画は1時間22分と長いですが前澤氏が登場するのは26分15秒くらいからです。まずイーロン・マスクは「BFRの開発をするにあたりそれに乗ってみたいという民間のお客さんが乗船料を払ってくれることは必須になる。そこで最初のお客様を紹介したい」と言います。ここから見てください。



かつてアップルのスティーブ・ジョブズは新製品お披露目イベントでファンの事前の期待を盛り上げることがたいへん上手い「演出家」だと評されました。こんにちアメリカの経営者の中で一番そういう演出が上手いのはイーロン・マスクです。この動画では、スペースXの本社工場に置かれた実物のロケットの間を前澤氏がゆっくり歩いてくる様子が捉えられています。

なおこのホーソーンの本社兼工場は、もともとノースロップがボーイング747の胴体部分を下請けするために建設されたものです。つまりとても大きな空間であり、そこを前澤氏が悠々と歩いてくるわけで詰めかけた報道関係者は「一体、誰だ?」と期待感が高まるわけです。

彼の態度は堂々としていて余裕に満ちています。まず「Thank you, Elon.」とお礼を言って「Thank you, everyone.」と報道関係者にお礼を言います。

これは当たり前のことのように思うかもしれませんが、実は日本人の殆どが出来ない(!)のです。欧米で人前でスピーチをするときのキホンのキですので、皆さんもこのやり方をパクること。

つぎに「Wow!(わお)」という感嘆の声を発します。これも、本当に日本人には出来ないことです。前澤氏が外国暮らしをしたことがあることが、この一声でわかります。

次に「I’m from Japan.」と言います。つまり「日本から来ました」ということです。これは極めて効果的な口火の切り方です。なぜなら上に述べたようにワクワク期待させて、東洋人が歩いてきて檀上に登るわけだから「こいつ、一体なにもの?」という疑問を全ての報道関係者が持っているからです。だから「日本人です」という切りだし方は適切

そして「My name is Yusaku Maezawa. You can call me MZ(エム・ズィー)」と言います。

ここがとても、とても大事なことなのですが、気がついた方も多いと思いますがイーロン・マスクですら前澤氏の名前を発音するのに苦しんでいるわけで、そこで前澤氏は「オレのことエム・ズィーと呼んでくれればいいから。」と助け舟を出すわけです。

しかし本当は、前澤氏がやっていることは、自分のブランディングです。つまりアメリカ人から彼を「エム・ズィー」と呼ばせることで、アメリカ人にも親しみを持ってもらえることが出来るからです。

ZOZOはコンシュマー・ブランドでありスタートトゥデイの野望がグローバルである以上、BFRによる月旅行はスタートトゥデイ社にとってまたとないパブリシティの機会です。その大事な局面で「名前が発音できない」では、折角のチャンスを逸してしまうわけです。

この間、19秒。

みんなもわかるとおり、難しい単語や言い回しは、一切していません。でも19秒で聴衆のハートを掴んでいる。

もし、これをフツーの日本人にやらせたら、たぶん「ユー・キャン・コール・ミー・エム・ゼット」とやってしまうでしょうね。

ゼットは日本語です、つうじません。ズィー(Z)が正しいです。

そろそろダサい日本語英語から卒業すること

それからもうひとつ苦言を呈すれば「あいつは英語は出来ないけど、仕事は出来る。だから英語はカンケーない」という時代は、そろそろ終わりつつあります。

仕事の出来る日本のビジネスマンの大半は、ちゃんと英語も喋れます。その現実を直視すること。

カナダで10月17日から娯楽用大麻(マリファナ)が解禁 国全体としては世界初 関連銘柄ティルレイはどうなる?

いよいよ10月17日からカナダ娯楽用大麻(マリファナ)を解禁します。国全体として大麻の娯楽使用を許可するのはカナダが初です。(アメリカの場合、シアトルのあるワシントン州をはじめ幾つかの州ではすでに娯楽用が解禁されています)

大麻(カンナビス=cannabis)は麻(あさ)の花冠(花弁の管の集まり)です。

昨日、コカコーラがカナダの大麻業者と組んでCBD入りの飲料を開発することを検討しているというニュースが出ました。CBDはカンナビジオールの略で麻に含まれる成分のひとつです。精神作用はありませんし、濫用、常習性もありません。だからマリファナとは別物と考えた方がいいと思います。

北米株式市場には十数銘柄の「医療用大麻関連株」があります。

それらの銘柄は、もともとカナダ市場に上場されていたなどの経緯によりアメリカでも取引できるのですが、流動性に乏しいです。米国で資金調達を許されIPOした銘柄は、いまのところティルレイ(ティッカーシンボル:TLRY)だけです。

TLRY

これがなぜ重要かというと米国で資金調達しようとする企業は米国証券取引委員会(SEC)の審査を受ける必要があり、情報開示などの面でいちだんとハードルが高いからです。

またトレードする際、サクサク取引できるのはこの銘柄だけです。

同社の本社はカナダのブリティッシュ・コロンビア州のナナイモにあります。これはバンクーバーから海峡を渡った対岸です。ただ会社の登記は米国のデラウエア州となっています。また決算は米ドルで〆られています。

大麻は鎮痛薬、てんかん、PTSDなどの医療用の用途があり、医療用大麻は既にドイツ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、チェコ、南ア、クロアチア、キプロス、そしてアメリカの幾つかの州で合法化されています。

グローバルで見た大麻市場は1,500億ドルの規模があり、世界の大人の3.8%が大麻を使用しています。

一方、娯楽用大麻は冒頭で述べたように10月17日からカナダで合法化されます。

なお大麻の栽培は比較的簡単に始めることが出来ます。言い直せば、参入障壁は低いです。すると過当競争の中で生き残ろうとすると1) ブランド化する、2) 他の飲料、食品などと混ぜて消費する、というようなマーケティング上の工夫が必要になります。

すでにコンステレーション・ブランズ(ティッカーシンボル:STZ)などの企業がビールやワインに大麻を混ぜるプロジェクトに関心を抱いています。

ただ、現時点ではティルレイの売上高は医療用大麻のみからしか上っておらず、従って売上高は顕微鏡で見ないといけないほど僅かです。

ちなみに先日発表された同社の第2四半期決算はEPSが予想-9セントに対し-17¢、売上高が予想901万ドルに対し970万ドル、売上高成長率は前年同期比+94.0%でした。また販売量は前年同期比+745キログラム(+97%)の1514キログラムでした。

つまりティルレイの株高は娯楽用大麻解禁という「夢」に支えられているのであり、業績面での裏付けは無いということです。

相場の格言に「理想買い、現実売り(Buy on dream, sell on reality.)」というのがあります。だから10月17日以降も同社株を抱き続けるのは愚鈍な投資家だけだと思います。


【お知らせ】
広瀬隆雄のnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまで。

MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ