Market Hack

シリコンバレーに「視察」と称して観光旅行に行く昭和なオジサンたちに告ぐ ブロックチェーン革命は荒涼たる「陸の孤島」の秘密基地で着々準備されている

皆さんはイノベーションがどんな場所で生まれるかご存知ですか?

それはたとえばこんな処で生まれています。



大恐慌時代に作られた、荷物を積み下ろしできる鉄製のローディング・デッキを備えた煉瓦造りの倉庫は、落書きだらけで、びっしりとビラやステッカーが貼られています。夜ともなればドブネズミが徘徊します。

ここはニューヨークの対岸、ブルックリンの中でもとりわけ僻地として知られるブッシュウィックです。ここにイーサリアムを使った様々なプロジェクトを支援するインキュベーター、コンセンサス(Consensys)の本拠地があります。ブッシュウィックは東ドイツからの貧しい移民がアメリカに来たとき好んで住み着いた街ですが、ニューヨーク首都圏で最も貧困が多い場所でもあります。

ロフトの中では剥き出しの梁の下、雑然と並べられたスチール製の折り畳み会議机に向かって沢山のコーダーがプログラムを書いています。それはオシャレとは無縁の世界です。

そしてこれが世界最先端のブロックチェーン革命の震源地なのです。

日本のサラリーマンは「視察」と称したご褒美旅行でシリコンバレーに来ます。そしてFacebookの本社の前の看板のところで記念撮影し、サンフランシスコのブルーボトル・コーヒーを味わい、大満足して帰国するわけです。本当に迷惑な連中です。

僕はテクノロジー・バンキングの牙城、H&QでIPOの仕事をした経験上、自信を持って言えますけど、プチブルの虚栄心を満たすブルーボトル・コーヒーみたいな場所からはイノベーションは生まれません。

いま新境地を切り拓いている連中は、たとえば「スワロー・カフェ」を根城としているのです。



この界隈では「ももSUSHI SHACK」、「SHINOBI RAMEN」などのレストランも人気となっています。

そもそもなぜブッシュウィックがブロックチェーンのメッカになったかといえば、それはイーサリアム・プロジェクトの共同創設者、ジョセフ・ルービンがここを活動の拠点としたからに他なりません。

しかしブッシュウィックがニューヨークでいちばん食い詰めた若者たちが集結するクリエイティブな街になっていることも大きな理由です。

なぜプログラマ、アーチスト、ミュージシャンたちはブッシュウィックを目指すのでしょうか?

その理由は、家賃高騰が続いているニューヨーク首都圏で、ここがいちばん家賃が安いことによります。

ブッシュウィックの付近はニューヨークでもいちばん交通の便がわるい「陸の孤島」と言われています。

1

しかも唯一の地下鉄路線「Lトレイン」(上の路線図で灰色の線)は2019年4月から2020年秋まで改修工事のため閉鎖になります。

この改修工事は2年前からおおやけにされているので、マンハッタンに通勤する人たちはここを避けています。だから家賃が安いというわけ。

僕の上の息子は役者の卵ですが、安い家賃を求めて最終的に行き着いた先が、やっぱりブッシュウィックでした。いまはSkype英会話で生計を立てながらオーディションしたり舞台の脚本を書いたりしています。(写真は彼のインスタグラムから拝借しました)


1998年の亡霊 マリファナ株は文字どおり麻薬! 近寄らないで!

僕はことある毎に「今年の相場は1998年の相場を彷彿とさせる」ということを話してきました。

当時、アメリカはドットコム・ブームの真只中。アメリカ経済も好調でした。ドルは堅調で世界の投資資金は「アメリカへ、アメリカへ」と流れていました。

これは今日の状況に似ています。いまアメリカ経済は好調ですし世界の投資資金がアメリカへ集まってきています。

しかし1998年は恐ろしいdisruptionの年でもあったのです。夏にロシアがデフォルトし、いわゆるルーブル危機が起きました。

それとの対比で言えばこんにちそれに相当する新興国の危機はさしずめアルゼンチンとトルコでしょう。

結局、98年はLTCMというヘッジファンドの破たんを見ました。

ただポイントとしてはそれで米国株の相場が終わったのではなく、小型株への投機熱は一層昂ぶったという点です。

こんにちのアメリカ市場でも当時を彷彿とさせるチャラチャラした銘柄のオンパレードが見られます。その代表例が大麻(マリファナ)関連銘柄のティルレイ(ティッカーシンボル:TLRY)でしょう。

「A」が決算を出しMarket Hackの読者に注意を促した日。「B」が下の寄り前ツイートを発した日です。

1










ティルレイはいまのところ医療用大麻しか販売してないので、売上高は「限りなくゼロに等しい」です。百歩譲って10月17日からカナダで解禁される娯楽用マリファナの市場がアナリストの楽観的な予想通りに実現したとしても、2020年(!)の売上高予想の87倍で取引されています。

普通、インターネット株でもPSR(時価総額対売上高比)で15倍くらいがギリギリの水準でしょう。だから87倍というバリュエーションがいかにクレイジーかわかろうというもの。

いずれにせよテクニカル・チャート的にはダメージが確定しました。いわゆるbroken stockです。近寄らないこと。



トルコETFにトレードチャンスか?

トルコリラは年初来対ドルで-38%の暴落を演じました。しかし9月13日にトルコ中銀が政策金利を市場予想より高い24%に引き上げたことが功を奏してリラは当面のボトムをつけた観があります。

Market Hackは一貫してトルコリラに対してはコーシャスな見方をしてきましたが、9月13日の政策金利会合後の利上げは高く評価しています。

その理由は政策金利から消費者物価指数を引いた差が6%に達したことでトルコ中銀がエルドアン政権から独立を貫く姿勢をシグナルしたためです。

4

もちろん新興国の通貨危機というのは「波状攻撃」で何度もぶり返すのが常ですから、今後一本調子でトルコリラが出直るというような楽観的な考え方はしていません。まだ「ひやっ」とする局面は何度もあるでしょう。

それを断った上でごく短期に限って言えばトルコにはトレーディング・オポチュニティーがあると思います。

下はiShares MSCIトルコETF(ティッカーシンボル:TUR)です。

TUR

現在$22.41 だけど、$26くらいまでの戻りを取りに行くことは決して無謀極まりないトレードではない気がします。

そもそもトルコ経済は実績ベースでは1位インド、2位中国に次いで3番目に急成長している経済です。

近年、自動車会社がトルコに生産拠点を移転し、そこでフル生産が始まっている関係で同国の主要輸出品目である乗用車の生産・輸出は好調です。最近のトルコリラ安は、さらに同セクターの競争力を増す結果になると思います。

一方、トルコのもうひとつの「資源」である観光についてはシーズン・ピークの8月のデータが未だ出ていないので時期尚早なコメントは控えるべきかと思いますが、少なくともこれまでは去年のペースを若干上回っています。トルコ政府が国内治安をしっかりまもることが出来るのであればトルコリラ安でバーゲンとなっているトルコ観光が人気化するシナリオが考えられます。

トルコの失業率は同国の過去平均より低いです。

1

中古住宅販売件数には翳りは見えません。

2

また今回のトルコリラ安では民間企業の債務と、それに対して貸し込んでいるトルコ国内銀行に対する投資家の不安が問題にされることが多いですが少なくとも金融サービス信頼感指数はまだ悪化していません。

3

つまりトルコリラ安とそれが引き起こしたインフレに対してはもちろんトルコ市民も不安を抱いているものの、トルコ経済が「きりきり舞いしている」と形容するのは、ちょっとオーバーだということ。

ワンチャンスで一回転を狙うというのは、決して無謀では無い気がします。


P.S. 僕はマネーパートナーズに一連のトルコリラに関する緊急レポートを提供しています。

サクソバンク(SAXO BANK)が米国株、中国株(上海・深セン・香港)、欧州株の取扱いを開始

1992年に設立されデンマーク金融監督庁の許可を受けた金融機関、サクソバンク(SAXO BANK)はFXの世界では既に良く知られた存在です。

そのサクソバンクが今回、米国株(6130銘柄)、中国株(2006銘柄)、欧州株(3760銘柄)の取次を一挙に開始します。つまり合計1万銘柄余りを一挙に取扱い始めるわけです。

しかも米国株の手数料は1注文あたり0.2%、上限手数料も15ドルという業界最低のコストになります。

注文可能時間は24時間です。また注文タイプは「成行注文」、「指値注文」、「逆指値注文」、「トレイリングストップ注文」になります。

日本のネット証券では外国株の信用取引が出来ないので「売りから入る」取引仕法が出来ませんでした。これは外国株の投資ポートフォリオをヘッジしたい場合、有効なヘッジが出来にくいという問題を生んできました。

サクソバンクは現物株の取引に加えて、かねてから個別株CFD取引(=差金決済取引)を提供してきました。CFD取引では「売りからでも入れる」ため、「現物をロング、CFDをショート」という組み合わせを作る事で相場急落への備えをすることが出来ます。

サクソバンクは2017年の1年間に世界170か国の顧客が出した4330万件の注文を執行した実績があります。オフィスはオーストラリア、ブラジル、中国、チェコ、デンマーク、フランス、香港、インド、イタリア、日本、シンガポール、南ア、スイス、オランダ、アラブ首長国連合、英国の16か国に展開しています。2017年末の総従業員数は1594人です。

2017年度の売上高は邦貨換算で約538億円、純利益は98億円、総資産は7098億円、普通株式ティア1比率は18.1%、株主資本利益率は12.5%でした。

サクソバンク証券

大麻(マリファナ)銘柄ティルレイが一時150ドル安! あれよあれよという間に一時半値

今日、大麻(マリファナ)の生産会社ティルレイ(ティッカーシンボル:TLRY)が爆騰し、一瞬300ドルをつけたものの、急転直下155ドルまで暴落、「あわや半値に!」という場面がありました。結局、大引けは214ドルでした。

TLRY

これに先立つ昨夜、CNBCのジム・クレイマーがホストを務める『Mad Money』にティルレイのブレンダン・ケネディーCEOが登場し、向こう3から4年の間に世界の各国で大麻が解禁されるという楽観的な観測を述べたことが急騰の原因です。

現在の世界の大麻市場は150億ドル前後(アナリストにより、数字が大きく違います!)だと考えられていますが、ブレンダン・ケネディーCEOは「1千億ドルもありうる」とぶち上げました。(ウォール街では「キリの良い数字には、気を付けろ!」と言われます。)

ティルレイ株は高値から40%下げた時点で商い停止(午後3時半頃)になり、大引け前の3時50分に再び商い停止となりました。

このように、かなりハチャメチャな立ち合いとなったわけですが、大きな上髭が出たことでテクニカル的なダメージは、もう確定してしまったように見受けられます。


MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ