Market Hack

楽天証券主催リアルタイムネット勉強会「FOMC直後に開催! 米国株を中心とした外国株投資戦略をアップデート!」

1

楽天証券主催リアルタイムネット勉強会「FOMC直後に開催! 米国株を中心とした外国株投資戦略をアップデート!」は次の要領で開催されます:

開催日:2017年9月22日(金)
時間:夜8時から9時半
参加費用:無料
参加資格:楽天証券に口座のあるお客様に限定させて頂きます
口座開設:こちらのリンクからどうぞ
お申込期間:9月18日(月)11時59分まで
申込方法:こちらのリンクからお願いいたします
当日の参加方法:こちらのリンクを参照してください

【講師コメント】
9月19日から20日まで連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されます。今回のセミナーではFOMCでの結果を踏まえて、米国経済の見通しについてお話する予定です。加えて、アジアをはじめとする新興国、さらに欧州などの投資機会についても言及します。

事前申し込みが必要ですので、お早目にお済ませ下さい。

Market Hack Salonでは新メンバーを募集中です

601_main_pc

Market Hack Salonでは新メンバーを募集中です。同サロンは、日頃Market Hackを愛読して頂いている読者を中心とした親睦コミュニティです。

世界経済やビジネス・シーンに関することで、同じ興味や問題意識を持つ仲間同士が、安心して、忌憚なく語り合える、わきあいあいとした「場」を提供したいと考えています。

Market Hack Salonは、「多・対・多」のコミュニティですので、「横レス」大歓迎です。とくに個人と個人のつながりを大切にしたいと思います。

このサロンのサービスは、以前、シナプスが提供していましたが、シナプスがDMM.COMに買収された関係で、今後は「DMMオンラインサロン」の提供となります。

やっていることの中身は、一切、変わりません。

申し込み先→Market Hack Salon


FOCUS LIST

FOCUS LIST

フォーカス・リストのルールは「常に5銘柄まで」で更新は「2週間毎」を大体の目安にしています。

話題になっている銘柄、材料含みの銘柄で、読者が特に注意を払うべきタイムリーな銘柄に対し注意喚起を呼びかけるのが目的です。だから推奨ではありません。

簡単に「なぜフォーカス・リストに入れたのか?」の背景も必ず付記します。なお、その性格上、フォーカス・リストは、アグレッシブに、どんどん銘柄を入れ替えて行きます。

今回は値動きの悪いニューモント・マイニング(NEM)を落とし、その代りにツー・シックス(IIVI)を加えました。

ツー・シックスはiPhone Xの「Face ID」の基幹部品を提供している会社だと言われています。

なお、現在フォーカス・リストに入っている銘柄のチャートを掲載しておきます。

まずレイセオン(RTN)。ミサイルの会社です。北朝鮮関連銘柄。

RTN

次が今回新たに加わったツー・シックス(IIVI)。

IIVI

次がハンチントン・インガルス(HII)。空母、原子力潜水艦の造船所です。北朝鮮関連銘柄。

HII

スクエア(SQ)はクレカ決済端末のハードウェアならびにソフトウェアを提供しています。フィンテック銘柄です。

SQ

ペイパル(PYPL)は大学生に大人気の送金アプリ、「Venmo」の親会社でもあります。これもフィンテック銘柄です。

PYPL

【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。



マネックス証券主催「米国株式月次オンラインセミナー」開催のお知らせ

1

マネックス証券主催「米国株式月次オンラインセミナー」は次の要領で開催されます:

開催日:2017年9月25日(月)
時間:夜8時半から10時
参加資格:マネックス証券に口座をお持ちのお客様限定とさせていただきます
口座開設:こちらのリンクからどうぞ

当日の参加方法:こちらのリンクからどうぞ

【講師からひとこと】
今回は米国株式市場の近況に加えて、米国のフィンテック関連銘柄を紹介したいと思います。


9月20日のFOMCでFRBバランスシート縮小10月開始が発表される!?

今日、ウォールストリート・ジャーナルが「FRBのバランスシート縮小が、10月から開始されることが、9月20日のFOMCで発表されるだろう」という観測記事を掲載しました。

この記事のクレジットは、ニック・ティミラオスです。

普通、FEDウォッチャーというと同じくWSJに所属するジョン・ヒルゼンラースが有名ですが、最近はFEDウォッチャーの仕事を、だんだんジョンからニックに移行している気配があります。

ヒルゼンラースは予想が「ドンピシャ」で有名でしたが、ニックは未知数です。

だから今日のこの観測記事の確度は低いかもしれません。

しかしFRBは、おうおうに、今回のような大事な発表の直前には、わざとWSJにそれとなくリークして、「アドバルーン記事」を書かせることをします。

もし明日(現地19日)、マーケットが荒れないようなら、FRBのバランスシート縮小は10月から始まると思います。

1

ひとたびFRBのバランスシートの縮小が始まると、それは上のチャートのように、だんだん拡大されてゆきます。(このプランは既に発表済み)

なお、9月20日のFOMCでは、米国の政策金利であるフェデラルファンズ・レートは現行の1.25%のまま、変更なしだと思われます。

その他の注目点としてはFOMC声明文と同時に公表される経済予想サマリー(SEP)で、20172018年末のフェデラルファンズ・レートの予想が、どうなっているか? です。6月のFOMCでのコンセンサスは2.1%でした。これが、今回は1.5%付近まで下がっている可能性があります。

債券価格にとり:


1)FRBバランスシート縮小は、売り材料
2)SEP FFレート・コンセンサスの下落は、買い材料


と強弱入り乱れた内容になることが予想されるわけです。

市場のリアクションは、読みにくいと思います。


PS. 慌てて書いたせいで記事中誤記が2か所ありました。ごめんなさい。
MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ