Market Hack

インヴァスト証券主催ETFセミナー「2018年アメリカのマーケット展望」開催のお知らせ

pic01

インヴァスト証券主催ETFセミナー「2018年アメリカのマーケット展望」は以下の要領で開催されます:

開催日:2018年1月11日(木)
時間:夜8時から9時半
講師:広瀬隆雄
費用:無料
参加資格:どなたでも参加できます。これを機会にインヴァスト証券に口座を開設して頂けると嬉しいです。
口座開設:こちらのリンクからどうぞ
セミナー参加申込:こちらのリンクからどうぞ
当日の参加方法:こちらのリンクをご参照ください

インヴァスト証券では世界のETFを自動売買できるトライオートETFを展開中です。ETFに関する情報がてんこもりになったETF GateWayもよろしく。


マネックス証券主催「米国株式月次オンラインセミナー」開催のお知らせ

1

マネックス証券主催「米国株式月次オンラインセミナー」は次の要領で開催されます;

開催日:2017年12月21日(木) いつもと違う開催日です。ご注意ください!
時間: 夜8時半から10時
参加資格:マネックス証券に口座をお持ちのお客様限定とさせていただきます
口座開設:こちらのリンクからお願いいたします

当日の参加方法:こちらのリンクからどうぞ

米国証券取引委員会(SEC)がマンチーのICOに停止命令 

今日、米国証券取引委員会(SEC)がレストランのレビュー・サイト、マンチー(Munchee)が実施しようとしているICOを直ちに停止せよと命令を出しました。同社はこれに従い、ICOを放棄しました。

マンチーはカリフォルニアのスタートアップ企業で、iPhoneのアプリでレストランのレビューをさせるサービスを計画中でした。同社は10月と11月にMUNトークンをICOし1500万ドルを調達しました。

333

SECは1933年証券法セクション2(a)(1)の証券に該当すると断定し、1946年の判例「SEC対W.J.ハウイ」で示された見解に基づき、これは投資契約であると判断しました。

SECはICOを開始したマンチーにコンタクトし、「即刻、ICOを止めるように!」と警告、同社はこれに従い、投資家にお金を返金し、ICOトークンの発行も見合わせました。

同社が速やかに募集を中断、終了し、投資家の資金を返金したため、SECは同社に対して民事罰則を科すことを止め、今回は無罪放免にしました。

今回のケースでは、マンチーの本社は米国内のカリフォルニアに所在し、しかもホワイトペーパーの中で、あたかもMUNトークンに投資すれば儲かるような誘導があり、どう考えても普通の営利企業の資金調達と変わりませんでした。その場合、広く一般から資金調達するのであれば、証券の売出しの登録をする必要があります。それをしなかったマンチーは横着であり、弁解の余地は無いと思います。



楽天証券主催リアルタイムネット勉強会「今年最後の米国株式セミナー! FOMC直後のタイミングで、2018年の行方を考える!」開催のお知らせ

今年最後の米国株式セミナー

楽天証券主催リアルタイムネット勉強会「今年最後の米国株式セミナー! FOMC直後のタイミングで、2018年の行方を考える!」は以下の要領で開催されます:

開催日:2018年12月15日(金)
時間:夜8時から9時半
講師:広瀬隆雄
参加費用:無料
参加資格:楽天証券に口座をお持ちのお客様限定とさせて頂きます
口座開設:こちらのリンクからどうぞ

事前参加申込:12月12日(火)夜23:59PM締切とさせていただきます

申込方法:こちらのリンクからどうぞ


トラ様の銀行取引記録がムラー特別捜査官に召喚された ビットコイン取引をやっている諸君、次はキミかもしれないよ

数カ月前のことになりますが、ドイツ銀行がロシアゲート事件を捜査しているムラー特別捜査官から、ドナルド・トランプの過去銀行取引記録の提出を求められました。

ドイツ銀行はトラ様のメインバンクで、これまでにトランプの事業に3億ドルを超える融資を行ってきました。

ムラー特別捜査官が調べているのは、とりわけトランプの関係者とロシアとの資金のやりとりがあったかどうかです。

米銀は召喚状(subpoena)を示された場合、法的に過去の銀行取引記録を提出することを義務付けられています。これはテロリストマネー、ドラッグマネー、マネーロンダリングなどを摘発するための措置です。

去年、大統領選挙の際、民主党はトランプ大統領のロシアとのつながりを明らかにすることを要求しましたが、その際は共和党議員が賛成しなかったので召喚状を出すことが出来ませんでした。

ところで銀行や、その他の金融機関は国際業務に携わる際、銀行秘密法(Banking Secrecy Act)に基づき、米国財務省内に設置された金融犯罪取締執行ネットワーク、略してFinCEN(フィンセン)と呼ばれる監視網に参加を義務付けられます。

たとえば米国最大のビットコイン・ウォレット企業であるコインベースは直ぐにFinCENのメンバーになりました。

FinCENは大きなスタッフを抱えていません。ホワイトカラー犯罪の監視は、コインベース、JPモルガンその他の金融機関に代行(deputize)を任されているのです。もっとわかりやすい言い方をすれば、銀行や金融機関は銀行員である役回りに加えて「おまわりさん」ないしは「スパイ」の役回りを義務付けられていると理解すればいいでしょう。

そう言うと、社会のことを知らない仮想通貨クラスタあたりから「これは個人のプライバシーの侵害であり、こんな横暴がまかり通っているからこそ、分散型通貨が必要だ!」とか、そういう青臭いコメントが殺到しそうですねw


しかしFinCENのネットワークは、9/11の同時多発テロの後で大幅に強化されて経緯があります。つまり世の中には犯罪者、テロリスト、脱税者は沢山存在し、それらを取り締まることは我々国民ひとりひとりにとって望ましいことでもあるのです。

それが証拠にコインベースはFinCENに加盟したというニュースの後でユーザーが爆発的に成長し現在は1300万人を数えています。これはビットコインのユーザーの大部分は善良な市民であり、FinCEN加盟がもたらす安心感が、彼らがコインベースを選ぶ大きな理由となっていることによります。

MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ