Market Hack

ゼネラル・モーターズ 第1四半期決算 EPS、売上高ともにOK

ゼネラル・モーターズ(ティッカーシンボル:GM)の第1四半期決算はEPSが予想$1.27に対し$1.43、売上高が予想346.7億ドルに対し361億ドル、売上高成長率は前年同期比-12.4%でした。

GMチャイナの第1四半期販売台数は過去最高の98.6万台でした。「バオジュン」は+20%近い成長を記録しました。特にクロスオーバー車「バオジュン530」は3月11日の新発売以来、既に1.1万台を販売し幸先の良いスタートを切りました。

2018年のフリー・キャッシュフローは2017年とほぼ同じ水準を予想しています。

GM

ペプシコ 第1四半期決算 EPS、売上高はOK ガイダンスは×

ペプシコ(ティッカーシンボル:PEP)の第1四半期決算はEPSが予想93¢に対し96¢、売上高が予想123.7億ドルに対し125.6億ドル、売上高成長率は前年同期比+4.3%でした。

オルガニック成長率は+2.3%でした。コア・グロスマージンは75ベーシスポイント悪化しました。

2018年のEPSは予想$5.71に対し、新ガイダンス$5.70が提示されました。売上高は予想653.8億ドルに対し、新ガイダンス650億ドルが提示されました。

PEP

フォード・モーター 第1四半期決算 EPS、売上高ともにOK

フォード・モーター(ティッカーシンボル:F)の第1四半期決算はEPSが予想41¢に対し43¢、売上高が予想370.6億ドルに対し419.6億ドル、売上高成長率は前年同期比+7.2%でした。

営業キャッシュフローは8億ドルの減少で35億ドルでした。

修正EBITDAはコモディティー価格の高騰により前年比でマイナスになりました。

コストの見直しで新たに115億ドルの費用削減機会を特定することができました。

2020年までに修正EBITで8%のマージンを達成することを目標にします。

F

ペイパル 第1四半期決算 EPS、売上高、ガイダンスすべてOK

ペイパル(ティッカーシンボル:PYPL)の第1四半期決算はEPSが予想54¢に対し57¢、売上高が予想35.9億ドルに対し36.9億ドル、売上高成長率は前年同期比+23.9%でした。

アクティブ口座数は810万口座新規追加されました。稼働口座数は+35%でした。

22億トランザクション(+25%)が実行されました。

トータル・ペイメント・ボリューム(TPV)は+32%の1320億ドルでした。

アクティブ口座当たりのトランザクション件数は34.7回でした。

ベンモ(Venmo)のTPVは120億ドル(+80%)でした。

第2四半期EPSは予想56¢に対し、新ガイダンス54~56¢が提示されました。売上高は予想37.6億ドルに対し、新ガイダンス37.8~38.3億ドルが提示されました。

2018年のEPSは予想$2.29に対し、新ガイダンス$2.31~2.34が提示されました。売上高は予想152.7億ドルに対し、新ガイダンス152~154億ドルが提示されました。

PYPL

ビザ 第2四半期(3月期)決算発表 EPS、売上高、ガイダンスすべてOK

ビザ(ティッカーシンボル:V)の第2四半期(3月期)決算はEPSが予想$1.01に対し$1.11、売上高が予想48.2億ドルに対し50.7億ドル、売上高成長率は前年同期比+13.3%でした。

2018年の売上高成長ガイダンスはこれまでの「一桁台の上の方」から「二桁台の下の方」へ上方修正されました。EPSはこれまでの「25~27%」から「27%から29%」へ上方修正されました。

V
MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ