Market Hack

欧州銀行セクターのストレステストは如何に?

欧州のFXや株式市場で目下一番注目されているのが23日に正式発表されるストレステストの結果です。

【なぜ投資家はストレステストにこだわる?】
ストレステストは或る種の「お墨付き」です。それ自体には重要な意味も無ければストレステストで適用される基準がゼッタイ正しいというものでもありません。つまり「気休め」なのです。

でも投資家がそれにこだわる理由は去年、米銀のストレステストの結果(良好でした)が出た直後あたりからマーケットがラリーしたといういきさつがあるからです。

【まずテスト基準の公表から】
早ければ今日にでもストレステストの基準が発表されると噂されています。FTアルファヴィルによると:
続きを読む

BMW大連営業マン、罰金3万元 - 姫田小夏

ゲストブロガー:姫田小夏

himedaジャーナリスト。東京都生まれ。不動産会社、衆議院議員秘書、出版社勤務を経て97年から上海に居住、2000年に上海で日本語のフリーマガジンを創刊。02年は北京で姉妹誌を創刊、05年には生活情報誌、グルメ誌に続いてビジネス誌含む5誌にまで拡大。08年同誌編集長を退任後は東京-上海を往復しながら執筆。定期連載として「ダイヤモンド・オンライン」にて「中国は今」、「JBpress」にて中国ビジネスの水面下の動きを提供。ブログに姫田の「ズバッ!と上海」。最近は、上海不動産バブルの実態などをテーマにした講演(民間外交推進協会主催)ほか、ラジオ番組「J-WAVE」、JFN「パワーベイモーニング」などにも出演。

■おすすめエントリー
元記事 公開日時:2010年6月26日 14:01

ドイツBMWの大連にある販売拠点でも労働争議が起こっている。販売会社の燕宝集団のひとりが匿名で暴露、社員は理由無き給料支給の遅滞のほか、高額の罰金で苦しめられている内幕が中国国内で報道された。

告発によれば、罰則項目は“百箇条”以上にものぼり、すべての営業マンが罰金を科された経験を持ち、毎月4桁の罰金を科される者も少なくなかったという。抜き打ち検査の結果、店舗が「不合格」とされれば3万元の罰金を課される営業マンもいたらしい。服装など身だしなみが悪いとみなされた場合も50~100 元の罰金だとか。続きを読む

中国は本当に「お山の大将」なのか? ティアダウン分析にみる苦悩

ニューヨーク・タイムズにアップルのiPhone4のティアダウン(分解)分析の記事が出ていました。

アップルはiPhone4を売ることで1台あたり$600を売り上げますが(電話会社リベートを含む)、そのうちの粗利益は下の図にあるように$360、つまり60%です。
ティアダウン

(出典:ニューヨーク・タイムズ)
続きを読む

中国農業銀行のIPO価格が決定 (グリーンシューとは?)

中国農業銀行

中国農業銀行のIPO価格が決定されました。

中国農業銀行は香港と上海の両市場でIPOをオファーしており、発行条件は異なります。

香港でのIPO価格はHK$3.20(米ドル換算では0.4107)です。初値レンジは当初レンジがHK$2.88~HK$3.48(中値HK$3.18)、修正レンジがHK$3.18~HK$3.38(中値HK$3.28)でした。つまり修正レンジの中値に比べると少し低い水準での値決めとなったわけです。香港での売出し(分類としてはH株になります)は254億株で、調達金額は812.8億香港ドル(104.3億米ドル)でした。

一方、上海でのIPO価格は2.68人民元(米ドル換算では0.3955)です。初値レンジは2.52~2.68人民元でした。つまりレンジの上限での値決めとなったわけです。上海での売出し(分類としてはA株になります)は222.4億株です。調達金額は595.0億人民元(87.8億米ドル)でした。
続きを読む

中国の水不足と「水のトップ・ブランド」

中国では急速な都市化と工業化の影響で水不足が慢性化しています。

中国の一人当たり水資源は米国商務省の推定では2200立法メートルで世界平均の4分の1に過ぎません。

しかも中国環境監視センターの報告書では中国の主要水源の49%は汚染が激しく飲料水として適さないそうです。

また中国水資源省の調査では717億トンの産業排水のうち、実に3分の2が適当な汚水処理をしないまま河川に流れ込んでおり、都市部の水源の90%が汚染されているとしています。

中国政府は2002年に水資源法を改正し、水源の保護や汚水に関する法的責任関係の明確化を打ち出しました。さらに2007年には飲料水に対する品質基準を制定し、飲み水の安全確保に乗り出しました。
続きを読む
MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ