Market Hack

録画「いちばん簡単なCFDの手引き」がUPされています 楽天証券

ボット

7月22日に実施された楽天CFD主催、「いちばん簡単なCFDの手引き」の動画配信がはじまっています。

「CFDって、一体なに?」

皆さんのそういう素朴な疑問に答えます。

「FXの次としてCFDはどうなのよ?」

と考えている方にも最適の入門編です。

リンクをクリックすると動画が始まります。(所要時間1時間半)

いま人民元預金に殺到することの愚かさについて

先頃人民銀行が「人民元の変動を容認する」と発言したため人民元預金が注目を集めています。

しかし「人民元は昔の円と同じで当然趨勢的に高くなるから、今からやっておけば間違いは無い」という発想は極めて短絡的だと思います。

ハッキリ言って近く人民元が大きく上昇する可能性は低いと言わざるを得ません。

その一方で「変動が容認された」後での人民元も引き続きドルと密接にリンクしていますから、円高ドル安になればあなたの人民元預金もどんどん目減りします。

思うに高度成長期を知っている古い世代の人々は1970年代初頭に円が一気に360円から308円になったようなドラスチックな動きをどうしても期待してしまうのでしょう。
700px-JPY-USD_1950-_svg

(出典:ウィキペディア)

しかし当時と現在では世界経済の置かれている環境が全く異なります。当時はアメリカも景気が良かったので日本が為替レートの調整を行っても即座に輸出が壊滅的打撃を受ける可能性は低かったです。
米国の実質GDP成長率(70年代)

(出典:セントルイスFRB)
しかし今はアメリカや欧州の景気見通しは不透明ですから(暫くの間は様子を見たい)と思慮深い政府高官なら当然考えるはずです。
続きを読む

オバマ・ブロードバンド政策の恩恵を蒙っているカリックス

IPOする経営者の中には大言壮語して株価を煽るタイプの人(その典型がテスラのイーロン・マスク)と、逆に控え目に徹し、コツコツと決算発表時のポジティブ・サプライズを積み上げることで長期的に投資家の信頼を築くタイプの経営者が居ます。

ブロードバンド・アクセス機器メーカー、カリックス(ティッカー:CALX)のCEO、カール・ルッソは明らかに後者です。

先週、カリックスはIPO後2回目の決算発表をしました。前回同様、EPS面、売上高面、ガイダンス面の全てでポジティブ・サプライズでした。

EPS: 予想4¢、 実績14¢
売上高: 予想6906万ドル、 実績7170万ドル(売上高は前年同期比+50%)
続きを読む

バルチック・ドライ指数は第4四半期までには力強く反発する キャピタルリンクのウェビナーより

海運業に特化したIR会社、キャピタルリンクが先週の木曜日に投資家のためにウェビナーを開催しました。このセミナーでは最近のBDI(バルチック・ドライ指数)の低迷、ならびに需給関係や今後の見通しなどについてドライバルク市場の大手企業の経営陣が集結し、パネル・ディスカッションを行いました。出演したのは:

バビス・マザラキス、COO エクセル・マリタイム
マイケル・ボドウログロー、CEO パラゴン・シッピング
アキス・ツイリガキス、CEO スター・バルク・キャリアーズ
ジョセフ・ロイス、CEO TBS
マイケル・ウェバー、アナリスト ウエルズファーゴ証券

です。以下はそのパネル・ディスカッションを聞き取ったメモです:
続きを読む

スカイプ(Skype)英会話は日本を救えるか? オンライン英会話に体当たり

【英会話業界の新勢力】
ユニクロや楽天の英語社内公用化宣言で英語ネタがネットで盛り上がっています。

英会話スクールそのものは昔からあったし、「なぜ日本人は英語が下手か?」式の水掛け論も昔から議論し尽くされてきました。その意味では正直、(またか)という既視感を禁じ得ません。

でも昔と違う事もあります。

それはオンライン英会話スクールの登場です。これはディスラプティブ(disruptive=秩序破壊的)なサービスだと思います。

【量産型ビジネス・モデル】
オンライン英会話スクールは25分のレッスン当たり250円程度(生徒がひと月にどのくらい積極的にレッスン・スケジュールを入れるかで変わります)という破格でレッスンを受講することができます。

大手のオンライン英会話スクールでは登録講師が900名近くも居ると言われています。そのようなスクールはたぶん生徒数で1万6千人くらい抱えているはずなので、これはもうマスマーケットの世界だと言えるのではないでしょうか?

しかも従来の英会話スクールでは教師の供給や教室の確保など物理的な限界がありましたが、オンライン英会話スクールはそういう制約を受けません。

極論すればコストの面でも、インフラストラクチャの面でも「1億総オンライン英会話時代」が到来してもおかしくないわけです。
続きを読む
MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ