Market Hack

イランへ核攻撃の可能性も

イスラエルの元副国防相、エフライム・スネフ氏はイスラエルの新聞ハーレツの投書欄で「ことしの11月の米国中間選挙に合わせてイスラエルがイランの核施設を攻撃せざるを得ない」と主張しました。その場合、イランの地下深くの防空壕に作られた核施設を破壊するにはイスラエルが小規模核弾頭を使用するという分析もあります。

ハーレツは発行部数こそ少ないですがイスラエルでも歴史のある新聞で、同国の世論形成に一定の影響力を持っています。

イスラエルが焦っている理由は少なくともこれまでのところ、米国を中心とする各国によるイランへの経済制裁が尻抜けになっており、効き目が無いからです。その原因は中国が経済制裁に加わっていないためです。

米国とイスラエルの外交関係はたぶんイスラエルの歴史始まって以来、今が最も悪いです。3月末に行われたオバマ大統領とベンヤミン・ネタニヤフ首相の会談は入植者住宅建設問題がこじれ、所謂、「記念撮影なし」扱いでした。
続きを読む

上場したことも無い奴が能書き垂れて!

堀江貴文さんが僕の以前書いたブログに反論しています。

実は彼の議論の多くに関して僕も同意見です。

たとえば:

「東京地検特捜部のムリな査察が新興市場をボロボロにした原因だ」

という主張には概ね賛成です。また:

「上場廃止基準の運用方針が曖昧だ」

という点も同感です。さらに:

「恣意的な市場で上場することは恐ろしいことだ」

という点も(我が意を得たり)と感じました。
続きを読む

債券の王様に睨まれたら

「おれが訊いているのはそういうことじゃない、すぐ論点をぼやかし逃げようとするのは君の悪い癖だ」

大勢の同僚の居る運用会議の場で、「債券の王様」からそう叱られたら立つ瀬がないですよね?
でも今日のロスアンゼルス・タイムズの記事によると世界最大の債券の投信会社、ピムコではこういうシビアな批判は日常茶飯事だそうです。

ピムコは約1兆ドルを運用する、世界で最も尊敬される債券の機関投資家で、「債券の王様」、ビル・グロスが居ることで知られています。

そのピムコでは、一体、どういう風に仕事が進められているのかをLAタイムズのウォルター・ハミルトン記者が取材しました。
続きを読む

ポンドに影響を与えている英国総選挙アンケート

英国総選挙はたぶん今週公示され、5月6日に実施される公算が高いです。

最新の有権者アンケートでは保守党のリードが増えたようです。
先ず有権者投票意向調査会社ユーゴブ(YouGov)の調べでは保守党39%、労働党29%、自民党20%という得票率が予想されています。因みに3月14日の調査では保守党37%、労働党33%、自民党17%でした。

つまり保守党が人気を伸ばし、労働党の人気は下がっているのです。

YouGovはキャメロン党首率いる保守党が335議席を占め、単純過半数である325議席を上回る可能性が出てきていると指摘しています。

別の有権者投票意向調査会社コムレスのデータも労働党の支持後退を示しています。
Share_of_Vote_ComRes_4-5-10

(出典:テレグラフ)続きを読む

怖いのは大企業じゃない、急成長しているベンチャーよ!

たまたま「ビジネスモデルが陳腐化する理由を知り、個人の生き残り戦略に応用しよう!」という勝間和代の文章を読んでいて膝を叩いて得心するくだりがありました。

本当のライバルは、新しく出てきた廉価な代用品や様々な技術革新。(中略)私がコンサルタント時代に叩き込まれたのは、「新規事業の売り上げは、既存事業の売り上げの10倍にも100倍にも値する」ということでした。(後略)

この箇所は彼女を熱心にフォローしている若い読者からすると特に心に引っ掛かりもせず、サラッとスルーしてしまう部分かもしれません。

でも僕にはとてもズッシリとこたえるものがありました。
続きを読む
MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ