Market Hack

最後の「処女」新興国、バングラデシュに迫る (三回シリーズ その3)

同国の通貨であるバングラデシュ・タカは安定しているし、余り上昇していないので衣類の輸出競争力は強いです。

バングラデシュ経済は比較的閉じた経済であり、輸出能力の開発はまだまだこれからです。
貿易のオープンさ

続きを読む

最後の「処女」新興国、バングラデシュに迫る (三回シリーズ その2)

バングラデシュの経済は極めてシンプルな構造になっており、理解しやすいです。

具体的には出稼ぎ労働者の送金、衣類の輸出による外貨獲得、コモディティ価格の変動、銀行システムに滞留する過剰流動性の四つをおさえておけばバングラデシュの資本市場の動きはほぼ理解できます。
続きを読む

最後の「処女」新興国、バングラデシュに迫る (三回シリーズ その1)

バングラデシュの株式市場が好調です。

ダッカ証券取引所(DSE)の指数は過去1年で2倍以上になっています。

ダッカ証取指数

そこでバングラデシュについて説明したいと思います。
続きを読む

ロボット産業の将来性 - 速水禎

ゲストブロガー:速水禎|「SRIのすゝめ~未来の測り方~

hayami"@hayamitadashi"
日本を代表するSRIファンドの運用を担当している。マーケットは大海、投資は自由と規律の航海。信条は、株価ではなく価値を買う。運用の最前線で毎日ツイートしている。

■おすすめエントリー
■ロボタイゼーションの到来■

これから中長期スパンで将来性の高い分野のひとつとして、私は現在ロボット産業の動向に注目しています。

では、今なぜロボット産業なのでしょうか。その理由は世界の人口増加と同時に進む高齢化を背景に、自動化、省力化のニーズが、今後ますます高まると考えていることです。少子高齢化の進む日本だけでなく、海外の先進国、新興国、途上国でも省力化、自動化投資は中長期的に続く、息の長い成長分野であると考えています。
続きを読む

イングランド銀行を破産させた男、ジョージ・ソロスはこう戦った 書評「More Money Than God」

More Money Than God: Hedge Funds and the Making of a New EliteMore Money Than God: Hedge Funds and the Making of a New Elite
著者:Sebastian Mallaby
販売元:Penguin Press HC, The
発売日:2010-06-10
クチコミを見る

6月14日にセバスチャン・マラビー(CFRシニア・フェロー)が書いた「More Money Than God」という新刊書が米国で発売されます。この本はヘッジファンドの歴史について書いた本ですが、新刊書のプロモーションで雑誌「The Atlantic」に同書の抜粋が掲載されています。

なかなか臨場感溢れる記述となっており、ヘッジファンドの社内の雰囲気が手に取るようにわかるので、チョッとさわりの部分を抄訳してみました。

■   ■   ■

1992年9月15日(火曜日)、ポンドはまたこっぴどく売られた。スペインの財務大臣が英国の財務大臣、ノーマン・ラモントに電話してきて、マーケットの状況を聞いた。

「悲惨だ。」

ラモントはそう答えた。
続きを読む
MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ