Market Hack

グローバル・リートの投資信託は試練を迎える

2月にショッピング・モールの大家さんとしては全米最大のサイモン・プロパティーズ(ティッカー:SPG)が会社更生中のジェネラル・グロース・プロパティーズに買収提案した際、「これからリートの株が面白くなる」という記事を書きました。(ショッピング・モール株はグローバル・リートの投資信託にとってもっとも組み入れ比重の大きいセグメントです。)

その後、サイモン・プロパティーズをはじめとするショッピング・モールの株は堅調に推移しています。

SPG


しかしここへきて(チョッと用心した方がいいかな?)と考えが変わり始めています。

その理由はショッピング・モールに入居しているテナントの商売が陰りを見せているからです。

ショッピング・モールのテナントの多くはスペシャリティー・リテーラーと呼ばれる専門店です。若者や女性相手のファッション・ブティックが多いです。

4月の小売店の既存店売上比較は前年比僅か+0.8%にとどまり、散々な結果でした。

今年はイースターが3月にかかったため、例年のイースター時期の売上が3月に計上されたという特殊要因も関係しています。実際、3月は+8.7%と極めて強い数字でした。

もうひとつの要因は4月は米国東北部で降雨が多く、それが客足に響いたということも指摘されています。

いずれにせよ今年前半ガンガン飛ばしてきたスペシャリティー・リテーラーの株は軒並みガタガタに崩れ始めています。

先ずアメリカン・イーグル(AEO)です。
AEO
続きを読む

ゴールドについて学ぶ

相場は相変わらず病人みたいにフラフラしています。

この不安定な地合の中で代表的な金のETFであるSPDRゴールド・トラストETF(ティッカー:GLD)は新値を取っています。

相場環境が悪い時に、次の大きなサイクルで主役になる資産は既に新値を取っているという法則があります。だから今のような環境で新値を取っているアセット・クラスはそれが自分の好き、嫌いにかかわらず真っ直ぐ向き合う必要のある現実だと思って下さい。

さて、厳しい相場環境の中でゴールドが新値を取っているのは偶然ではありません

ゴールドの上昇はちゃんと経済理論で説明ができます。

簡単にいえば:

1. マネーの刷りすぎ
2. マネーが蝕まれている

この2つが原因です。

リーマン・ショックが襲った時、アメリカのベン・バーナンキFRB議長はいわゆる「コレキヨ・レシピー」(高橋是清が世界で最初に編み出した、必殺技不況脱出策)を採用することで危機を乗り切る決断をします。
(高橋是清関係ではPorcoさんがいろいろな角度から詳しく研究されています。)

「コレキヨ・レシピー」のひとつのポイントはコンペティティブ・デバリュエーション(わざと為替を安く導く事)にあります。これは最初にやった奴が勝ちです。

今回のリーマン・ショックでは先ずアメリカが機敏に立ちまわりました。従って、現在のアメリカ経済が大体、GDP成長率で+3.5%出せているし、雇用の創出も過去4年で最高(=最新の非農業部門雇用者数のデータより)という風にしっかりリズムを取り戻したのはまぐれではありません。「コレキヨ・レシピー」がちゃんと効力を発揮していることの証しなのです。

イギリスもアメリカを真似して「コレキヨ・レシピー」を導入しています。「女王陛下の大蔵省」が出したギルト債をイングランド銀行がどんどん買いいれているのです。

「これってちょっとビョーキちゃう?自分で出した債券を自分で買うなんて、近親相姦やで。」

そういう声も根強くあります。

そうです。これはヤクみたいなものです。不健全です。蝕まれています。

でもアメリカとイギリスがそういうアブナイ事に手を出せば、他の国は何もしなくても「体感温度での金融政策はきつめ」という感覚になります。

日本がクソ景気が悪いにもかかわらず知らず知らずのうちに円高になるのはこれが一因です。

さらに欧州の弱い国(ギリシャ、スペインなど)にしわよせが来たのも、もとを正せばアメリカやイギリスが「ヤバイ金融政策」を敷いているのに欧州中央銀行はそこまで踏み込むことに躊躇してきたことが原因です。

月曜日の朝に一連のPIIGS救済パッケージが発表され、欧州中央銀行(ECB)が「ギリシャ国債などを買う!」と宣言したことはとうとう欧州も「核ミサイル(=ニュークリア・オプション)の発射ボタンを押した」と評されました。

つまり欧州も「ヤバイ金融政策」に手を染める決断をしたのです。
続きを読む

きめの細かい相場を張ろう 飛び乗りは禁物

昨日は欧州中央銀行(ECB)が「最終兵器(=ニュークリア・オプション)」を繰り出すなど、欧州が一丸となってPIIGS救済に取り組む姿勢を見せた事から株式市場は歴史的なラリーとなりました。

急騰するマーケットを見ると飛び乗りたくなるのは人情ですが、ここは丁寧な相場を張りたいと思います。

今回のような急落相場ではボラティリティの帰趨は「お定まりのコース」を辿る場合が多いです。

その「お定まりのコース」とは、例えて言えばテニスボールを2階の窓から落とした時、最初は勢いよくリバウンドしますが、だんだんリバウンドが小さくなるように、上下を繰り返しながらだんだん落ち着くべきところへ落ち着くシナリオを指します。

ここで注意しないといけないのはリバウンドしたのを見て慌てて飛び乗ると、そこが戻り高値であり、また逆を突かれるリスクも大きいという点です。

個々のチャートをこれから見ますが、全体としてはあまり感心できません

先ずインドのボンベイSENSEX指数です。青の線は50日移動平均線であり、ここがレジスタンス(上値抵抗)になる可能性もあります。
BSE

次にブラジル・ボべスパ指数です。63000どころでは何回も下ヒゲが出ているので、このへんがサポートである目星がつけられないこともありません。
BVSP

次にフランスCAC40指数です。欧州の株価指数の中ではとりわけひどく崩れたもののひとつですので反発も大きかったです。でも確信を与えてくれるようなチャートつきには見えません。
CAC40
続きを読む

ちゃんとした数字だった4月の雇用統計

先週のギリシャ問題のドタバタで投資家からは完全にスルーされていましたけど、7日発表の4月非農業部門雇用者数は予想19万人に対し実績29万人とポジティブ・サプライズでした。
非農業部門雇用者数


米国の雇用は着実に改善してきています。

一方、4月の失業率は予想9.7%に対して実績9.9%でした。これは長い間、求職すること自体を諦めていた失業者が職探しを始めたためです。だから一見、失業率が悪化し、状況が悪くなっているように見えますが、そうではありません。
続きを読む

ドイツのビジョンの欠如がユーロ問題の根源

欧州連合は総額7500億ユーロ(約9550億ドル)の救済プログラムを発表しました。
その構成はヨーロッパ各国政府から拠出されるローンが4400億ユーロ、欧州連合(EU)緊急基金からの拠出が600億ユーロ、国際通貨基金(IMF)からの出資が2500億ユーロとなっています。
加えて欧州中央銀行(ECB)は欧州の国債を直接買い取る、所謂、「ニュークリア・オプション」を発動すると宣言しました。これはECBの持っている最後の切り札です。
売り安心になっていた市場は盛大な踏み上げ相場になっています。ドイツDAX指数は+4.66%、フランスCAC40指数は+8.61%、ギリシャ・アテネ総合指数は+9.88%、スペインIBEX35指数に至っては+12.32%といった具合です。

ユーロ/ドルは1.27から1.30まで急伸しています。

市場の反応から判断して、「深追いは怪我の元」と恐怖に慄いたヘッジファンドも多かったと思います。慢心した売り方が深く傷を負った以上、これが相場の境目になる可能性が高いです。

さて、救済のスキームですが4400億ユーロの欧州各国が拠出するローンは一旦、SPE(特別目的機関)に集中されます。そしてそれを必要に応じて困っている国に貸し出すという方法です。

このSPEの信用は欧州連合諸国によって債務保証されます。(但し困っている国を除く)

SPEの設立は欧州憲法が定めた「ひとつの国が特定の別の国の債務を引き受けてはいけない」という規定に抵触せず、救済を実行するために考案されました。
続きを読む
MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ