Market Hack

誰も知らない「お宝」新興国 パナマ

急成長している新興国というとすぐに中国を思い浮かべますが、未だ手垢の付いていない国をひとつ紹介します。それはパナマです。

パナマと言えばパナマ運河が有名です。
実はこの運河はスエズ運河を作ったレセップスの構想により作られました。
つまりフランスのイニシャチブで始められたプロジェクトでした。

しかしこの手の大規模開発につきものの予算オーバーでパナマ運河は破綻し、1914年にアメリカがその運営権を取得します。それ以来、1999年までアメリカの運河支配は続き、ようやく2000年にパナマ政府に返還されたのです。

パナマは現在のGDP規模にして大体、260億ドル程度の国ですから、パナマ運河が返還され、運河の通航料、諸々のサービス施設の使用料、さらに運河にまつわる観光収入などがパナマの地元に落ちるようになったことは、地元経済に大きな影響を及ぼしました。

最近のクリスチャン・サイエンス・モニターのブログによるとパナマ運河返還以降、去年までにパナマは運河に絡んだ収入で47億ドルを稼ぎ出しました。アメリカの管轄下にあった1914年から1999年までの間の全ての期間のパナマの地元に落ちた運河に絡む収入が僅か18億ドルであったことを考えると、如何にアメリカがパナマを搾取していたかがわかります。

今日ではパナマ運河からの通行料収入はパナマ経済にとって極めて安定した「年金」になっています。
続きを読む

スマートフォンが携帯電話向け広告市場をどう変えるか? グーグルによる教育ウェブキャスト

グーグルが投資家や広告主に対してスマートフォン向けに広告を出稿することの意味について教育するウェブキャストを実施しました。

先ずスマートフォンの登場が携帯電話によるデータ使用を飛躍的に増やしていることが指摘されました。

この成功の背景には2つの大事な条件が揃う必要がありました。

まず電話会社が消費者にとってわかりやすいデータ利用料金プランを示すことが必要です。

下のグラフの例ではメトロPCS(緑色)が明瞭なデータ料金プランを示したことでユーザーの利用を増やしたことが示されています。
Google_mobile_teach_in

(出典:グーグルIRサイト、以下全て同様)続きを読む

ペトロブラス(ティッカー:PBR)の大型増資はブラジル株式市場にネガティブ

報道機関によって情報が交錯しており、数字に大きな食い違いがあるのですが、どうやらペトロブラス(ティッカー:PBR)が超深海油田開発の投資費用捻出のために総額500億ドル近い大型増資を計画していることをブラジルのエネルギー相が明らかにしたようです。

比較的正確そうなブルームバーグの情報から判断すると、今回調達されるのは約500億ドル程度だと思われます。

そのうち300億ドル相当の株券はブラジル政府がリオデジャネイロ沖に眠っている原油の採掘権を同社へ無償譲渡するのと引き換えにペトロブラスからブラジル政府へと割り当てられるようです。

残りの200億ドルは通常の公募増資の形になるのだと思います。

若し僕のこの当て推量が合っているのであれば、資金調達後のペトロブラスの株主構成(=ただしここでは投票権ベースではなく、あくまでもエコノミック・インタレスト・ベースです)は次のグラフのように変化すると試算できます。
ペトロブラス株主構成
続きを読む

中国株が背負う三重苦

中国株が去年の12月以来、ぐずぐずした展開になっているのには次の三つの理由が関係しています:

1. インフレ懸念
2. 銀行の増資問題
3. 人民元切り上げ問題

これらは一見すると別個の問題のように見えるのですが、実は根っこのところでつながっています。今日はそれを説明したいと思います。
続きを読む

英国総選挙が再びポンド撹乱要因に ユーゴブのアンケートに注目

有権者投票意向調査会社、ユーゴブ(YouGov)が昨日発表した英国の総選挙に関するアンケート調査結果では保守党37%、労働党33%、自民党17%の得票率が予想されています。

英国は小選挙区制で1票の重みが選挙区によって異なるため、議席数予想では保守党277、労働党302という予想になり、いずれの政党も単純過半数325議席に届かない、所謂、「宙吊り議会(hung parliament)」の危険性が高まっていることがわかりました。
続きを読む
MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ