Market Hack

ドバイ 失われた「楽園」



日本では全く話題になっていませんがアメリカやイギリスでは1月末にドバイで起こったある殺人事件が反響を呼んでいます。

殺されたのはハマスの武器商人として活動していたマハムド・アル・マブーという人です。

上のビデオは地政学コンサルタント、ストラトフォア社のものですが、大がかりな諜報部隊を動員して、この殺人が実行されたことを説明しています。

僕はスパイの専門家でも何でもないので難しいことはわかりませんが、このビデオで説明されていない、明白なことがひとつあります。それはドバイが舞台になったということです。続きを読む

ドル、原油、ゴールドの3つの資産はデカップリングしつつあるのか?

去年はドル安を理由に原油やゴールドを買うという投資戦略が流行りました。

しかしここ数日、そういう去年大成功したアプローチが通用しなくなっているのかなぁ?と感じ始めています。

そこで過去3ヵ月のこれらの資産がどういう動きをしたのかグラフにしてみました。

デカップリング
続きを読む

S&Pがトルコのソブリン格付けを引き上げ タークセル(ティッカー:TKC)が妙味



今日、格付け機関、スタンダード&プアーズがトルコの長期ソブリン格付けを引き上げました。

国家債務軽減の努力、トルコ銀行監督当局による銀行セクターの指導が行き届いている点などが評価されました。

トルコの銀行は東ヨーロッパ諸国の中でも自己資本の強さ、レバレッジの低さで抜きん出ています。

またそもそも家計部門の負債が低いこともS&Pがトルコを評価している理由です。

そこでついでにトルコの他の経済指標もチェックしておきましょう。先ずGDPの推移です。参考のため、他の旧ソ連諸国と比較します。
トルコCISGDP


続きを読む

FRB議長の仕事はストリッパーと同じ 市場からなめられたら終わりだ

米国の金融関係者はFRBの仕事をしばしばストリッパーに喩えます。

ストリッパーは結局のところ裸になるだけだから、ステージの上で起こる事というのは退屈なほど「お定まりのコース」です。

でもその決まり切ったルーチンをなんの工夫も無く、惰性でやっていたら、観客はすぐにソッポを向くのです。

元ストリッパー出身の脚本家、ディアブロ・コーディーはNPRのインタビューでストリッパーという仕事について次のように語っていました。続きを読む

今日のFRBの公定歩合引き上げが各市場に与えるインパクトは?

第一印象として今回のFRBの公定歩合引き上げは次のような影響を持つと思われます。

【ポジティブ】
ドル
米国株
欧州株
日本株

【ネガティブ】
ユーロ
中国株

【中立】
ブラジル株
インド株
ロシア株
続きを読む
MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ