Market Hack

岐路に立つTwitter(ツイッター) デベロッパー・カンファレンスは成功するのか?

Twitter(ツイッター)にとって明日(14日)はちょっとしたD-dayです。

というのも同社初のデベロッパー・カンファレンスがサンフランシスコで14日と15日の2日に渡って開催されるからです。下はそのカンファレンス専用ウェブサイトのキャプチャ:
ツイッター


このイベントに先立って、Twitterは広告配信のサービスを開始すると発表しています。

その内容に関しては「MarketHack」の姉妹ブログ・メディア、「Tech Wave.jp」に湯川さんの詳細なレポートが載っているので是非そちらを参照してください。

僕の興味としてはTwitterが今回の広告配信サービス、ならびにデベロッパー・カンファレンスに成功するか?ということです。続きを読む

テンセント(騰訊控股)が露のデジタルスカイの10.26%株式を取得

ウォール・ストリート・ジャーナルによると中国のテンセントがロシアのデジタルスカイ・テクノロジーズ(DST)の10.26%(但し投票権は0.51%のみ)株式を取得すると発表しました。取得額は約3億ドルだそうです。

DSTはロシアに本拠を構えるハイテク系のベンチャー・キャピタルで、mail.ruなどを傘下に持っています。

さらにDSTは急成長しているアメリカのソーシャル・メディア企業、フェイスブックの3.5%株式を持っています。
続きを読む

酔った勢いで同僚の仕事場を破壊

「ディールブレーカー」のベス・レヴィンによると2週間ほど前に入社2年目のクレディスイスのアナリストがへべれけに酔った後、職場に戻り、同僚のキュービクルをメチャクチャに壊したのだそうです。(下はその写真。出典:ディールブレーカー)
クレディスイス

以下はクレディスイスの社内メモ:

宛先:投資銀行部テクノロジー・メディア・テレコム調査部員
件名:先週末に起こったブルペン(投球練習場=アナリスト部屋)での一件について

添付の写真が総務・人事部から私のところへ転送されてきた。
続きを読む

終わってる国日本 起業動向から見た危機感の欠如

日本オワタ、、、

『グローバル・アントレプレナーシップ・モニター 2009グローバル・レポート』を読んだ僕の率直な気持ちです。

ギリシャの直面している問題を見て、(明日は我が身)と感じている投資家も多いかと思います。

ギリシャをはじめとするPIIGS諸国の抱える共通の問題は財政収支や膨れ上がった国家負債の問題ですが、突き詰めて言えば赤字額や負債総額が問題なのではありません。問題は「返済できるアテがあるか?」ということです。

これをわかりやすい例を出して説明します。

アメリカの大学生はビジネス・スクールやロー・スクールに進学するとき授業料が高いので多くの負債を学資ローンというカタチで背負込みます。

社会に出たばかりの若者がいきなり大きな借金を背負込んでのスタートというのは可哀想な気がするけど、人生の前途が洋々としていれば、借金は何とか返してゆけます。

反面、定年退職後のシニア層は新しく巨額の負債を抱え込むには適さない世代です。なぜならもう若くはならないのだし、再就職の機会も限られているからです。

つまり巡航速度での経済成長がどれだけ見込めるか?ということは返済能力や、借り手としての信用と密接にかかわっているのです

ギリシャが皆から馬鹿にされているのは誰もあの国は成長できると思っていないからです。そしてその認識は残念ながら正しいです。

ギリシャが成長できないのは活気溢れる産業活動が無いからです。

ビジネス・チャンスは時代とともに変わり、必要とされる財やサービスは移ろいで行くものである以上、企業も柔軟にそのような変化についてゆかなけえばいけません。もちろん、既存の企業が変化に対応するということも大事ですけど、やっぱり新しいビジネス・チャンスには新しい企業が取り組むというのが自然な姿だと僕は思います。

つまりアントレプレナー(起業家)を巡る環境というのは、その国の活力や将来の潜在成長力というものを考えた場合、極めて重要な問題だということです。

その起業を巡る環境ですが、日本の状態はハッキリ言ってお寒いです。

たとえば下のグラフは「起業のチャンスがあると思うか?」というアンケートです。
起業1
続きを読む

チャート的に面白くなってきたチャイナ・モバイル(CHL)

鳴かず飛ばずの状態が長く続いたチャイナ・モバイル(ティッカー:CHL)株がようやく動意付いています。下のチャートに見られるように長期下降トレンドラインを上にブレイクアウトしています。

CHL_w__annotation

チャイナ・モバイルの株価がモタモタしてきた理由は中国の携帯電話業界の再編成とそれに伴う競争激化によります。2009年の通年の業績は3月に発表されていますが、同社にとってきわめて不本意なものだったのではないでしょうか?
続きを読む
MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ