Market Hack

終わってる国日本 起業動向から見た危機感の欠如

日本オワタ、、、

『グローバル・アントレプレナーシップ・モニター 2009グローバル・レポート』を読んだ僕の率直な気持ちです。

ギリシャの直面している問題を見て、(明日は我が身)と感じている投資家も多いかと思います。

ギリシャをはじめとするPIIGS諸国の抱える共通の問題は財政収支や膨れ上がった国家負債の問題ですが、突き詰めて言えば赤字額や負債総額が問題なのではありません。問題は「返済できるアテがあるか?」ということです。

これをわかりやすい例を出して説明します。

アメリカの大学生はビジネス・スクールやロー・スクールに進学するとき授業料が高いので多くの負債を学資ローンというカタチで背負込みます。

社会に出たばかりの若者がいきなり大きな借金を背負込んでのスタートというのは可哀想な気がするけど、人生の前途が洋々としていれば、借金は何とか返してゆけます。

反面、定年退職後のシニア層は新しく巨額の負債を抱え込むには適さない世代です。なぜならもう若くはならないのだし、再就職の機会も限られているからです。

つまり巡航速度での経済成長がどれだけ見込めるか?ということは返済能力や、借り手としての信用と密接にかかわっているのです

ギリシャが皆から馬鹿にされているのは誰もあの国は成長できると思っていないからです。そしてその認識は残念ながら正しいです。

ギリシャが成長できないのは活気溢れる産業活動が無いからです。

ビジネス・チャンスは時代とともに変わり、必要とされる財やサービスは移ろいで行くものである以上、企業も柔軟にそのような変化についてゆかなけえばいけません。もちろん、既存の企業が変化に対応するということも大事ですけど、やっぱり新しいビジネス・チャンスには新しい企業が取り組むというのが自然な姿だと僕は思います。

つまりアントレプレナー(起業家)を巡る環境というのは、その国の活力や将来の潜在成長力というものを考えた場合、極めて重要な問題だということです。

その起業を巡る環境ですが、日本の状態はハッキリ言ってお寒いです。

たとえば下のグラフは「起業のチャンスがあると思うか?」というアンケートです。
起業1
続きを読む

チャート的に面白くなってきたチャイナ・モバイル(CHL)

鳴かず飛ばずの状態が長く続いたチャイナ・モバイル(ティッカー:CHL)株がようやく動意付いています。下のチャートに見られるように長期下降トレンドラインを上にブレイクアウトしています。

CHL_w__annotation

チャイナ・モバイルの株価がモタモタしてきた理由は中国の携帯電話業界の再編成とそれに伴う競争激化によります。2009年の通年の業績は3月に発表されていますが、同社にとってきわめて不本意なものだったのではないでしょうか?
続きを読む

クラウドコンピューティングに関連する銘柄

野村クラウドコンピューティング&スマートグリッド関連株投信が募集中です。
野村のホームページにある同ファンドの商品案内の動画はクラウドコンピューティングという言葉の意味をきわめてわかりやすく説明しています。

クラウドコンピューティングは株式市場の大きなテーマのひとつだと思います。

この動画や、目論見書の中にも具体的にどういう銘柄が関連してくるのかという説明は少しされています。

しかしクラウドコンピューティングはすそ野が広く沢山の関連銘柄があります。一度にそれらの企業の全部を紹介することはとてもムリなので、今後、折に触れて関連銘柄を取り上げてゆきたいと思っています。

今日は僕がクラウドコンピューティング関連銘柄だと思う2つの企業を紹介します。
続きを読む

ウォール街異聞 ロード・ランナーになったグレッグ

ボーナス・シーズンは投資銀行の社内の空気がピンと張りつめる季節です。

日本の会社と違ってウォール街では基本給よりボーナスの方が多いのが普通です。

基本給は新人も「Producers」と呼ばれる会社の売り上げに多大な貢献をする中核的社員もあまり大差ありません。

しかしボーナスで大きく差がつくのです。ふつう基本給の3倍程度から、場合によっては10倍くらいがボーナスによる支給になります。

入社した年次で横並びとか、そういう事はゼッタイにありません。

ボーナスの支給額は、だから会社が自分をどれだけ評価して呉れているかの何よりの証しであり、その意味で通信簿を渡されるのと同じです。

ボーナス・シーズンになると社員は個別で部長の部屋に呼ばれてその年のボーナスの金額を言い渡されるとともにその年の仕事ぶりに対するコメントや注意を受けます。

トレーディング・ルームで僕の向かいに座っていた友達のグレッグが失踪した、ある年の出来事は忘れません。
続きを読む

IMFとセックス・ピストルズ どん底時代の英国

マルコム・マクラーレンが死にました。マクラーレンはパンクロックバンド、セックス・ピストルズのプロデューサーとして知られています。

セックス・ピストルズは1976年の11月にデビューし、78年の1月に解散した短命なバンドですが、「アナーキー・イン・ザ・UK」、「ゴッド・セイブ・ザ・クイーン」などの有名な曲を残しています。

この当時のイギリスはどんな国だったのでしょう?

1970年代のイギリスは1973年の第一次オイルショックに加え、頻発する炭鉱労働者のストライキで電力が足らなくなり、「Three-Day Week(*)」という異常事態になるほど混乱、疲弊していました。

高失業、高インフレで労働者の勤労意欲は低下し、国民全体が無気力と倦怠の中に沈んでいました。

そして1976年には英国はとうとう国際通貨基金(IMF)から23億ポンドの緊急融資を受ける羽目に陥ったのです。

早い話が今のギリシャみたいな状況だったわけです。
続きを読む
MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ