Market Hack

シスコ(CSCO)第2四半期(1月〆)決算発表

シスコ(CSCO)が第2四半期(1月〆)決算を発表しています。

EPS 予想35¢ 実績40¢
売上高 予想94.1億ドル 実績98.1億ドル
グロスマージン 予想64.8% 実績64.5%
DSO 39日(前期は32日)
在庫回転率 12.1(前期は11.6)

ジョン・チェンバースCEOは「第2四半期中に全ての地域ならびに全ての商品分野で劇的な商談の進捗が見られた」とコメントしています。さらに「ビジネスのモメンタムにも、その方向性にもとても安心している。ガイダンスには自信を持っている」というコメントがありました。

米国国内のビジネスは景気刺激予算の影響もあり事業会社向け、ISP向け、政府機関向けの全てのビジネスがバランス良く成長しています。

新興国のビジネスも中国やインドを中心に戻ってきています。

顧客別ではサービス・プロバイダーのビジネスは前期比で+20%でした。伝統的にサービス・プロバイダーの商談はスウィッチやルーター中心と思われがちですが実際にはそれらの占める割合は比較的低く、サービス収入の占める比重が増えています。サービス・プロバイダー市場におけるマーケット・シェアは増加しているし顧客の満足度は上昇しているというコメントでした。ルーターに関しては、ハイエンドのCRSは前期比+30%でした。またエッジ・ルーターの引き合いも良いです。エッジ・ルーターの顧客数は1200から1600に増えています。続きを読む

心配すべきはバイドゥ(BIDU)の方だ

今日、ゴールドマン・サックス証券のアナリスト、ジェームズ・ミッチェルがバイドゥの目標株価を$500から$550に引き上げた関係でバイドゥ株がこれを書いている3日ザラ場の段階で+5.24%と急騰しています。ジェームズ・ミッチェルはインドのサティヤム・コンピュータが粉飾決算を出す前にガンガン推奨していたアナリストで、まあ、ハッキリ言って余り使い物にならない奴だと思います。

僕は2月9日のバイドゥの決算発表については楽観視していません。

なぜなら前の四半期決算の時も新しい広告エンジン、「フェニックス・ネスト」が上手く作動していなかったし、今回も広告主の多くが「複雑すぎて、使いにくい」とこぼしているという話が伝わってきているからです。

このコア収益源の広告エンジンの移行がスムーズに出来なかった事でバイドゥのCTOは先日突然首になっています。続きを読む

バンコ・サンタンデール(ティッカー:STD)の決算発表はここを聞け!

logoSantander

今日(2月4日)スペインの銀行、バンコ・サンタンデールが決算を発表します。これに先立って格付け機関フィッチはサンタンデールの一連の社債の格付けを引き下げました。

カンファレンス・コールは10:00AM(CET)からです。

僕がとりわけ関心を持っているのはスペイン国内の焦付き融資比率がどうなっているか?という問題です。

下のグラフは前回のカンファレンス・コール資料の中から切り取ったスクリーン・ショットです。
Spain_NPL


スペインでは小さい貯蓄銀行の類が住宅ローンをずいぶん貸し込んでおり、資産内容の劣化が激しいです。だからそれらの銀行における焦付き(グレーの線)がサンタンデールのそれよりずっと悪いです。でも趨勢としてはサンタンデールにおける焦付きも増加傾向にあります。続きを読む

欧州委員会が年次報告書の中でギリシャの安定化プログラムに関して見解を表明

【以下は抄訳です】

欧州委員会はギリシャの安定化プログラムの中身を検分し過度の財政赤字の是正を奨励し構造改革による競争力回復を求めるとともに経済統計の信頼性を向上するようにと要請した。

欧州委員会は2012年までにギリシャ政府が計画している通り、財政赤字をGDPの3%以内に収めるよう要請した。また経済統計に不備があるので欧州裁判所にこの問題を上申する。ギリシャは3月までに報告書を提出する義務がある。また追加的財政立て直し策の策定に着手すべきである。欧州委員会はさらにギリシャ政府が公務員の賃金をカットするよう指示した。また本年度支出の10%を万が一のための引当金として積み立てておくよう指示した。

アメリカに住む日本人として結構、辛いものがあった今回のトヨタのリコール事件

僕は日本人ですから当然、日本車の品質は世界一だと信じて疑わないし、BIGなプライドを持っています。

でも今回のトヨタの対応にはアメリカに住む日本人として結構、辛いものがありました。

先ずニューヨーク・タイムズの一面にデカデカと記事が出ているわけです。
(下の写真はそのスクリーン・ショット)
トヨタ


記事はこんなエピソードから始まっています:

DETROIT — The 911 call came at 6:35 p.m. on Aug. 28 from a car that was speeding out of control on Highway 125 near San Diego.
The caller, a male voice, was panic-stricken: “We’re in a Lexus ... we’re going north on 125 and our accelerator is stuck ... we’re in trouble ... there’s no brakes ... we’re approaching the intersection ... hold on ... hold on and pray ... pray ...”

The call ended with the sound of a crash.

(抄訳)
110番の電話は8月28日の午後6時35分頃、サンディエゴのハイウエー125号を走っているクルマから慌てている男性(非番の警察官がドライバーでした=だから運転が下手という訳じゃなかったと思います)の声で発せられた。「レクサスに乗ってハイウエー125を北上しているのだけど、、、アクセルが戻らないんだ、、、やばい、、、、ブレーキも利かない、、、、もうすぐ交差点が来てしまう、、、ちょっと待って!、、、祈るしかない、、、」

この会話は激突音で終わっている。




続きを読む
MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ