Market Hack

昨夜の海外市場はなぜ急落したのか? 一過性ではない「地中海クラブ」の問題

IBEX35

昨夜欧州、米国の株式市場が急落しました。

スペインのIBEX指数は-5.94%、ポルトガルのBVL総合指数は-4.86%、ギリシャのアテネ総合指数は-3.33%といった具合です。

急落の主因は俗に「地中海クラブ」と称される、これらの南欧諸国の国債のデフォルト・リスクが高まっているのではないか?という懸念が投資家の間に広がっているからです。

昨夜の急落の直接の引き金はバンコ・サンタンデール-9.4%の急落が原因です。昨日サンタンデールは決算を発表しており、以前僕が指摘した通り、スペイン国内の焦付き融資比率がカンファレンス・コールの中で問題になりました。
続きを読む

サンタンデールのスペインの融資ポートフォリオ

STD_Spain_NPL


サンタンデールの決算が発表されました。
現在カンファレンス・コールが進行中です。

注目されたスペイン国内の融資の焦げ付き比率は;

業界全体 5%
サンタンデール 3.41%

でした。

前期までのトレンドのグラフを下に再掲しておきます。
Spain_NPL


今日のプレゼンテーションに戻って、スペイン国内融資に関連するスライドを掲載しておきます。

STD_Generic_provisions

Refinancing_in_Spain

Developers_loan



プリウス禍 アップルの共同創業者スティーブ・ウォズニアックの新品のプリウスが突然加速する話



このビデオは2月1日に収録されたもので、サンフランシスコのトーク・ショーに出演したスティーブ・ウォズニアックが彼の購入した新品のプリウスが特定の条件が揃ったとき、何もしなくてもズーンと加速する欠陥についてユーモアを交えて語っています。

「このクルマの場合、問題はペダルなんかじゃないよ。ソフトウエアが狂ってんだ。」

ウォズニアックはアメリカで最も尊敬されるエンジニアのひとりですから彼が「プリウスのエンべッデッド・ソフトウエアがおかしい」と言うとミョーに説得力があります。

シスコ(CSCO)第2四半期(1月〆)決算発表

シスコ(CSCO)が第2四半期(1月〆)決算を発表しています。

EPS 予想35¢ 実績40¢
売上高 予想94.1億ドル 実績98.1億ドル
グロスマージン 予想64.8% 実績64.5%
DSO 39日(前期は32日)
在庫回転率 12.1(前期は11.6)

ジョン・チェンバースCEOは「第2四半期中に全ての地域ならびに全ての商品分野で劇的な商談の進捗が見られた」とコメントしています。さらに「ビジネスのモメンタムにも、その方向性にもとても安心している。ガイダンスには自信を持っている」というコメントがありました。

米国国内のビジネスは景気刺激予算の影響もあり事業会社向け、ISP向け、政府機関向けの全てのビジネスがバランス良く成長しています。

新興国のビジネスも中国やインドを中心に戻ってきています。

顧客別ではサービス・プロバイダーのビジネスは前期比で+20%でした。伝統的にサービス・プロバイダーの商談はスウィッチやルーター中心と思われがちですが実際にはそれらの占める割合は比較的低く、サービス収入の占める比重が増えています。サービス・プロバイダー市場におけるマーケット・シェアは増加しているし顧客の満足度は上昇しているというコメントでした。ルーターに関しては、ハイエンドのCRSは前期比+30%でした。またエッジ・ルーターの引き合いも良いです。エッジ・ルーターの顧客数は1200から1600に増えています。続きを読む

心配すべきはバイドゥ(BIDU)の方だ

今日、ゴールドマン・サックス証券のアナリスト、ジェームズ・ミッチェルがバイドゥの目標株価を$500から$550に引き上げた関係でバイドゥ株がこれを書いている3日ザラ場の段階で+5.24%と急騰しています。ジェームズ・ミッチェルはインドのサティヤム・コンピュータが粉飾決算を出す前にガンガン推奨していたアナリストで、まあ、ハッキリ言って余り使い物にならない奴だと思います。

僕は2月9日のバイドゥの決算発表については楽観視していません。

なぜなら前の四半期決算の時も新しい広告エンジン、「フェニックス・ネスト」が上手く作動していなかったし、今回も広告主の多くが「複雑すぎて、使いにくい」とこぼしているという話が伝わってきているからです。

このコア収益源の広告エンジンの移行がスムーズに出来なかった事でバイドゥのCTOは先日突然首になっています。続きを読む
MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ