Market Hack

スティーブ・ジョブス「D8」カンファレンス(その2) iPadのOSについて


ウォルト・モスバーグ:マルチタッチのゼスチャーのOSはどうやって開発したのか?
スティーブ:これは秘密なんだけど実は最初タブレット向けにマルチタッチのディスプレイを開発しようとした。キーボードを使わずに入力する方法について考えていたのさ。そしてそのプロトタイプをユーザー・インターフェースを担当しているエンジニアに見せたら彼はそれを基に「スクロール」や「ゴム輪」の動作を編み出したのだ。それを見た時、(これはスマートフォンに使える)と直感したね。そこで急遽タブレットのプロジェクトを後回しにする決断をした。スマートフォンの方が大事なマーケットだからね。そしてすぐiPhoneの開発に取りかかったのだ。iPhoneが一段落したからタブレットの開発に戻ったわけだ。
カーラ・スウィッシャー:iPadはジャーナリズムを救うと考える人が居るけれど?
スティーブ:ジャーナリズムは大事だ。個人的にはアメリカがブロガーだけの支配する世界になって欲しくない。ジャーナリストの鍛えられた目でニュースを斬るということは大事なことだ。エディトリアル(編集された読み物)が今ほど要求されている時代は無い。たいせつに育まれたコンテンツを提供することに対してどうやってお金を払ってもらうかという点、お金を払ってもらえるための新しい表現方法についてしっかり考えないといけない。
ウォルト・モスバーグ:PCは無くなってしまい、タブレットに取って代わられるのか?
スティーブ:PCは小型トラックみたいなもので、一定の役割があり、それが無くなることは永遠に無いだろう。でも全員が使うのではなく、一部の仕事をする人のための道具になる。PCの時代が終焉しそうになると多くの人にとって居心地の悪い状況になるだろう。なぜならそれは変化を意味するからね。変化は居心地の悪いものだ。

スティーブ・ジョブス「D8」カンファレンス(その1)


アップルのスティーブ・ジョブスが昨日、ウォール・ストリート・ジャーナルの「オール・シングズ・デジタル」(略してD8)カンファレンスで基調演説しました。上の動画ではアドビのフラッシュについて語る部分です。

カーラ・スウィッシャー:時価総額でマイクロソフトを超えましたね?
スティーブ:古くから業界に居る人にとっては凄い出来事と思うかもしれないけど、まあ、それ自体には意味は無いと思うね。
ウォルト・モスバーグ:アドビのフラッシュについて?
スティーブ:アップルの経営資源は限られている。アップルが成功した理由は勝ち馬がどれであるかを注意深く選び盛りを過ぎている技術はわが社の製品に採用しなかったことだ。これから育つ若い技術を積極的に採用することが大事だ。或る機能を製品から除外するとユーザーから不満が出る場合もある。製品というのはパッケージなわけだからどれを採用するかという選択の行為が入るのは必然である。若しその選択の際に我々が判断を間違えばアップルの製品が売れなくなるだけだから、そのときは自分の間違いを認めれば良い。それと製品を企画するものとして、この部品を使っても凡庸なモノしか作れないと思えば、それを採用しない勇気を持つことは大事だ。

宣伝(プロパガンダ)戦争に負けるイスラエル

パレスチナ自治区ガザへ向かう支援船をイスラエル軍が阻止した事でイスラエルに対する国際的な非難が高まっています。

パレスチナ問題はイスラエルとアラブ側の長年の相互不信、憎悪、復讐心の上に存在する問題です。従って極めて複雑であり、事実は往々にして第一印象とは異なります。

今回の事件のどちらに非があるのかは知る由もありませんが、これはある歴史を思い起こさせました。

それは1947年にユダヤ人の「違法」移民を乗せたエクソダス号が英国海軍と衝突した事件です。
800px-Exodus

(出典:ウィキペディア)

当時パレスチナは英国の統治下にあり、ユダヤ人の移民は厳格に制限されていました。しかしユダヤ人コミュニティはわざとこの禁を破り、英国統治に反旗を翻すために4000人の乗客を乗せてパレスチナへの渡航を企てます。

エクソダス号がパレスチナに着く40km手前の公海上で英国海軍はエクソダス号への強硬乗船を試み、これを阻止します。

続きを読む

クラウド・コンピューティングでパックス・アメリカーナに逆戻り

ドットコム・バブルの頃、アメリカのハイテク技術がグローバル・スタンダードになりそれがアメリカの世界支配を強めるという議論がありました。

降って湧いたようなアメリカ礼賛にドットコム・バブルのお膝元のカリフォルニアに住む僕としては(ちょっとアメリカを買いかぶり過ぎじゃないの?)と感じました。

その後、ドットコム・バブルが弾けてからは「やっぱりアメリカなんて、駄目だ」というブームの反動のアメリカ衰退論が俄かに闊歩し始めています。

いまも主流としてはそういう「アメリカはオワタ」式の議論が世間の常識なのだと思いますけど、世間は常に次のメガトレンドに遅行するものです。

それでは次のメガトレンドは何か?ということですがそれは僕なりに言えばクラウド・コンピューティングとスマートフォンに代表されるモバイル・コンピューティングとビデオのトリプル・プレイということです。

なかでもクラウド・コンピューティングは国際的な競争力という点で深遠な含蓄を持っていると感じています。

それではクラウド・コンピューティングとは何か?ということですけど、簡単に言えば手許のパソコンではなく、インターネットの向こう側に演算の結果やデータを保管し、常にネットでつながっている状態でそのサービスを利用するということを指します。

クラウド・コンピューティングが最近、ブームになった背景には先ずオーセンティケーション(本人の認証)とセキュリティの技術が十分に発達したので、遠隔的にネットの向こうで演算したりデータを保管してもそれが悪用されたり、流失する心配が比較的少なくなったことが挙げられます。

ブームになった2番目の理由は仮想化(バーチャライゼーション)によるコスト削減が現実のものとなりつつあるという点です。バーチャライゼーションとはサーバの「遊休している」資源をあたかも複数台のコンピュータを使用しているかの如く論理的に分割して、別のOSやアプリケーションを走らせる技術(=サーバの仮想化)などのことを指します。
続きを読む

欧州中央銀行がフランスをえこひいきしている?

FTアルファヴィルによると最近発表された欧州中央銀行(ECB)によるギリシャ国債などの直接買い入れは「フランスをえこひいきしていることになる」という意見が出ているそうです。

この「えこひいき疑惑」の可能性を指摘しているのはドイツのシュピーゲル誌です。

それによるとフランスの銀行や保険会社は800億ユーロ相当のギリシャ国債を保有しており、ECBがそれを買い取るということは実質的にフランスの金融機関の資産内容の改善にECBが一役買うことを意味するというものです。
続きを読む
MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ