Market Hack

ギリシャ問題と日本国債 JGBは「石器時代の家」か?

ギリシャ危機をまのあたりにして「そら見たことか。外国人に借金を作るから、こういう悲惨なことになる。その点、日本は外国人投資家に依存していないから、大丈夫」という意見を言う人が多いです。

それは確かにそういう面もあります。

でも逆の見方も出来るのです。

ギリシャ国債は沢山の海外の金融機関に持たれていただけに「簡単にデフォルトさせるわけにはいかない」という事で欧州連合(EU)や国際通貨基金(IMF)も一生懸命対策を考えています。

どんなに過酷な条件を付けられようが、救済してくれるだけマシということです。

日本国債の場合、その大半は日本国内で消化されています。これは「外国人に頼っていない」という見方も出来ますが、有り体に言えば「外国人はアホくさくて、誰も日本国債なんか買わない」ということなのです。

つまり国内勢の「一手買い」だということ。

およそ投資の世界では株だろうが不動産だろうが絵画だろうが、一握りの買い手だけにしかアピールしない投資対象ほど脆いものはありません。それがどんなに人気になっていても、「手替わり」、つまり投資主体が変わらざるを得ないことが起こるといっぺんに化けの皮が剥げるからです。

例えば僕が駆け出しの証券マンだった頃、日本株はバブルの絶頂でした。僕は当時、キャピタル・ガーディアンとか、アライアンスとか錚々たるアメリカの機関投資家を担当させられていました。

ところが全然、手数料が上がらず、常に国際営業部の中でビリの成績でした。

なぜか?

それはもちろん、僕の営業が下手だったということも関係していますが、そもそも当時アメリカの機関投資家は「日本株のPERが80倍なんてクレージーだ!」と主張して、一切、日本株には手を出さなかったからです。

そういう意味では日本株バブルは「日本人の、日本人投資家による、日本人投資家のための」バブルだったのです。

それ自体は別に批判すべきことではないかも知れないけど、ひとたび買いの本尊が何かの理由で買い支えられなくなったら、すぐに他の国の投資家がステップインして、買い支えて呉れないということを肝に命ずるべきです。

シリコンバレーに「フリントストーンの家」というあだ名がついた住宅があります。これはアメリカのマンガ、「原始家族フリントストーン」に出てくる石器時代の家みたいな外観なのでそういうあだ名がついたのです。
Fredflintstone

(出典:ウィキペディア)続きを読む

CDS市場 The Treasury Borrowing Advisory Committe - Porco

ゲストブロガー:Porco

rennyPorco Rosso Financial Weblog」というサイトを運営。
内外大手証券、株式部門ヘッドを歴任。ヘッジファンド運営、NY駐在が長かった。現在は東京拠点にアドバイザーやコンサルタント。

■おすすめエントリー
元記事 公開日時:2010年5月6日 10:39

ギリシャを筆頭にユーロでソブリン債(国債等政府機関系債券)問題が燃え盛る中、5月4日に米国で 財務省借入諮問委員会(The Treasury Borrowing Advisory Committe)が開催され、米国政府債務の今後の見通しを始め、CDSの存在意義等について議論がなされています。 この委員会にはGS,JPM、ソロス、ムーア、ドイチェ、PIMCO、RBS、チューダー、バンカメ、ブラックロック、アライアンス・バーンスタイン等々が参加しています。この委員会で使用されたプレゼン資料がネットで見れます。続きを読む

GW,お天気抜群、世界は大荒れ - 沢利之

ゲストブロガー:沢利之

sawa金融そして時々山」というサイトを運営。 "@sawanoshijin"
山登りを中心とするアウトドアライフを愛する元銀行役員。先入観にとらわれずに、金融・経済の地下水脈を探って行きたいと考えています。


■おすすめエントリー
元記事 公開日時:2010年5月6日 10:42

今年のGWは晴天続きだった。太平洋側から大きな高気圧が日本列島に張り出していたためだ。このような晴天続きは20数年ぶりのことらしい。私も長年GWには山に行っているがこれだけ晴天が続いた記憶はない。ところがGWの季節、欧州ではソブリン債務の問題から市場は荒れに荒れた。

ギリシアでは暴動騒ぎの中、火災でマルフィン銀行の職員3名が死亡するという事件が起きた。続きを読む

上海市場急落は不吉

今日、上海市場が4%以上も急落しました。

その原因は『上海証券報』に「不動産物件の投げ売りが始まった」という報道があったからです。その記事によると一部不動産開発業者は売れ残っている在庫の一部を一気に15%引きというディスカウントで特売キャンペーンに出ているとか。

小さな業者は兎も角、これまで大手業者は良く言えば「秩序ある」価格戦略で投資元本を回収しようとする場合が殆どで、こういう極端な価格戦略を敷くところはありませんでした。その意味ではパンドラの箱が開いたという風に考える事もできます。
続きを読む

バクダン抱えたままゴールラインに飛び込む英総選挙

ただでさえギリシャ問題で欧州は揺れていますが、いよいよ今夜投票をむかえる英国の総選挙も展開次第では悲惨な状態になる可能性があります。

先ず現在の有権者投票意向調査(調査会社6社合計)の集計ですが:

【支持率】
保守党(トーリー党) 35%
労働党 28%
自由民主党 27%
その他 10%

となっています。次にベットフェアの獲得議席予想では:

【獲得議席予想】
保守党(トーリー党) 319
労働党 217
自由民主党 85
その他 29

が予想されています。

今夜の総選挙で保守党が単純過半数である326議席以上を獲得した場合は保守党が単独で国政を掌握できます。

保守党の獲得議席数がこれに満たなかった場合、先ず保守党が考える事は「その他」のカテゴリーに入っている小さい政党を引き入れ連立政権を樹立することです。
続きを読む
MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ