Market Hack

エルドラド(黄金郷)伝説に学ぶ、VALUで増資を許すことの愚かさ

VALUの利用者の中から早くも「VALUって、増資させてくれるの?」という声が上がっています。

僕の考えでは増資は許可すべきではないし、究極的に損するのは上場者本人だと思います。

これを説明するにはエルドラド(黄金郷)伝説の例がわかりやすいでしょう。

今から500年前、インカ帝国(現在のペルー)には通貨がありませんでした。

しかし金や銀はインカ帝国で産出していました。

インカの人々は、金を「太陽の汗」だと思い、銀を「月の涙」だと思ったのです。しかし、それらが「通貨である」とは、誰も認識していませんでした。

インカ帝国の人たちにとり、通貨とは、肉体労働を意味しました。つまり全ての価値は、「何時間の肉体労働に相当するか?」という尺度で測られていたのです。

さて、1532年にスペイン人、フランシスコ・ピザロが北ペルーへやってきました。つまりコンキスタドール(征服者)です。

Atawallpa_Pizarro_tinkuy
(出典:ウィキペディア)

彼らはエルドラド(黄金郷)伝説が本当かどうか探検しにきたのです。そして現地人を次々に殺戮したあと、ついに今日のボリビアの「富める丘」で銀を発見しました。

それ以来、アンデス山脈の奥深くにあるこの銀山から250年間に20億オンスの銀が採掘されました。

銀や金は、価値貯蔵手段(Store of value)、勘定単位(Unit of accounts)、持ち運びできる権力(Portable power)という通貨が具備すべき全ての条件を備えていました。つまりそれ自体に瑕疵は無かったのです。

これほど沢山の純正な銀が産出されたにもかかわらず、なぜスペインは裕福にならず、国際的に見た場合、どんどん地位低下を招いたのでしょうか?

それはコインがどんどん鋳造されたことにより、コインの供給過剰をもたらし、銀貨の価値が暴落したからです。

もちろん、スペインが銀を確保するため競争、戦争を繰り返し、その費用が国庫を圧迫したことも無視できません。

純正なコインがどんどん出回り始めると、不思議な事に食料品、衣料品などの品々が、値上がりし始めました。

だからスペイン人が銀貨を持てば持つほど、それらの品々を手に入れることが困難になったのです。

ここで皆さんに理解して欲しいことは、食料品、衣料品の高騰は、それらのモノ(goods)の価値が上がったのではないということです。

そうではなくて、銀貨の価値、もっといえば購買力が暴落したので、同じモノを買うのに、いままでよりもっとたくさんのコインが必要になったということです。

スペイン人たちは、インフレという現象に直面したのです。

コンキスタドールたちはマネーが「信用(trust)」であることを見抜けませんでした。

だから銀貨がどんなに純正でも、むやみに供給が増えることで人々がそれを信用しなくなれば価値は下がってしまうことを理解できなかったのです。

トライオートETF

これとおなじことはVALUにも言えます。

いまVALUを出して億万長者になったと舞い上がっている御仁たちは「はやく増資させてくれ!」と欲のツッパったことをほざいています。

金融リテラシーがゼロだな、おまえらは(笑)

自分のVALUが無限に出せるようになれば、VAの買い手は(ちょっとまて、こんなにじゃぶじゃぶ新しいベースボール・カードが刷られれば、レア・カードとしての価値など、まるっきり無いな)ということに早晩気がつくのです。

切手の蒐集でも何でもそうですけど、なにかの事情で手に入りにくいからこそ希少価値が生まれるわけで、「増資がOK!」と宣言されたら、アホらしくて皆、VALUへの投資など止めると思います。

冷静になれよ! www



【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramValuもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。



VALU長者の出現を、ニガニガしく思っているキミへ アテンションはタダではない

最近VALUというサービスが登場し話題になっています。

VALUは株に似ているけれど、株ではありません。むしろベースボール・カードのようなコレクターズ・アイテム(蒐集の対象)だと思ってください。

VALUは、ツイッターなどのSNSで、ある程度のフォロワーがあれば、誰でも上場できます。

つまり門戸はあなたにも開かれているのです。

但し審査は、あります。あまりにもフォロワー数が少なければ、当然、落とされます。

VALUに対する批判的コメントを読んでいると「上位に来ているメンバーの顔ぶれを見ると、投資する気になれない」というものが多いです。

(なんだい、こんな連中!)

皆さんが、そう感じるなら、この際、ご自分のVALUを上場してみてはいかが?

そう書いても、VALUに対し批判的な人は、たぶん行動を起こさないでしょうね。

(あれは目立つブロガーなどが得をするシステムで、俺様のような真面目な人間向きではない)

つまり行動を起こさない、あるいは起こせないことにたいする自己正当化です。

我々の一日の時間は、限られています。

その限られた時間の中で、スマホでどのようなコンテンツを楽しむか? ということを巡って、皆さんは知らず知らずのうちに、選択をしています。

嫌いだ嫌いだと言いながら、ついついMarket Hackを見てしまう皆さんも(笑)自分の貴重な時間を僕に召し上げられているのと同然なのです。

一方、企業は、広告というものを通じて、皆さんとスマホの間に割り込もうとしています。その際、読者に届くのであれば、それがどのサイトを経由しているかには基本、頓着しません。(もちろん、ヘイトなどの不適切なサイトは論外ですが。)

つまり企業はブロガー放つ弾丸の「貫通力」に依存しているというわけです。

広告の目的は:

A: Attention(その存在に気付き)
I: Interest(興味が湧き)
D: Desire(それを欲するようになり)
A: Action (ポチる)

というサイクルを通じて、消費者にモノを買わせることにあります。

そのために広告主はテレビでコマーシャルを流し、あるいは通勤電車に中吊り広告を出し、繁華街のディスプレイに広告を流し、スマホ広告を出すのです。

もちろん、これらの広告はタダではありません。

広告支出は、アテンション獲得のための必要経費なのです。つまり「アテンションはタダではない」のです。

ブロガーの多くはアフィリエート収入を得ているので、「アテンションはタダではない」という事実に気がついています。

PV(ページビュー)やフォロワー数は、それ自体が影響力を持つことを意味し、それはお金に変える(マネタイズ)ことが出来ます。

VALUは、アテンション自体に金銭的価値があることを如実に示す一例に他ならないのです。

アテンションの金銭的価値が可視化された以上、(これは自分もVALUを始めなければ!)と感じる人が今後、続々増えると思います。

【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramValuもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。


ブルー・エプロンがIPO 産地直送新鮮食材がレシピーとともにキットとして自宅に届けられる あとは手引き通りに調理するだけ

ブルー・エプロン(ティッカーシンボル:APRN)が6月28日(水)引け後に値決めされ、木曜日から取引開始される予定です。

ブルー・エプロンのコンセプトは、次のようなものです。

まず同社専属のシェフがヘルシーな献立を考えます。

つぎにシェフはオルガニック農家を訪れ、作付けの計画を立てます。

収穫に合せてタイムリーなレシピーをブルー・エプロンが企画し、採れた野菜を、市場やスーパーマーケットのような中間業者を一切経由せず、直接消費者に届けます。

その際、ブルー・エプロンから届く調理キットには、調味料などの必要な一切の食材が予め詰め込まれています。

ブルー・エプロンの手引書は写真入りで、誰にでもわかりやすい解説となっており、失敗するリスクが低いです。

こうすることにより、高品質でオルガニックな食材を、ムダなく、誰もが失敗せず調理することで、自宅で美味しくて見栄えのする料理を楽しむことが出来るのです。



同社は2012年に創業され、これまでに1.6億のキットを消費者に届けた実績を持っています。

同社は、不慣れな消費者でも「自分で料理ができちゃった!」という喜びを届けることを目指しており、ブルー・エプロンでしか入手できないようなユニークで旬な素材も積極的に採りいれています。



米国のグローサリー市場は年間7,800億ドル市場であり、そのうちネット通販は僅かに1.2%でしかありません。

ある意味、アマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)がホールフーズ(ティッカーシンボル:WFM)を買収してやろうとしていることを、もう既にブルー・エプロンは実現しているという風にも言えます。

マネックス証券

同社の顧客は25~34歳のミレニアル世代が36%を占めており、最大の顧客層を形成しています。ブルー・エプロンは全国にくまなく展開しており、顧客の分布はアメリカの人口分布とほぼ同じとなっています。

同社はベッセマー・ベンチャー・パートナーズ、フィデリティー、ファースト・ラウンド・キャピタル、SGグロース・パートナーズなどのVCが投資しています。

2016年の売上高は7.95億ドル、利益は5万5千ドルの赤字でした。

なお今回発行株数は3,000万株、ディール後発行済み株式数は1.87億株、初値設定は16ドル前後、ティッカーシンボルはAPRNになる予定です。


【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramValuもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。



VALUの始め方 傾向と対策

にしきよさんの「売れないVALUはココが悪い、やってはダメな共通点」という記事に触発されてこれを書きます。



その記事で指摘されているポイントは、すべて正しいと思います。

それに加えて、一歩さがっていま起こっている事全体を見回し、大局観を持つことが大事なのではないかな? と僕は考えています。

僕はシリコンバレーの企業がIPO(新規株式公開)する際、売り出し価格をどうする? 上場後の初値をどう設定する? などに関する仕事を昔、やっていました。

だから「初モノ」のプライシング・ストラテジーに関しては、経験があります。

しかし……

VALUは株ではありません

だからテックIPOで通用する方程式が、そもそも株じゃないVALUで通用するという保証はありません。

さらに……

テックIPOの引受け慣行は「因習」とさえ言えるような、さまざまな明示的、ないしは暗黙のルールが確立しています。

それに比べるとVALUは未だひと月足らずのサービスなので、わからないことだらけです。

いまの段階で「正しいアプローチ」を論じるのは無意味かも知れません。

ただ、そういう今だからこそ、それについて考えてみることが大事だと思うのです。

皆さんはツイッターを初めて使った時(なにこれ? どうやって使うの?)と当惑しませんでした?

ツイッターの例のように、皆が、手探りで、新しいサービスを使いこなそうとしている局面は、ある意味、男と女の出会いの瞬間みたいなものです(笑)

つまり、惹かれ合い、気まずく、いとおしい瞬間だと思うのです。

いまのVALUには、ちょうどツイッター登場時とおなじようなワクワク感や戸惑いが満ちています。こういう瞬間は、人生で、そう何度も経験できることではないので、試行錯誤することは結構だし、そのプロセスを大いに堪能すべきだと思います。


VALUが登場したとき、まず堀江貴文のVAが時価総額(=正しくはネットワーク・バリュー、なぜならVALUは株ではないので時価総額という株式用語を使うのは適切ではないからです。少なくともアメリカではそれが定説)で第1位になり、それを「煽りのハヤト」があからさまな煽りで追い越しました。

しかし……

未だサービス開始ひと月であるにもかかわらず、今の時点で「誰が時価総額1位か?」を競い合うのは、ナンセンスだと思うんですね。

VALUは、堀江貴文やイケダハヤトより、もっとずっと大きい社会現象だと僕は思うんです。その大事なイノベーションを、ハヤトごときに振り回され、台無しにされたら、目も当てられません!

もしVALUが「流れ星」のような一瞬だけ輝いて、地平線の彼方に落ちてゆくサービスなら、イケダハヤトがやっているような「焼き畑農業」みたいなマネタイゼーションは、正しいアプローチだと言えます。サービスが終了する前に、最大限にムシるということです。

SBIソーシャルレンディング

しかしそうでなくてVALUが今後5年も10年も定着するサービスになるのであれば、これからユーザー数が増えてゆくと思うのです。ユーザー数が増えるとそのサービス全体の価値も増えます

いまの若い人たちはご存知ないと思うけど、昔、シリコンバレーにスリーコム(3Com)という会社がありました。スリーコムを創業したのはロバート・メトカーフという人で、彼は「ネットワークの価値はユーザー数の二乗で増える」と言いました。これが「メトカーフの法則」と呼ばれるものです。

すると、今後VALUの利用者が増えるのなら、VALUというネットワーク全体の価値が高まり、その中で蓄積される購買力が増大するでしょう。そのようにして、自分のVAがフェアバリュー(正当な評価)を獲得できる下地が整った後で、鷹揚に売出しをしても、遅くは無いはずです。

さて、VALUをはじめるにあたり申請を出すと、ツイッターでのフォロワー数などのソーシャルでの存在感を基準として、あなたの保有VA額が賦与されます。

この部分は過去のフォロワー数の積み上げが評価されるので、すぐに増やそうと思ってもムリです。だから提示された保有VA数は受け入れるしかありません。

ただ、そこからは自分で裁量の余地があります。もし高い株価からスタートしたいなら、初値を高く設定することができます。その代り保有VA数(=株式で言うところの発行済み株式数に相当)は少なくなります。

ここで重要なのは、少なくとも現在のVALUのしくみでは1)後から増資できない、2)株式分割できない、ようになっていると見受けられるという点です。(これは僕が間違っているかもしれないし、後からルールが変更されるかもしれません)

すると自分のVAを上場する際「原価0」で賦与される保有VA数は、これ限りであり、一度それを売り出してしまうと、二度とシニョリッジ(発行特権)は享受できないことを意味します。

そうであれば、最初からガンガンVAを売り出すのではなく、VAの値段がある程度上昇し、売り手に有利な値段になったところでより多くのVAを売った方が得ということになります。

そこで問題なのはVAの価格です。

VAはビットコインで建値が表示されています。1BTCといった調子です。

いまビットコイン価格は31万円しているので、もし自分が売り出すVAの建値が1BTCなら、1VAを買うのに31万円も払わないといけません。

フェイスブック株は今155ドルしていて、値嵩株に分類されると思うけど、それでも1万3千円程度で購入できるわけです。

その事を考えると、たかがお遊びに過ぎないVALUのゲームに「ポン!」と1VAに31万円も払うような御仁は、そう多くは無い気がするのです。

僕の庶民的な金銭感覚から言えば、VALUの美人投票で遊ぶ際、ワンコインか、スタバのラテの値段くらいなら(まあ遊んでみるか?)という気になります。しかし1回で10万円を超えるような博打は、狂気の沙汰ですね(笑)

それからVALUは一株当たり利益(EPS)に相当するものが無いので、ファンダメンタルズの裏打ちはありません。しかしチャートは存在すると思います。

実際、株の世界でもファンダメンタルズを無視し、チャートだけで投資する、いわゆるモメンタム投資という手法が存在します。フェイスブック、エヌヴィディア、アルファベット、アマゾン、ネットフリックス……これらの株は、すべてモメンタム筋が好んでトレードする銘柄です。

これと同じように、モメンタム筋がVALUで跋扈することが起きても不思議は無いと思います。

まとめ
1. 最初から沢山のVAを売り出すのは不利
2. みんなが買いやすい売り出し価格を設定すること
3. VALUにもチャート分析は存在しうる
4. たぶん株で言うところのモメンタム投資の手法が好まれる



【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramValuもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。

ウーバーを創業したトラビス・カラニックCEOが辞めた 株主からの突き上げで

1

ウーバーを創業したトラビス・カラニックCEOが、株主からの激しい突き上げの末、今日、辞めました。

同社は、監督当局との衝突、ライバル企業からノウハウを盗む、セクハラなど、利益のためなら何でもやる強引な社風で知られています。

しかし、世間からボコボコに糾弾されることに耐えかねて、最高執行責任者(COO)、最高管理責任者(CBO)、最高財務責任者(CFO)、最高マーケティング責任者(CMO)、技術本部長(SVP of Marketing)が辞職、空席となっています。

(ウーバーは、いつまで存続するかわからないから、いまあの会社に行くのはやばい)

そういう風評が立っているので、幹部のリクルートが出来なくなっています。

カラニックCEOに対し50項目にも及ぶ改善要求を突き付けた株主は、ベンチマーク、ベンロー・ベンチャーズ、ロウワーケース・キャピタル、ファーストラウンド・キャピタル、フィデリティーの各社です。

このニュースは(株式さえ公開しなければ、何やっても投資家から文句を言われないだろう)というこれまでの常識をくつがえす事件です。

いわゆるユニコーンといわれる存在が、チヤホヤされる最大の理由(うるさい株主からの逃避)が無くなったことを意味します。

その意味で、株式の公開を出来るだけ先へ延ばすといういま流行の戦略が、今後、急速に不人気になることも予想されます

ウーバーは「シリコンバレーの堕落」を象徴する企業ですが、これからはサバイバル、すなわち企業の存続を賭けた戦いへと移って行きます。

ウーバーがIPOすることはたぶんムリだと思います。上から下まで腐っている会社なので、追加の資金調達も困難を極めると思うしダウンラウンドにならざるを得ないでしょう。それよりなにより、莫大な赤字を速やかに「止血」しないと、数年後には潰れるリスクもあると思います。

トライオートETF

【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramValuもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。





MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ