Market Hack

バンク・オブ・アメリカ 第4四半期決算 EPSはOK、売上高は×

バンク・オブ・アメリカ(ティッカーシンボル:BAC)の第4四半期決算発表はEPSが予想45¢に対し47¢、売上高が予想216.1億ドルに対し206.9億ドル、売上高成長率は前年同期比+3.5%でした。

なお上のEPSの数字は去年の年末に成立した税制改革法案による一時損29億ドル(EPSにして27¢)を除外してあります。

純金利収入は前年同期+11%の115億ドルでした。これは金利の上昇と融資ならびに預金の増加に因ります。

損金計上は12億ドルでした。この中には或る顧客への商業貸付けに絡む2.92億ドルの貸倒を含んでいます。純チャージオフ・レシオは0.53%でした。これは去年同期の0.39%から上昇しました。

貸倒引当金は10億ドルでした。これは前年同期の7.74億ドルから増えています。

融資残高は+9%、預金残高は+8%でした。

投資銀行部門のセールス&トレーディング収入は前年比-9%の25億ドルでした。債券部は-13%の17.1億ドル、株式部は±0%でした。

エフィシェンシー・レシオは50%でした。これは前年同期の53%から改善しました。

純金利イールドは2.39%でした。これは前年同期比+16bpでした。

bac


【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。


【緊急開催】マネックス証券主催「米国株Q&Aセミナー」開催のおしらせ

Q&Aセミナー

相場が風雲急を告げています。

新年早々、長期金利の上昇、ドル安、原油高など、状況が急変する中、皆様におかれましては投資戦略の練り直しをお考えの方も多いかと思います。

そこでマネックス証券では、皆様からのご質問に1時間たっぷりお答えする「Q&Aセミナー」を開催します。米国株、世界経済、為替、コモディティーなど、あらゆるご質問にお答えします。

このセミナーは無料です。マネックス証券に口座をお持ちのお客様なら、どなたでも参加できます。事前申し込みは必要ありません。

開催日:2018年1月18日(木)
時間:夜9時から10時 いつもと違う時間です。ご注意ください。
参加資格:マネックス証券に口座をお持ちのお客様限定です
口座開設:こちらのリンクからお願いいたします

当日の参加方法:こちらのリンクからどうぞ

シティグループ 第4四半期決算発表 EPS、売上高ともにOK

シティグループ(ティッカーシンボル:C)の第4四半期決算はEPSが予想$1.19に対し$1.28、売上高が予想172.3億ドルに対し172.6億ドル、売上高成長率は前年同期比+1.4%でした。

税制改革法案成立に伴うノン・キャッシュ一時損は220億ドルでした。これは繰り延べ税資産の再評価が原因です。

修正株主資本利益率は6.5%、修正有形自己資本利益率は8.9%でした。
期末融資残高は前年同期比+7%の6670億ドルでした。
エフィシェンシー・レシオは58%でした。予想は59%でした。

シティグループは2018年の税率を25%と予想しています。(JPモルガンとウエルズファーゴの予想は19%)

他行に比べシティグループの税率が高い理由は海外事業の占める割合が大きいからです。
第4四半期のクレジット・コストは前年同期比+16%の21億ドルでした。純損金計上は1.84億ドルでした。

市場証券サービス部門売上高は前年同期比-17%の34億ドルでした。債券部門は-18%の24億ドル、株式部門は-23%の5.3億ドルでした。ひとつの金法顧客から1.3億ドルのデリバティブ損が発生しました。

ブックバリューは$70.85でした。タンジブル・ブックバリューは$60.4でした。これらは前年同期比でそれぞれ-5%と-6%でしたが、その理由は主に税制改革に伴う変更が原因です。

c


【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。

Market Hack OUTLOOK 2018年1月13日(土)

Market Hack OUTLOOK

【まとめ】
株式バリュエーションにとって最も重要な要素である長期金利はこのところ急上昇しています。現在の米国10年債利回りは2.55%です。今後も10年債利回りが上昇し続けるかどうか、気を付けて見守る必要があるでしょう。長年に渡る金利低下の後、金利の方向が反転し、上昇に向かう場合、そのペースはゆっくりしていることが多いです。従って、年初からの急ピッチな長期金利の上昇にも、陰りが出てくるのではないかと思います。ちなみに2018年末の10年債利回りは2.6%を予想しています。

株式にとり、その次に重要な企業業績は、すこぶる好調です。2018年のS&P500の一株当たり利益(EPS)は148.25ドルを予想しています。現在の2018年のコンセンサスは150.12となっています。

1

先週金曜日のJPモルガン・チェースの決算発表を皮切りに、いま決算発表シーズンを迎えているわけですが、例年、1月から2月にかけての決算発表の期間に、その年の通年のEPS予想の数字に下方修正が入ることが知られています。ことしも、足下の決算を見て通年の数字を修正するアナリストが出るかもしれません。したがって決算発表がひととおり終わった時点での2018年コンセンサスEPSは、現在の150.12より少し下がると予想します

2018年末のS&P500の株価収益率は17.9倍を予想しています。その時点でのS&P500指数は2,654を予想します。2018年の米国のGDP成長率は2.65%を予想しています。PCEコア・インフレは2.0%を予想しています。ドル/円は2018年末の時点で110円を予想しています。

原油価格はこれまで65ドルを予想していましたが、70ドルに引き上げます。ゴールドは1350ドルを予想しています。ビットコイン価格は41683ドルを予想しています。

【目先の注目点】
原油価格の上げピッチが急です。いずれ騰勢は衰えると考えていますが、騰勢が収まらない場合、株式全体にとってはマイナスだと考えています。石油株へのシフトを加速させる必要があると思います。ビットコインは1)ETFの申請が次々に取り下げられたこと、2)韓国でビットコイン取引所の閉鎖の噂があること、などにより動きがとまっています。しかしライトニング・ネットワークスの稼働が目前に迫っており、それが稼働し始めると仮想通貨に対しポジティブな意見を持つ市場参加者が増えると予想されるので、買い場です


【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。

「つみたてNISAは金融機関にとって儲からない」→ ははは!そういう商品こそ、個人にとって有利なんだよ!

東洋経済に『つみたてNISAが盛り上がらない根本理由』という記事が掲載されました。これは良い記事なので是非読んでください。

その中で金融庁に集まった証券会社、運用会社の担当者から次々に「採算度外視で……」という言葉が出て、(実際には、こんな商品、わが社にとっては儲からない)というホンネがポロリと出たことが紹介されていました。

証券会社や運用会社にとってうま味の無いビジネス、それは消費者にとって良い商品です!

なぜなら、コストが安いから。

ついでに金融機関にひとこと苦言を呈しておけば、新規口座には「ライフタイム・バリュー」というものがあります。つまり今期、今年はこんな小さな顧客から利益を上げることはできないけれど、この顧客とのリレーションシップを長期ではぐくめば、いずれ他の商品を案内することもできるということです。

そういう長期計画に基づいた経営をしていないので、いつまで経っても目先のビジネスを追っかけまわし、それらの顧客の資金を転がし、使い潰したら次へゆくというような、焼き畑農業みたいなことから脱却できないのです。

そうした焼き畑農業に依存しなければいけない理由は、そもそもそれらの金融機関が高コスト体質だからです。

つまり首切りしてコスト・カットすればいいということ。

金融サービスは金融機関のためにあるのではなく、顧客のためにあるのです!


【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。






MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ