Market Hack

なぜ上手く投資できるようになるのにそれなりの時間と労力がかかるのか?

今日、ワイフと雑談していて、ちょっとひらめくものがあったので、書きます。

ワイフ:きのうご近所さんの家に行ったのだけど、お部屋がとっても可愛く飾られているの。それで自分にはインテリア・デザインの才能が無いということがわかったわ。

僕:それはどうかな。もう少しインテリア雑誌を読んで自分の気に入ったスタイルを切り抜いてスクラップブックに貼るなどして、まず目を肥やしてから、自分が表現できるかどうか、やってみるといいんじゃない?

ワイフ:そうね、ピンタレストとかもあるしね。

僕:大体、すごいセンスのあるインテリアだって、殆どは誰かのアイデアの模倣なんじゃないの? でも模倣は別に悪い事じゃない。ファッションにだって、文章作法にだって、音楽にすら、独特の話法や決まりがある。まずそれらのランゲージを習得しないと、ツボを押さえた表現はできない。フリー・スタイルというと無限大に自分が表現できると勘違いする人が居るけれど、殆どの場合、美しさのルールというものがある気がする。まずそのルールを無意識のうちに体得して、その後で、崩したければ、それを自己流に崩せばよいのでは?


と、そこまで話して(ふむ。これは株式投資と同じだな)と思いました。

株式投資を始めたばかりのときは、ビギナーズ・ラックという神様がついているので、大抵、成功します。するとビギナーは(ひょっとして、俺は相場の天才?)と鼻が高くなります。周りの投資家や、著名投資家までもが馬鹿に見えるわけです。そういうフェイズは、僕自身も経験しました。

でも遅かれ早かれ、ビギナーズ・ラックからは見放されます。本当の努力が始まるのは、それからです。それからというものは、本当に苦労ばかりで、なかなか自分の思うように運びません。

あれを試してもダメ、これを試してもダメ……そういう思考錯誤を繰り返し、どんどん自分に合わない投資手法を切り捨ててゆくと、最後に残ったものだけが、「自分のスタイル」になるのです。

一例として川久保玲の服は直線的でユニセックス的です。そこには彼女一流の「意味付け」があり、それまでのファッションのコンテクストと違う何かを、彼女はファッションの世界に持ち込んできたのです。このように自分のスタイルを打ち出そうと思えば、まず先人たちがこれまで営々とやってきたことに対する造詣というか「たしなみ」が必要です。

既存のルールを理解し、それらに一通り習熟した後で、初めて自分の話法というものを問題にすることが出来るのであって、我流ではいけないのです。

【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitter、ならびにInstagramもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。


ホームデポ 第1四半期決算発表 EPS、売上高ともにOK

ホームデポ(ティッカーシンボル:HD)の第1四半期(4月期)決算はEPSが予想$1.61に対し$1.67、売上高が予想237.4億ドルに対し238.9億ドル、売上高成長率は前年比+5.5%でした。

既存店売上比較は+5.5%、米国は+6.0%でした。

2018年度のEPSは予想$7.20に対し、新ガイダンス$7.15が提示されました。売上高は予想991.8億ドルに対し、新ガイダンス990億ドルが提示されています。また2018年度の既存店売上比較ガイダンスは+4.6%です。

HD

【関連する記事】
米国の住宅関連の投資機会に強気


【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。

「一帯一路」で恩恵をこうむるパキスタンをMSCIがフロンティア・マーケットからエマージング・マーケットに格上げ

機関投資家が使う株価指数のプロバイダー、MSCIは半年に一度株価指数の見直しを行いますが昨日の発表でパキスタンがフロンティア・マーケットからエマージング・マーケットへ格上げされました。

パキスタンという国の投資機会については過去の記事で詳述したので、下の記事を読んでください:

「中国・パキスタン経済協力の持つ地政学的な意味ならびに投資機会」

パキスタンに投資する最も簡単な方法はグローバルXが出しているパキスタンETF(ティッカーシンボル:PAK)になります。

PAK

2015年4月に登場したこのETFの現在の総資産は4,600万ドルです。年間費用比率は0.91%です。株価収益率(PER)は12.1倍、株価純資産倍率(PBR)は1.83倍、株主資本利益率(ROE)は15.6%です。

主な組み入れ銘柄は:

ハビブ銀行 10.4%
ラッキー・セメント 10.1%
MCB銀行 8.3%
ユナイテッド銀行 7.4%
オイル&ガス・デベロプメント 6.3%
エングロ 5.1%
パキスタン・ステート・オイル 4.1%


などです。

トランプが極秘情報を先週うっかりロシア高官に漏らしていたことがタレコミでバレた

ワシントンポストの伝えるところによると先週、トランプ大統領がホワイトハウスでロシア高官たちと会合した際、ISISに関する極秘情報をうっかり漏らしてしまったそうです。

トランプはアッと驚くような情報をロシア高官に披露することで相手を感心せさようとしたのでしょうが、本来、同盟国との間のインテリジェンス交換システムはたいへん取扱いに注意する必要があるものであり、それを同盟国ですらないロシアにしゃあしゃあと漏らしたのは大統領のチョンボというわけです。

もちろん大統領はどのような情報も極秘扱いを解除する権限を持っています。したがって今回の漏えいが法的な問題を起こすことは無いでしょう。しかしトランプ大統領の足をひっぱろうとする奴が、インテリジェンス・コミュニティーの中にウヨウヨ居るということが今回の報道で確認されたわけです。

ちなみにトランプ大統領は先日コミーFBI長官を解任しています。今回のタレコミは、それに対するインテリジェンス・コミュニティーの報復だと捉える見方もあります。

スポティファイがIPOでモルガン・スタンレー、ゴールドマン・サックス、アレン&カンパニーを起用

1

メディアの報じるところによるとミュージック・ストリーミングのスポティファイが新規株式公開(IPO)でモルガン・スタンレー、ゴールドマン・サックス、アレン&カンパニーの3社を起用することになったそうです。

上場は今年後半から来年前半を目指しています。

スポティファイは以前、ダイレクト・リスティングを検討していると報じられました。しかし上記の3社を起用するということは、結局、ダイレクト・リスティングのアイデアをあきらめ、伝統的な新規株式公開手法を選択することになりそうです。

ダイレクト・リスティングとは、引受証券会社を介さず、直接、自社の株式をニューヨーク証券取引所などに上場する方法を指します。

このやり方の制約として、新規の資金調達は出来ません。その代り経営陣やVCが持っている既存の株式を売るわけです。

これに対して普通のIPOでは引受証券会社が売り出す株式を売り切ることを約束します。そのようなディールを「フリー・アンダーリトン・ディール(fully underwritten deal)」と言います。

言い換えれば、投資銀行はその株式を売り切ることが出来なかった場合、在庫を抱えるリスクを負うのです。

その代り投資銀行はアンダーライティング・フィーを貰います。いろいろな経費を込みのコミッション率(=それをグロス・スプレッドと言います)は7%にも及びます。

金融サービスの世界においては様々な手数料のコストに対し下落プレッシャーが働いていますが、IPOの際のグロス・スプレッドは、頑なに7%という慣習が守られている数少ない分野です。それは投資銀行にとって美味しい案件であり、なぜIPOが強力にプッシュされるかの背景事情がわかると思います。

IPOに際しては幹事証券がロードショウを行います。これはサーカスの興行よろしく世界の金融センターでIPOの紹介の会社説明会を開催することを指します。

ダイレクト・リスティングでは、そのような経費のかかるロードショウは催されません。

そもそもロードショウはその企業に対する認知度を向上させるために行われるため、スポティファイのような誰でも知っている企業の場合、その必要は余り無いという風にも言えるかもしれません。

ダイレクト・リスティングでは幹事証券が誰に何株IPOを割り当てるか? という判断をしません。つまり安定株主工作が無いわけです。このことは上場後の株価の安定にとって不利だという議論もありますが、そのような配慮が、実際、どれだけ上場後の株価の安定に寄与したか? ということについては証明するのが難しいと思います。

最後にダイレクト・リスティングでは、いわゆる「値決め価格」が無いので、上場初日の急騰もありません。売り方と買い方の折り合ったところで、淡々と取引が始まるわけです。

MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ