Market Hack

米国郊外に出現する乞食

書きにくいことですが、最近、米国の郊外に乞食が増えています。

サンフランシスコ市内は、昔からホームレスや物乞いが多いことで知られていました。

1849年のゴールドラッシュの際、全米の食い詰めた連中が一攫千金を狙って押し寄せたので、それ以来、「悪徳の街」になったのです。社会の暗部が公衆の面前に晒されることに、市民は極めて無頓着です。

しかし、最近は、サンフランシスコ市内のホームレスに加えて、郊外でも、乞食や物乞いが沢山見られるようになってきています。

僕が住んでいるのはサンフランシスコからゴールデンゲート橋を渡り、北に行ったマリン郡です。このへんの売り家の平均価格は9千万円、税引き前平均家計所得は1400万円なので、本来であれば、貧困とは何のカンケーも無いはずの街です。

ところが、いつ頃からか交差点に物乞いの姿が見られるようになり、最初はチラホラだったのが、最近は常に、何人も、居るようになりました。

ガソリンスタンドで給油していると「コーヒーを買いたいんだが、2ドルめぐんでくれないかね?」と声をかけられます。

地元のスタバでもホームレスを頻繁にみかけるようになりました。

今年の冬は例年になく降雨量が多く、まいにち雨なのですが、ずぶ濡れになったリュックサックや寝袋を、カートで押しながら、あてもなく移動する姿は、見ていられないものがあります。

ホームレスの増加は、マリン郡だけではありません。

シリコンバレーのどん詰まりのサンノゼあたりも、高速道路の下や、ちょっと人目に付かない運河のほとりにホームレスのコロニーがあります。

ブルッキングス研究所のエリザベス・ニーボーンによると郊外に乞食が増殖しているのはサンフランシスコ・ベイエリアだけではなく、全米で見られる現象だそうです。

全米の人口の13.5%に相当する4310万人が貧困層に分類されます。

過去においては、アメリカの乞食は1)大都市、もしくは2)農村などの過疎地に見られるものでした。

ところが最近は郊外(Suburbs)での増殖が著しいのです。

metro_20170215_kneebone_testimonychart

しかもエリザベス・ニーボーンによると乞食の増殖はフロリダ州ケープコーラル、テキサス州オースチン、ジョージア州アトランタ、ネバダ州ラスベガスなど、いわゆるサンベルトと呼ばれる暖かい地方で著しいです。

大都市の乞食が黒人中心なのに対し、郊外の乞食は白人が多いです。

郊外に乞食が増えている理由として、郊外の人口が増えたことで郊外がプチ大都会化したこと、リーマンショックで住宅市場が乱高下し、天井を掴んだ消費者がローンが払えなくなり、差し押さえられ、ホームレス化したこと、低賃金の仕事が郊外で増えたこと、などが挙げられています。

大都会の場合、シェルターを作るなどしてホームレスの面倒を見ることは効率が良いです。しかし郊外の乞食は点々と散らばっており、行政機関が一挙に面倒を見ることが出来にくいです。

インヴァスト証券主催ETFセミナー「3月15日のFOMCにおける利上げの可能性について」開催のお知らせ

pic01

インヴァスト証券主催ETFセミナー「3月15日のFOMCにおける利上げの可能性について」は以下の要領で開催されます。

開催日:2017年2月20日(月)
時間:夜8時から9時半
参加費用:無料
参加資格:どなたでも参加できます。これを機会にインヴァスト証券に口座を開設して頂くと嬉しいです。
口座開設:こちらのリンクからお願いいたします

当日の参加方法:こちらのリンクからどうぞ

【講師コメント】
消費者物価指数や小売売上高など、最近発表された数字はどれも強いですね。イエレン議長の発言もタカ派色を増しました。今回のセミナーでは3月15日に開催される連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げの可能性ならびに今年の政策金利の利上げ回数などについて考えてみたいと思います。

本セミナーはインヴァスト証券のトライオートETFの主催です。

ETFに関するいろいろな情報が頻繁に更新されているETF GateWayもよろしくお願いします。

税制改革法案への着手は後回し? 爆速どころかノロノロ運転の共和党

ニューヨーク・タイムズが2月17日の第一面に「大胆な議案をぶち上げた割には、殆ど進捗が無い共和党」と題した記事を掲載しました。

それによると共和党はオバマ大統領のアフォーダブル・ケア・アクトを直ぐに止めると言いながら、それに代わるプランを策定出来ずに手をこまねいています。

大型のインフラ投資計画については、法案が動き出していないのは勿論、それに議員や大統領が言及することさえ少なくなりました。

トランプ大統領が数週間前に約束した、簡単なエネルギー関連法案すら全く動いていない現状です。

振り返ってバラク・オバマ大統領の第一期目では、2月半ばまでに1兆ドルの景気刺激策が可決していますし、賃金格差是正措置の発表、子供の医療保険プログラムの拡充、オバマケア法案の骨子の策定、金融改革法案への着手などを済ませました。

今回、共和党の仕事が遅れている一因はトランプ大統領の任命した閣僚の承認プロセスに時間がかかっている点が挙げられます。

また政策のアイデアはいずれも漠然としており、細部まできちんと詰めずに政策だけぶち上げた関係で、矛盾に満ちている点も指摘されています。

ポール・ライアン下院委員長のスポークスマンは「まず予算、次に法規制の見直し、そしてアフォーダブル・ケア・アクトの修正、そして最後に税制改革法案への着手…そういう順番になる」とコメントしています。

もしこれが本当なら、ずいぶん待たされる展開になりそうです。

クラフト・ハインツがユニリーバに買収提案も拒否される 話し合いは進行中

今日、ウォールストリート・ジャーナルその他が伝えたところによると、米国の食品メーカー、クラフト・ハインツ(ティッカーシンボル:KHC)が英国の食品・日用品メーカー、ユニリーバ(ティッカーシンボル:UL)に対し買収提案し、拒否されたそうです。両社は話し合いを続けているそうです。

現時点でわかっていることは、これだけです。

ここからは僕の第一印象です。

まずこの合併が成就すれば、両方の会社のエンタープライズ・バリューの合計は2700億ドルとなります。エンタープライズ・バリューとは、株式時価総額に負債額を足したものを指します。

1

これはプロクター&ギャンブル(ティッカーシンボル:PG)のエンタープライズ・バリューである2500億ドルを超えることになります。

クラフト・ハインツの場合、食品が中心で、利益の殆どは米国から上がっています。

ユニリーバは「AXE」、「Dove」、「LUX」などのブランドに代表されるパーソナル・ケア商品が売上高の37%、「Knorr」、「Hellmann’s」、「LIPTON」などに代表される食品が25%、「Ben & Jerry’s」に代表されるアイスクリーム、リフレッシュメント商品が19%、ホームケア製品が19%という商品構成です。

つまり両社の商品ポートフォリオの重複は、それほど大きくないということです。

言うまでも無く、クラフト・ハインツはウォーレン・バフェットの投資先企業のうちのひとつであり、バフェットはその切り盛りを、投資パートナーであるブラジルの3Gキャピタルに任せています。バフェットと3Gの持ち株を合わせると、過半数を超えます。



今夜「北野誠のFXやったるで!」にゲスト出演します!

e31261fe

今夜「北野誠のFXやったるで!」にゲスト出演します。10時半からです。

聞き方ですが:

ラジオNIKKEI 「北野誠のFXやったるで!」

もしくは

USTREAM 「北野誠のFXやったるで!」

からどうぞ。
MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ