Market Hack

【重要】NY州金融サービス局がZキャッシュのトレーディングを許可

ニューヨーク州金融サービス局(The New York State Department of Financial Services)がジェミナイ(Gemini)に対しズィー・キャッシュ(Zcash)のトレーディングを許可しました。

ジェミナイはNY州のいわゆるビットライセンス(BitLicense)を交付された金融機関です。ビットライセンスは「敷居が高い」免許であり、そこで匿名通貨であるZcashを扱って良いという判断が下されたことは画期的だと思います。

これを許可するにあたりNY州金融サービス局は以下のようなコメントを出しています:

Zcashは1) 透明なトランザクションと、2) 匿名のトランザクション、という二種類のトランザクションをサポートしている。このうち1) はビットコインの取引と似ている。そこでは残高ならびに送金額はブロックチェーン上で公にされる。2) は、いわゆる「zアドレス」と呼ばれるものが使用され匿名性がキープされている。

(中略)

今回の決断はNY州金融サービス局がイノベーションを支援する決意があること、ならびにグローバルな市場でリーダーシップを執る決意があることを表明している。賢く、徹底的な規制上の監視を行うことで仮想通貨業界が長期での繁栄が保証されるだろう。


今回のNY州金融サービス局の判断は、先の日本の金融庁(FSA)が匿名通貨の取扱いを止めるよう仮想通貨取引所に強く圧力をかけたことと対照的です。

米国の非営利政策提言団体、コインセンターは金融庁のニュースが出た際、「匿名通貨でも金融機関がアンチ・マネーロンダリング規制を順守しつつサービスを提供することは可能だ。その証拠にドル紙幣は匿名だ」と指摘していました。



過去記事をチェックするには: MARKET HACK HISTORY VIEW

【お知らせ】
VALUで仮想通貨に関する記事を随時UPしています。

valu_og_white

Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。


【仮想通貨】コインベースが証券会社キーストン・キャピタル・コープを買収 ICOならぬIPOでのトークン発行を視野に

米国の仮想通貨ウォレット企業コインベースがサンディエゴの証券会社、キーストン・キャピタル・コープを買収しました。

このディールの重要性は、キーストン・キャピタル・コープはアメリカの証券業協会に相当するFINRA(フィンラ:証券会社の行動を監視規制する非営利民間団体)のメンバーである点です。キーストン・キャピタル・コープは、いわゆるブローカー・ディーラーとして登録されており(CRD No.10722)、1934年証券取引所法(Exchange Act)により米国証券取引委員会(SEC)の管轄下に置かれています。

すると今回のコインベースによるキーストン・キャピタル・コープの買収に際してはSECも「ノー・アクション・レター」などのカタチで暗黙のOKを出すことが必要になると思われます。僕の考えではSECは今回のディールを歓迎すると思います。

そう考える理由は、かねてからSECは「殆どのICOは有価証券の売出しである」という意見を表明してきました。それが有価証券である限り、それはSECの管轄となります。するとSECに登録せず有価証券を売り出すことは法令違反になるのです。

だからSECは「ICOやるのは結構だけれど、それをやるならSECにちゃんと登録してください」という立場をとってきました。SECにちゃんと登録する売出し行為では発行体(イシュアー)の所在地、業績などの開示をする必要があります。またそれを販売するのは一部の例外を除き登録ブローカー・ディーラーということになります。

したがって今回コインベースがブローカー・ディーラーを買収したということは、「ICOではなくIPOによりトークンを発行する」ことへの下準備と言えるわけです。



過去記事をチェックするには: MARKET HACK HISTORY VIEW

【お知らせ】
VALUで仮想通貨に関する記事を随時UPしています。

valu_og_white

Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。

スポティファイがインディー・アーチストと直接契約を開始

『ビルボード』によるとミュージック・ストリーミングのスポティファイ(ティッカーシンボル:SPOT)がレコード・レーベルに帰属していない独立アーチストに対し直接契約を結び始めたそうです。

典型的なディールとしてはまずスポティファイが若いアーチストに数千万円の前渡し金を与え、それと引き換えにスポティファイだけでストリーミングする曲を数曲セットで提供するというものです。契約によってはストリーミング売上高の50%がアーチストに入るようになっています。これは現在スポティファイがレコード・レーベルと契約している条件(=アーチストが54%を取る)より少し悪いですが、それでもインディー・アーチストとしては十分に魅力的な条件です。

スポティファイはアーチストから著作権を買うことはしません。スポティファイとのディールは特定の曲だけにあてはめられるため、アーチストはスポティファイと上記の契約を結んだ後も他のディールを追求することが出来ます。つまり「専属契約」ではないということ。

このディールはあからさまな「中抜き」であり、レコード・レーベルが弾き出される格好になります。

これはスポティファイから見ればコンテンツ・コストの削減につながります。

spot

Market Hack OUTLOOK 2018年6月7日(木)

Market Hack OUTLOOK

【まとめ】
米国株式市場は横這いで推移しています。目先は2月の急落後の戻り高値、2801.9を試しに行く展開です。

SPX

株式バリュエーションにとり重要な要素である長期金利は安定的に推移しています。現在の米国10年債利回りは2.986%です。


企業業績は、すこぶる好調です。2018年のS&P500のコンセンサス一株当たり利益(EPS)は160.68ドルに上がってきました。

1

いま2018年第1四半期の決算は前年比+25.4%でした。

2

向こう12ヵ月のS&P500のEPSに基づいた株価収益率は16.2倍です。これは過去5年間の株価収益率の平均と同じです。つまり米国株は割高ではありません。

目先はナスダックの大型株を中心に株価がアップサイトにオーバーシュートすると予想します。

しかし上のS&P500四半期EPS成長率のチャートにあるように、2018年第1四半期が「成長の⊿(デルタ)」のピークになることがほぼ確実です。

過去の経験則では「成長の⊿」がピークを付けた後、少なくとも半年間は株価が一進一退となることが通例でした。そのことから考えて、今年の夏から秋にかけて相場が軟調に転じるリスクもあると思います。

2018年末のS&P500の株価収益率は17.0倍を予想しています。その時点でのS&P500指数は2,730(不変)を予想します。

2018年の米国のGDP成長率は2.65%(不変)を予想しています。

PCEコア・インフレは2.0%(不変)を予想しています。

ドル/円は2018年末の時点で110円(不変)を予想しています。

原油価格は80ドルを予想しています。

ゴールドは1350ドル(不変)を予想しています。

ビットコイン価格は28000ドル(不変)を予想しています。



過去記事をチェックするには: MARKET HACK HISTORY VIEW

【お知らせ】
VALUで仮想通貨に関する記事を随時UPしています。

valu_og_white

Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。

Market Hack Focus List 2018年6月7日

FOCUS LIST

Market Hack Focus List

フォーカス・リストを入れ替えます。まずコンチネンタル・リソーセズ(ティッカーシンボル:CLR)を外します。

新たにズィー・スケーラー(ティッカーシンボル:ZS)を加えます。

ZS




過去記事をチェックするには: MARKET HACK HISTORY VIEW

【お知らせ】
VALUで仮想通貨に関する記事を随時UPしています。

valu_og_white

Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。

MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ