Market Hack

アメリカで就職に困らないブランド公立大学極秘リスト

たとえばハーバード大学やイェール大学などのアイビーリーグの有名校を卒業すれば、就職には困りません。

でもこれは「言うは易く行うは難し」、なかなかの無理ゲーです(笑)

そもそもハーバードの合格率は応募者の5%、イェールは6%です。

「体感速度」で言えばこれらのアイビーリーグの有名校に入るのは東大に入るより10倍くらい難しい。

あと私立だから授業料がバカ高いです。平均するとアイビーリーグは1年間に5万1千ドルくらいかかります。だから四年で2286万円かかるわけです。

(奨学金が出るんじゃないの?)

これを読んでいる読者のみなさんがそう感じるのなら、それは甘いです。

実際にアメリカで受験生を持つ親御さんは、奨学金が如何に獲得しにくいか痛感しているはず。

だから(奨学金をもらうことを前提として……)というのは受験ストラテジーとしては全く失格です。

もちろん、確率的にあなたの子息がアイビーリーグ有名校に合格し、しかも奨学金まで貰えるケースも無いとは言えません。しかしアメリカの大学攻略に際しては、もうすこし丁寧な準備が必要だと思います。

僕はしばしば(子供をアメリカの良い大学に進学させたい。そのために親子でアメリカに住みたい)という相談を受けます。

「どの州でもいいんですか?」ということを確かめた上で、先方に自由裁量があるならノースカロライナ州、ミシガン州、ウィスコンシン州を薦めます。

これはどうしてか? と言えばこれらの州には:

ノースカロライナ大学チャペルヒル校
ミシガン大学アンアーバー校
ウィスコンシン大学マディソン校


というブランド大学があるからです。これらはいずれも「パブリック・アイビー」、すなわち公立大学だけど、アイビーリーグと同じようなプレステージを持つ大学です。

これらの大学はいずれも喩えて言えば日本の京大みたいなトップ・ブランドなので就職の時、不利になることは絶対にありません。

ノースカロライナ大学チャペルヒル校の場合、州内在住の学生なら授業料は僅か年間8986ドルです。

このように州内在住は授業料が安いだけでなく、受験の際も他州や外国からの応募者よりも少し入りやすいと思います。

さらにノースカロライナ大学チャペルヒル校の合格率は約30%です。

すると「すべりどめ」戦略として大いに利用できるわけです。

これに対して例えばカリフォルニア州の場合、「パブリック・アイビー」に相当する学校はUCバークレーとかUCLAになります。

しかし問題点としてはカリフォルニア州は巨大州であり、州内在住の学生だけの競争と言っても、それは大変熾烈になるということです。

UCバークレーとUCLAは暗黙の「併願排除」協定みたいなのがあり、片方に合格した受験生は、どんなに優秀でも、もうひとつからは落とされます。

またUCLAの場合、毎年10万人もの受験者が居ます。つまりUCバークレーやUCLAは博打すぎて「すべりどめ」にならないのです。

一方、日本人が多く住んでいるニューヨーク州には「パブリック・アイビー」に相当するようなちゃんとした公立大学はありません。

このように住む州を選ぶという選択ひとつで、受験生に圧し掛かってくるプレッシャーには大きな差が出ます。

最近、アメリカの受験戦争はグローバルになっています。中国などの新興国からも「アメリカの大学に進学させたい」という親がアメリカに来ています。それらの親御さんは、今日ここに書いたようなストラテジーにだんだん気がつき始めています。

一般に「パブリック・アイビー」と呼ばれる公立大学のリスト
UCバークレー カリフォルニア州
UCLA カリフォルニア州
バージニア大学 バージニア州
ミシガン大学アンアーバー校 ミシガン州
ノースカロライナ大学チャペルヒル校 ノースカロライナ州
カレッジ・オブ・ウイリアム&メイ バージニア州
ジョージア工科大学 ジョージア州
UCサンタバーバラ カリフォルニア州
UCアーバイン カリフォルニア州
UCデービス カリフォルニア州
UCサンディエゴ カリフォルニア州
イリノイ大学 イリノイ州
ウィスコンシン大学マディソン校 ウィスコンシン州
フロリダ大学 フロリダ州
ペンシルバニア州立大学 ペンシルバニア州
オハイオ州立大学コロンバス オハイオ州



【お知らせ】
広瀬隆雄のnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまで。







サンフランシスコ連銀総裁に公然とレズビアンを自称するメアリー・デイリー調査部長が抜擢された

現在のサンフランシスコ連銀総裁はジョン・ウィリアムズです。彼は次期ニューヨーク連銀総裁になることが決まっています。そこでサンフランシスコ連銀総裁のポジションが空席になるのですが、長年、SF連銀で「下積み」をしてきた調査畑のメアリー・デイリー調査部長が次期SF連銀総裁に抜擢されることが決まりました。サンフランシスコFEDは、このニュースに沸いています。

558c2614eab8ead61f246431-750-561

なぜ彼女の昇進が地域連銀の士気高揚につながっているか? といえば、今回のように「下積み」を長年やってきたスタッフが総裁に抜擢されることは、実は稀だからです。

しかも彼女の場合、いわゆるアイビーリーグなどのブランドネーム大学の卒業ではありません。

彼女はミズーリ州の田舎で育ち、16歳のとき両親が離婚し、母子家庭で困窮し、高校を中退せざるを得なくなりました。その後、独学で大学受験資格を取り、ミズーリ大学カンザスシティ校からシラキュース大学大学院へと進み博士号を取得、その後でサンフランシスコ連銀のスタッフ・リサーチャーとして1996年にベイエリアにやってきました。

実は日本の生保、信託のファンドマネージャーの多くはメアリー・デイリーと懇意です。なぜなら彼女はドットコム・ブームの当時、日本からSF連銀に調査訪問に来るファンドマネージャーの窓口となっていたからです。薄暗いSF連銀の調査部フロアの彼女の小さなキュービクルでNAIRUなどに関する議論を戦わせた日本人ファンドマネージャーも多い筈。

メアリー・デイリーの専門はアメリカ西海岸の労働問題です。彼女自身が「下層」の出身ということもあり、経済格差の問題は彼女をとても熱くさせるトピックでもあります。よく日本人の訪問者が帰った後で、アポイントメントのアレンジをした僕のところに彼女が電話してきて「今日の訪問者は本当に失礼だった」とか「今日のファンドマネージャーは勉強が足らない!」と愚痴をこぼしていささか閉口したものです。それでも時間の許す限り、根気強く日本人の訪問に応えてくれて、僕としては本当に頭があがりません。

それからもうひとつ彼女がユニークな点は「オープンリー・ゲイ」、すなわち、自分がレズビアンであることを公然と職場や学会でオープンにしている点です。サンフランシスコはとても寛容な街なのでゲイやレズビアンは驚くに値しませんが、連邦政府機関、それも地域連銀となると話は別です。だからその彼女がNY連銀と並んで最も重要なSF連銀の総裁に就任するということで胸のすく思いをしているマイノリティーの人たちは多いはず

サンフランシスコ連銀はかつてジャネット・イエレン議長を輩出した連銀でもあります。したがってその重要性から考えて、ゆくゆくメアリー・デイリーも将来のFRB議長候補に入ってくる可能性も無いとはいえません。

なお彼女は連邦公開市場委員会の投票権を持つメンバーになります。



【お知らせ】
広瀬隆雄のnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまで。

メアリー・ミーカーがクライナー・パーキンスと決別

メアリー・ミーカークライナー・パーキンスから独立します。

彼女は元々ドットコム・バブルの頃、モルガン・スタンレーでドットコム株のアナリストをしていました。その当時から彼女のチームが作成するレポート「インターネット・トレンズ」は投資関係者の必読レポートでした。

その後、彼女はアメリカで最も知名度の高いベンチャー・キャピタルのひとつ、クライナー・パーキンスに移籍し、そこでレート・ステージの企業への投資を行ってきました。今回は彼女とともにレート・ステージの投資チームが独立するというわけです。ついでに顧客もミーカーについてゆくためクライナー・パーキンスを去ると伝えられています。

しかしクライナー・パーキンスはもともとアーリー・ステージのスタートアップへの投資で名前を成したVCであり、メアリー・ミーカーの離反でそのコア・フランチャイズが揺るぐとは考えにくいです。

ある意味、クライナーはオリジナルのルーツに戻ると言う風にも言えると思います。そもそもクライナーの名声はジェネンテック、ネットスケープ、グーグル、アマゾンなどの企業に投資したことから確立されたものであり、メアリー・ミーカーのチームがクライナーのブランドネームにどれだけ貢献したかは疑問です。


アドビ・システムズ 第3四半期(8月期)決算発表 EPS、売上高、ガイダンスすべてOK

アドビ・システムズ(ティッカーシンボル:ADBE)の第3四半期(8月期)決算はEPSが予想$1.69に対し$1.73、売上高が予想22.5億ドルに対し22.9億ドル、売上高成長率は前年同期比+24.4%でした。

デジタル・メディア・アニュアライズド・リカーリング・レベニュー(ARR)は前期比+3.39億ドルの64億ドルでした。

営業利益は+32%、純利益はノンGAAPベースで+57%でした。営業キャッシュフローは9.55億ドル、ディファード・レベニューは前年同期比+23%の27.1億ドルでした。

第4四半期のEPSは予想$1.86に対し$1.87が、売上高は予想24.1億ドルに対し24.2億ドルが、ARRは+3.85億ドルが提示されました。


ADBE

トルコ中銀、ガッツで政策金利を24%へ トルコリラ防戦へ

今日、トルコ中銀が政策金利を24%に引き上げました。これはコンセンサス(22%)よりも大きな引上げです。

現在、トルコのインフレ率は18%ですので政策金利を24%に引き上げれば6%の「差」が生じます。

2

これは現在の放埓な金利政策が始まる前のトルコの政策金利の設定(破線部分)に戻ったことを意味します。

市場はこれを歓迎すると思います。


MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ