Market Hack

欧州株に投資するには?

いよいよ今月の23日にフランス大統領選挙第一回投票が行われます。選挙のみどころに関しては別のところに詳しく書いたので、そちらを参考にしてください。

【関連する記事】フランス大統領選挙と欧州株式市場

そこで今日は具体的にどのような投資対象があるのか? について書きます。

まずフランスに投資するETFとしてはアイシェアーズMSCIフランスETF(ティッカーシンボル:EWQ)があります。

1

ポートフォリオの株価収益率(PER)は16.9倍、株価純資産倍率は1.57倍、配当利回りは2.6%、費用比率は0.48%です。

EWQ

フランスの大統領選挙はフランスだけの問題ではなく、EU全体の問題でもあります。

そこでユーロ圏に投資するETFとしてはウィズダムツリー欧州米ドルヘッジ付ファンド(ティッカーシンボル:HEDJ)があります。主な組み入れ国は下のパイチャートの通り。

2

銘柄の内訳は、こうなっています。

3

HEDJ

フランスのお隣のドイツは、とりわけ経済がしっかりしています。ドイツに投資するETFとしてはアイシェアーズMSCIドイツETF(ティッカーシンボル:EWG)があります。

4

同ETFの株価収益率(PER)は16.6倍、株価純資産倍率は1.87倍、配当利回りは2.17%、費用比率は0.49%です。

EWG


【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterもよろしく。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。

ドル安で新興国の人気が復活 いま最も忘れられているマーケットとは?

マレーシアのETF(ティッカーシンボル:EWM)に注目しています。

いま世界の新興国で一番高い成長を示しているのはインド=バングラデシュ地域で7%成長しています。次は中国で6.5%です。三番目がASEANで、5.5%前後で成長しています。

マレーシアはASEANのバンキング・センターのひとつです。

マレーシアは2014年以降、下に列挙するような災いが同時に襲い掛かりました。

1) コモディティ価格の下落
2) 中国経済鈍化の影響を受けた
3) 資本逃避
4) 国内政治スキャンダル

しかし、ここに来てマレーシア経済はようやく安定化の兆しを見せています。

同国のGDP成長率は4.5%、政策金利は3.0%、インフレ率は4.5%、失業率は3.5%、財政赤字は-3.2%、政府負債GDP比率は53%、経常収支は+1.3%です。

細かい話をすれば、中国からのバイヤーを当て込んだ、大規模コンドミニアム建設工事などは中国の資本規制の影響を受けて苦境に立たされています。このため近年じりじりと悪化してきた支払い遅延ローンは今後も増え続けるリスクがあります。

また政府系ファンドを巻き込んだスキャンダルも未だ収束しない可能性があります。

それらを断った上で、経済は上向きになっており、株価は歴史的に安い水準にあります。

アイシェアーズMSCIマレーシアETF(ティッカーシンボル:EWM)の費用比率は0.48%、PERは16.5倍、PBRは1.7倍、配当利回りは5.5%です。

EWM

【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterもよろしく。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。

HELL WEEKとは?

最近、ワシントンDCでは「HELL WEEK」という言葉がよく用いられます。

HELL WEEKとは4月24日(月)から4月28日(金)を指します。

この週が「地獄」な理由は、もし共和党が動き方を間違えると、アメリカ合衆国連邦政府がシャットダウンの憂き目に遭うリスクがあるからです。

4月になると議会はイースター休暇に入り、議員さんたちが戻ってくるのは4月24日です。その日から28日までに予算を成立させないと、自動的に連邦政府はシャットダウンしなければいけなくなります。

現時点では期限内に予算が成立するのは絶望的だと見られています。

その理由は共和党財政保守派、フリーダム・コーカスの連中がオバマケアからプランド・ペアレントフッドに対する予算を削除するように要求しているからです。しかし連邦政府予算は上院で60%の賛成票を集める必要があります。プランド・ペアレントフッドに対する予算をカットしたら、民主党からの賛成票は期待できなくなります。

フリーダム・コーカスは「連邦政府予算は、小さければ小さいほど良い」という価値観を持っています。しかしトランプ大統領は軍事予算の積み増しをすでに宣言しています。

これらのことから、トランプ大統領は身内であるフリーダム・コーカスの連中を切り捨て、民主党と手を組むことも考えられます。

具体的にはオバマケアの中のプランド・ペアレントフッドへの予算はそのまま残し、メキシコ国境の壁への予算を削除し、軍事費の増額を必要最低限に抑えるということです。

これらの措置により、何とか4月28日(=トランプの「最初の100日」の最終日)にマスコミの笑い物になるのを回避しようというわけです。


【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterもよろしく。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。

アメリカにおける経済ナショナリズムの台頭について

アメリカがトランプ大統領の下、経済ナショナリズムに舵を切っています。

トランプ大統領の経済ナショナリズムとは、全てにおいてアメリカの労働者を優先するために、外国製品に高い関税をかけ、移民を制限することで国内労働者の職を守り、公共工事を行うことで雇用を創出するなどの政策を指します。

経済ナショナリズムという概念を考えだし、指揮しているのはスティーブン・バノン合衆国首席戦略官です。

バノンは、1830年代に活躍したアンドリュー・ジャクソン大統領の采配にインスピレーションを受けています。

アンドリュー・ジャクソンは資本主義の持つ冷酷な側面に気がついた最初の指導者のひとりです。

当時のアメリカは、産業革命により庶民、とりわけ職人たちの暮らしが脅威に晒されていました

1830年頃から、白人労働者階級の間で、ミンストレル・ショーと呼ばれるコメディー・ショーが人気を博しました。

ミンストレル・ショーでは、白人コメディアンが顔を黒く塗り、黒人に扮し、黒人の無知やオツムの弱さを風刺し、人気を取りました。

800px-Minstrel_PosterBillyVanWare_edit

これは単なる人種偏見のショーとしてスタートしたのですが、「ブラックマスク」と呼ばれるこれらのコメディアンは、黒人に扮装することで、自分のホンネを、黒人の言葉として代弁させることで吐露することが出来ました

当時の大衆は、産業革命による就業構造の変化で、将来の生活への不安を感じていました。言い直せば、資本家と庶民の対立構造が、だんだん認識されるようになったのです。

白人労働者階級はブラックマスクのパフォーマンスを通じて「自分たちの境遇は、奴隷たちとさして変わらない!」ということを悟ったのです。

ブラックマスクはアンドリュー・ジャクソン大統領を、彼らの過酷な境遇から救い出してくれる救世主と位置付け、ジャクソン支持を訴えました。これがいわゆる「ジャクソン流ポピュリズム」となったのです。

アンドリュー・ジャクソンは、民衆の声に応え、当時のアメリカの中央銀行だった第二合衆国銀行(=こんにちのFRBに相当)を資本家の横暴の象徴だとして閉鎖しました。

Bank-War

スティーブン・バノンが政治経験に乏しいにもかかわらずトランプ大統領から重用されている理由は、アメリカの白人低教育低所得者層が感じている閉塞感を敏感に感じ取り、それを政策に反映させるという点においてバノンが天才的なひらめきを持っているからです。

そのスティーブン・バノンは、ワシントンDCのエスタブリッシュメントが大嫌いです。

だからエスタブリッシュメントの代表的な存在であるポール・ライアン下院議長も当初は目の敵にしていました。

しかし、ポール・ライアンが提唱している国境税調整が、バノンの考える経済ナショナリズムを実行に移すにあたって、具体的な行動の指針を提供していることに気付きました。

したがって今後、下院共和党税制改革法案とトランプ減税法案は、歩み寄りを見せる可能性があります

国境税調整はロビイストや共和党の裕福な献金者たちに不評です。関税を法人税とセットにすることで国内産業を保護するやり方は他国では例がありませんし、それはWTOの規定に抵触すると思われます。

共和党財政保守派、フリーダム・コーカスはそのような理由から(国境税調整は共和党の面々から支持されないだろう)と読んでいます。

だからちょうど下院共和党ヘルスケア・プランでトランプ大統領とフリーダム・コーカスが激突したのと同様、税制改革においてもバノンの考えとフリーダム・コーカスの一派は、するどい対立を見せるものと予想されます。


【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterもよろしく。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。



はあちゅうが「私はライターじゃない!」と主張したら炎上した件 情けない日本のリテラシー

先日、はあちゅうが「私はライターじゃない!」と宣言したら、炎上したそうです。



こういうとき、英語で考えると、アタマをスッキリ整理することができます。なぜなら英語は容赦ないほど的確な言語だから。

アマゾンで本を売っている人は、皆、Author(オーサー)と括られています。つまりはあちゅうの言う「作家」の英語訳はAuthorというわけ。

それではAuthorとライター(writer)の違いは?

A writer is a person who writes a book, article, or any literary piece, while an author is essentially the person who originates the idea, plot, or content of the work being written.

(出典:Difference Between)


これを僕なりに訳すと「ライターとは本、記事、その他、あらゆる文章を書く人である。オーサーの場合、オリジナルなアイデアやストーリーの筋、ないしはコンテンツを創作しながら書く人をさす」となります。

さらに「Difference Between」のサイトでは「オーサーと呼ばれるからには書く内容は自分の発想したものでなくてはならず、またそれが出版されていることが前提になる。ライターは言われた文章を書く作業をこなす際、必要なスキルセットを持ち合わせている必要がある。普通、オーサーは著作権を主張することができる。(*だけどライターの書いた文章の著作権は、会社など本人以外のところに帰属する場合が多い)」と説明されています。

つまり、はあちゅうの主張は全面的に正しいのです。

*=僕が補足しました。
MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ