Market Hack

デキる営業マンがクソリプを愛する理由 みんなで田端信太郎を吊るし上げようぜ!

およそ会社員のいろんな職域の中で営業ほど素晴らしい仕事はありません。

なぜならカイシャは売上がなければ成り立たないし、その売上を稼ぐのは営業だからです。だから組織の中で営業は隠然たる幅を利かせます。

営業ができるようになるためには、技術や市場など、その会社のビジネスが成り立つうえでの全ての背景を理解しなければいけません。

だから一度も営業を経験したことの無い会社員は、残念ながら花道を歩いたことの無い人材なので、出世の際、「遠回り」を強いられることになります。

営業と聞くと(じんましんが出る!)という人も多いでしょう。そういう僕も学生の頃は(営業職だけは、嫌だな)と思いました。でもこれは社会人としての経験に乏しい事から来る、よくありがちな脊髄反射に過ぎず、自分のキャリア形成についてじっくり考えを巡らせれば(一度は経験しておいた方が得だな)という結論に、当然、落ち着くはずです。

営業というと、嫌がる見込み客を強引に勧誘するとか、訪問をかけまくるとか、そういう「ど根性もの」的な臥薪嘗胆だけをイメージする人が多いけれど、「これ以外のやり方は無い」というようなルールは、営業にはありません。

僕が会社勤めしていた頃、若い人たちにアドバイスしたことは「若い人は、若い人らしいやり方で商売を作れば良いし、ベテランはベテランらしいやり方で営業すればよい」ということです。

ビジネスの世界では、右も左もわからない駆け出しの営業マンや営業ウーマンに対し、温かい目で迎える顧客も多いです。だから未熟なら、未熟なりに誠意と熱意で頑張れば、殆どの顧客は心を動かされます。

その反面、ベテランがあいまいな商品知識や不勉強のままで、昔ながらの泥縄式のやり方やプレッシャーで営業すると(なんだこいつは。使うメリットないな)と顧客から疎まれます。ベテランほど、研鑽し、絶え間なく新しい知識を仕込む必要があるのです。

このように営業のやり方は一つではないし、いろいろな成功の道があります。

しかしその中でも最上級に位置する営業の仕方が、エバンジェリスト的営業です。エバンジェリストとはキリスト教の「伝道師」ないしは「福音主義」のことを指します。

キリスト教のルーツはユダヤ教です。

ユダヤ教では「いつか救世主が現れる」と教えられます。でも、その救世主は、いままでのところ未だ現れていないのです。

それに対してキリスト教は「いや、ちょっとまて。あのイエス様という人物が、我々が待ち望んでいた救世主なんじゃないか?」とする主張です。だからキリスト教はユダヤ教のひとつのセクト、つまり枝分かれしたものと捉えられるわけです。

それはユダヤ教から見れば「異端」です。

だからユダヤ教徒は「そんな邪宗を信じてはいかん!」とイエス様のフォロワーをたしなめたわけです。

すると弱小勢力であったキリスト教は、つねに信者を広げてゆく必要に迫られたわけです。言い換えれば「拡大志向」です。だからキリスト教では「良いキリスト教徒は、どんどんキリスト教をひろげてゆくべきだ」という価値観があり、たとえばキリスト教のミッションがアフリカなどの未開の地でこんにちでも布教活動にいそしむのは、そういう伝統から来ています。

キリスト教を広めようとする者、つまり伝道師は、キリスト教の成立当初から「その考えは異端だ!」という批判や抵抗を受けてきました。だからdisりには慣れているのです。

いや、disりは(このひとたちは、わたしの主張に反応している。それが私にたいする反発であっても、反応しているということはわたしの言っていることに心を揺さぶられているからに違いない。すると……改宗させるまでに、あと一歩だ)と言う風にポジティブに捉えるわけです。

シリコンバレーでよく「テクノロジー・エバンジェリスト」というようなカッコイイ役職名を名乗るひとが居ます。日本人はそのテクノロジー・エバンジェリストの仕事を、単なる「企画」とか「ストラテジスト」と勘違いしている場合が殆どです。

でもエバンジェリストは「改宗」させないといけないのだから、これはたいへんな労力を要する仕事です。

エバンジェリストの好例はアップルのスティーブ・ジョブズでしょう。ジョブズはウインドウズが世界標準だった時代に「Mac」の良さを説いて回りました。1997年頃には「Mac」が絶滅しかかったことを覚えている人は少ないと思いますが、アップルにもそういう苦しい時代というものがあったのです。

もうひとつのエバンジェリストの例はセールスフォースのマーク・ベニオフでしょう。彼はもともとオラクルのトップ営業マンでしたが、「これからはクラウドの時代だ」と考え、未だクラウドが異端的だった時にセールスフォースという会社を創業します。それ以来、クラウドのアドバンテージを延々と説いて回ってきたわけです。

エバンジェリスト的営業は、たんに一個の商品を売るだけでなく、いままでとは違うやり方、これまでとは違う価値観、ひいては新しい「世界の見方」を提案するわけだから、これは大それた試みであり、茨(いばら)の道です。

しかし、その見返りも大きいです。なぜなら、それは自分自身が新しいデファクト・スタンダードを設定することに他ならないからです。

上に書いたように、営業をやるためには自社の製品や技術、さらに市場動向などを熟知する必要があるけれど、エバンジェリストとなると、更にワンランク上のスキルが必要になります。たとえば大勢の人の前で喋るプレゼンテーション・スキルは必須になりますし、他社とのコラボレーションなどをする能力も必要になります。

だから例えば田端信太郎君にクソリプを飛ばしている人種と言うのは、喩えて言えば十字架を背負って刑場に向かうイエス・キリストに対し、群衆の中に紛れた安全な位置から、ツバを飛ばす、あるいは石を投げている弱虫のユダヤ教徒……そういう構図になるわけです。

この場合、みんなから痛めつけられ、踏みにじられるほど、ドラマは盛り上がるわけで。

エバンジェリストとしては、これほど恍惚とする快楽は無いのではないかしら?


【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitter、ならびにInstagramもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。


資産形成と資産運用は違う

資産形成と資産運用は、まったく別のものです。

資産運用の能力に長けていなくても、資産形成することは出来ます。

でも資産運用に関するリテラシーがなければ、せっかく築いた資産を散財する結末に終わるでしょう。

たとえばジョニー・デップは過去13年間に723億円を稼いだと言われますが、これは「資産形成」です。

富を築く主な経路は収入です。デップの場合、ギャラ(出演料)や興行収入への参加(=つまりチケット販売代金のパーセンテージが、自分の取り分になること)が、莫大な収入に結び付きました。

ここで重要なのは、企業にたとえれば「売上高」に相当するおカネであり、そもそもそれが少ないなら、資産形成の道は遠いです。

サラリーマンの場合、それは給与ということになりますが、日本では給与は極めて硬直的なスケールによって予め決められているので、なかなか増やすことはできないと思います。

それでも少しでも給与水準が高い、有利な職場を目指すことは重要であり、僕自身も「有利な転職」の話には積極的に何度も応じてきました。

またハイリスク・ハイリターンを狙うなら、失敗するかもしれないけど、自分で何か商売をやるという方法も資産形成の道だと思います。

ここまでの話をまとめると資産形成で最も大事なのは売上高(revenue)だということ。

さて、ジョニー・デップのように「稼げる」人は資産の形成が早いですが、資産運用に関するリテラシーが無ければあっという間に散財します。デップの場合、おカネに関する件は会計士と弁護士に任せていて、気がついたら資産が消えていた(=デップ側の主張)わけです。

普通、「稼げる」人は世の中の仕組みやビジネスのコツを知っているので、資産運用に際しても上手い場合が多いです。でもスターの場合、そういうことを知らずにお金持ちになる人も多いので、上に書いたようなトラブルには枚挙にいとまがありません。

人は自分の経験の範囲内で出来ることしか想像力が働きません。だから資産形成の話になると、大部分の人は「節約」とかの、安易で矮小化された努力目標で満足してしまいます。(実際には、そういう「低いゴール設定」すら、きちんとやりとげることが出来ない人が大半です)

言い換えれば、お金持ちはrevenueにフォーカスすることで資産を築き、貧乏人はexpenseをどうする? ということくらいしか考えつかないということです。

アイデアが浮かばないから切り詰めるくらいのことしか出来ないわけで、これは「頭を働かせていない」証拠です。

一方、貧乏人は「株で人生一発逆転ホームランをかっとばす!」という妄想を抱きやすいです。もちろん、そういう「まぐれ」的なことがあなたに起こる可能性は否定しませんが、その確率は極めて低いです。

大体、株式の期待リターンというのは、せいぜい年率8%も出れば御の字でしょう。すると投資だけで資産形成するというのは、なかなか簡単ではないのです。

でも一度資産を築けば、資産運用でその目減りを食い止めることは、資産が多ければ多いほど、やりやすくなります。

結局、簡単な「正解」は無いです。

でも自分の出来る事だけ、あるいは自分の分かる事だけ、その範囲内で努力しても、なかなか資産は増えません。

居心地の良い処でぬくぬく現状維持するだけでなく、困難な事に挑戦するガッツがなければ暮らし向きは良くなりません。

そのためには不断の努力、新しいことを学び続ける、自分がやったことのない新しい事に挑戦するなどの生活態度が必要になります。


【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitter、ならびにInstagramもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。


「世界を変える!」運動の発祥の地 サンフランシスコ「サマー・オブ・ラブ」50周年

101

1967年の夏、サンフランシスコの街で「サマー・オブ・ラブ」という現象が起こりました。それはヒッピー・ムーブメントと呼ばれ、アップルの創業者、スティーブ・ジョブズをはじめとするシリコンバレーの先達たちの人生観、仕事観に大きな影響を与えました。

あれから50年。

いまやアップル、アルファベット、アマゾン、フェイスブックなどからなる一握りのテック企業はS&P500指数の36%を占めるまでになっています。

サンフランシスコ・ベイエリアは世界のテクノロジーやビジネスに君臨しています。

しかし、その陰で、サンフランシスコは、「フラワー・チルドレン」達の価値観とは対極的な、利己的で冷たい、醜悪極まりない街に成り下がっています。

そこで今日は50年前の夏に一体、何がおきたのかを振り返ってみたいと思います。

1967年1月14日にサンフランシスコのゴールデンゲート・パークで「ギャザリング・オブ・トライブス(部族の集会)」と呼ばれる無料イベントが開かれました。それは「ビー・イン(Be-in)」とも呼ばれました。

これは2万人にのぼる若者が、ただ集まっただけの集会と言われています。そこでハーバード大学の教授が「大学なんて退学しろ! 高校も中退しなさい! いまの社会のままでは、決められた道を歩む価値は無い」と演説しました。

105

当時のアメリカはベトナム戦争の泥沼から抜け出そうとしてもがいていました。徴兵制度があり、若者はいつ赤紙が来るかびくびくしていました。

わずか3年前にはケネディ大統領がテキサス州ダラスで暗殺されました。公民権運動は過激化の様相を呈していました。

第二次世界大戦終了後、戦地から帰ってきた兵隊さんが結婚し、ベビー・ブームが起こり、1967年には、ちょうどそのベビー・ブーム世代が青年になっていました。その数は1,900万人とも言われています。

つまりアメリカは若者で溢れ返っており、その若者たちは社会の矛盾に気がついたのです。

彼らは非暴力的かつ精神主義的な方法で世界を変えることを信じました。具体的には自然と隣人に優しく、開発と商業主義を否定し、シンプルな生き方を目指すということです。それはコミュニティ志向であり、シェアリング志向であり、スピリチュアル志向でした。

サンフランシスコのノースビーチでは1940年代にビート世代の詩人たちがコミュニティを形成していました。そこではジャズを聞いたり詩の朗読の集会が開かれたりしていたわけですが、ノースビーチは家賃が高くなりすぎたので、学校を出たばかりの若い世代は住めませんでした。そこでとりわけ家賃の安かったヘイト・アシュベリーに若者たちが流れて行ったわけです。

ヘイト・アシュベリーはゴールデンゲート・パークに面しており、日向ぼっこに適していました。これらのビート世代になり切れない新参者は「ジュニア・グレード・ヒップスター(お子ちゃま級トレンディ―軍団)」とビート世代から揶揄された。それが転じて「ヒッピー」という言葉が生まれました。

ヒッピーは、ヘイト・アシュベリーに沢山あった、朽ちかけたビクトリア様式の館で、シェアハウス(共同生活)運動をはじめた。彼らは、ある種のユートピア社会を作ることを目指していました。

104

当時、LSD(ときに「アシッド」と呼ばれることもあります)は合法でした。

LSDをやると、世界の見方が変わります。たとえば「なぜ戦争をする?」ということに対する考え方や価値観が激変するのです。

当時のカリフォルニア州知事ロナルド・レーガンは「LSDを非合法にした方が良い!」と主張し、LSDは1966年に非合法化されます。これに対しヒッピーは、「これは、われわれの独立宣言だ」と反発します。

「ディガーズ」と呼ばれるボランティアが、ゴールデンゲート・パークで無料の食事を配り始めました。その食材はスーパーマーケットやレストランで売れ残った商品や残飯です。これは当時の消費文化、浪費に対する強烈な批判に他なりません。

「パプニング」と呼ばれるイベントもいろいろ企画されました。そのひとつが「マネーの死」という集会で、そこでは若者たちが紙幣に火をつけ、燃やしました。就職するのは負け犬がやることだという考えが広がりました。

コミュニティ雑誌「オラクル」が創刊されました。

3月の大学の春休み期間になると、ヘイト・アシュベリーが混雑しはじめました。若者たちがヘイト・アシュベリーを目指した理由は、音楽、セックス、兵役拒否など様々でした。

夏休みになると、いよいよアメリカ中からの若者の流入がカオスを招来するのではないか? という懸念が生じました。それで大人たちはヒッピーの流入をストップしようと試みました。大人たちからすれば、ヒッピーは、仕事もせず、ドラッグをやって、セックスをして、自分の人生をただ棒に振っているだけだと考えたわけです。

ヒッピーは「これは人類が成長することが出来るかどうかの壮大な実験であり、それを誰も止めることはできない」と主張しました。

4月頃までにはテンションが高くなりすぎ、ヒッピーの側でも「これは何とかしなければいけない」という妥協の模索が始まりました。「オラクル」は「サンフランシスコへ来ないで!」という記事を掲載しました。

1967年6月21日(夏至)、「サマー・オブ・ラブ」の正式なキックオフの儀式がヘイト・アシュベリーに近い丘で行われました。その夏、5万人から10万人がヘイト・アシュベリーを埋め尽くしました。



しかし若者が集まり過ぎたので衛生問題や健康問題も発生し、13~17歳くらいの家出少年少女たちは未熟過ぎて自分の面倒をみることすら出来ませんでした。ドラッグは、そのような状況を悪化させることに一役買いました。

こうしてヒッピー・ムーブメントはカリカチュアと化し、「終わりの始まり」の兆候を見せ始めたのです。

ゴミやホームレスで溢れ返ったヘイト・アシュベリー地区は、ユートピアではなくディストピアになってしまい、若者たちが離れはじめました。

その1年後、ヘイト・アシュベリーで「ヒッピーの死」というデモンストレーションが行われ、この自然発生的な運動は終焉しました。

以上が「サマー・オブ・ラブ」のあらましです。

結局、ヒッピーたちは未来図を描くことには失敗しました。しかしこの夏の体験から、ヤング層は自分の感性を信じ、大人とは違った道を歩むことに対する自信を持ちました。エスタブリッシュメントに対する反抗精神は、シリコンバレーの起業スピリットとは切っても切り離せません。

また平和と愛を通じて世界を変えるという「革命」を経験したことは、シリコンバレー精神を、一本筋の通ったものにしました。

残念ながらこんにちのシリコンバレーはUBERに代表されるような容赦ない利己主義、拝金主義に毒されており、「サマー・オブ・ラブ」の精神は、かけらも残っていません。

【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitter、ならびにInstagramもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。


ブラジル株式暴落 テメル大統領不祥事隠ぺい疑惑で

ブラジル株式市場が今日、暴落しています。

ミシェル・テメル大統領がエドワルド・クーニャ前下院議長に口止め金を支払ったという証拠の録音テープが最高裁に提出されたからです。

テメル大統領はブラジル民主運動(PMDB)党首、下院議長などを歴任した経験豊かな政治家で、快活で弁が立ちます。ブラジルが軍政から民政に移行した際制定された1988年憲法の起草者のひとりです。

テメル大統領の手堅い経済運営を市場は好感し、このところブラジル株式市場は堅調でした。現在、寄り前気配でブラジルETF(ティッカーシンボル:EWZ)は前日比−18%の32ドル近辺で取引されています。

EWZ

【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitter、ならびにInstagramもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。


アリババ 第4四半期(3月期)決算発表 EPSは×、売上高はOK

アリババ(ティッカーシンボル:BABA)の第4四半期(3月期)決算発表はEPSが予想66¢に対し63¢、売上高が予想52.6億ドルに対し56.1億ドル、売上高成長率は前年比+60%でした。

コマース部門売上高は+47%の45.9億ドル、クラウド部門売上高は+103%の3.14億ドル、デジタル・メディア&エンターティメント部門売上高は+234%の5.71億ドル、その他部門売上高は+88%の1.33億ドルでした。

アニュアル・アクティブ・バイヤー数は2016年12月より1,100万人増の4.54億人でした。

モバイルMAUは2016年12月に比べ1,400万人増の5.07億人でした。

クラウドの顧客数は前期の76.5万に対し、今期は87.4万でした。

コマース部門の営業キャッシュフローは潤沢でクラウドならびにデジタル・メディアへの積極的な投資を可能にしています。

BABA

【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitter、ならびにInstagramもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。


MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ