Market Hack

アマゾンがプライムのメンバーシップ・フィーを18%値上げへ 投資家目線では大歓迎

ウェブメディア、リコード(ReCODE)の伝えるところによると、アマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)がプライムの月次メンバーシップ・フィーをこれまでの10ドル99セントから12ドル99セントへ値上げするそうです。年間では156ドルということになります。

AMZN


メンバーシップ・フィーの値上げは100%増益に直結するので、投資家目線からは大歓迎です。アマゾンがユーザーの離反を心配せず、大胆な値上げに踏み切った理由は、アマゾンに代わる存在が無いので、同社が独占に近い市場支配力を達成したことの現れだと思います。




【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。




米国証券取引委員会(SEC)が運用業界に対する書簡でビットコインETFに対するSECの見解を明確化

米国証券取引委員会(SEC)で運用会社の監督をしているダリア・ブラスが、全米投資会社協会(ICI)と全米資産運用協会(Asset Management Group)の二つの業界団体に対し「ファンドのイノベーションと仮想通貨関連商品」という題の書簡を送り、その中でビットコインETFに対するSECの見解を明らかにしました。

まずこのレターは「1940年投資会社法ではイノベーションのためのフレキシビリティーが強調されている。だからSECもイノベーションは大歓迎」とした上で、投資家保護の見地から以下のポイントが重要だと考えていることを明確化しました。以下抄訳。

値洗い(Valuation)
投信およびETFは、純資産(NAV)を計算するため、毎日、それが保有する銘柄の価格を確かめないといけない。それが確定できないと、投信の場合、デイリーのパフォーマンスの計算が不正確になるし、ETFの場合、APと呼ばれる業者が、現物とETFとの間の乖離を鞘取りすることができなくなる。しかし仮想通貨の取引はフラグメント化されており、どの値段を使うべきか?が確定しにくい。フォークが起きた際、それを投信やETFのバリューにどう反映するか?が未知数。エアドロップのようなイベントが起きた場合、投信やETFの保有者の誰が、どれだけそれを受け取るのか?のポリシーが不明快。先物の清算価格の決定の際、現物市場の故意の関与による操作をどう防ぐ?ということなどが不明。

流動性(Liquidity)
投信やETFの特徴は、受益者がいつでも換金できる点にある。流動性に関する新ルール(rule 22e-4)では、ファンドが流動性確保のためリスク管理プログラムを実施することが義務付けられている。そこではファンドが組み込む投資対象のうち流動性に欠けるものは15%以上組み込んではいけないことが規定されている。

カストディー
1940年投資会社法ではファンドは顧客資産をカストディアンに預けることで護ることが規定されている。仮想通貨に投資するファンドは、どうやってカストディアンを設定するのか? 現在、仮想通貨をキープできる信託会社は存在しない。また仮に仮想通貨のカストディアン・サービスが開始された場合でも、そこに保管された仮想通貨の所有者として投信会社がプライベート・キーを通じて所有権をちゃんと主張でき、記録できることは未知である。またカストディーに対するハッキングが起きた時の対応は未知である。

ETFの鞘取り
ETFはそれがなぞることになっている原資産との間の価格乖離を業者による鞘取りで埋める仕組みになっている。しかし仮想通貨取引はフラグメント化されており、鞘取りを行う指定参加者(AP)が十分に鞘取りを行えないリスクがある。

どの法律をあてはまる?
以上の説明は1940年投資会社法の見地からされてきたが、業者によっては1933年証券法に基づくETF上場申請を行おうとしている者も居る。どの法律に準拠して商品設計すべきかハッキリしていない。

それらがハッキリするまで、どの法律に基づいた申請でも承認しない。

また、過去に「有効」が宣言された申請に関し、証券法rule 485(a)の規定を利用し、仮想通貨に投資する商品の組成をしやすくするループホールを利用することは認めない。




【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。

アマゾンが「第2本社」所在地候補として20都市を発表

アマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)がシアトル本社とは別に「第2本社」のキャンパスの所在地を選考中です。今日、当初238あった候補地の中から、下記の20都市ならびに都市圏が最終候補に残ったという発表がありました。

アトランタ
オースチン
ボストン
シカゴ
コロンバス
ダラス
デンバー
インディアナポリス
ロスアンゼルス
マイアミ
モンゴメリー・カウンティ
ナッシュビル
ニューアーク
ニューヨーク
ノーザン・バージニア
フィラデルフィア
ピッツバーグ
ローリー
トロント
ワシントンDC

現在、アマゾンはシアトルで4万人を雇用しています。しかしシアトルの地価高騰と、オペレーションのバランスを取るため、アマゾンは去年9月に「第2本社構想」を発表しました。

僕のドタ勘ではアトランタが有力だと思います。



【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。

NYSEの親会社がビットコイン取引価格情報を提供へ ヘッジファンドは、いっそう仮想通貨をトレードしやすくなる

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社、インターコンチネンタル・エクスチェンジ(略してICE、ティッカーシンボル:ICE)が、スタートアップ企業、ブロックストリームと手を結び世界の15のビットコイン取引所でのビットコイン取引価格を金融機関へ配信すると発表しました。サービス開始は3月を予定しています。

ICEの「クリプトカレンシー・データ・フィード」が、ブルームバーグやロイターのサービスと違う点は、マーケットのデプス(深度)がわかるので、高速トレーディング(HFT)に使える点です。

また取引所間でのアービトラージがしやすいように工夫されているそうです。

ICEの「クリプトカレンシー・データ・フィード」プロジェクトは、リン・マーティンによって率いられています。




【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。

ゴールドマン・サックス 第4四半期決算 EPS、売上高ともに予想を上回った 投資銀行フィーはOK、債券(FICC)・株式部は×

ゴールドマン・サックス(ティッカーシンボル:GS)の第4四半期決算はEPSが予想$4.95に対し$5.68、売上高が予想76.4億ドルに対し78.3億ドル、売上高成長率は前年同期比-4.2%でした。

投資銀行部門売上高は前年同期比+44%の21.4億ドルでした。うちアドバイザリーは+9%の7.72億ドル、引受けフィーは+76%の13.7億ドルでした。債券、株式引受けともに好調でした。

インスティチューショナル・クライアント・サービス部門売上高は前年同期比-34%の23.7億ドルでした。うち債券為替コモディティ部門は-50%の10億ドルでした。為替、クレジット、金利、コモディティなどの商品が不振でした。一方、株式部門は-14%の13.7億ドルでした。株式客注執行が不振でした。

gs


【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。

MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ