Market Hack

市場を動かすスクープを出しまくる地獄耳、アクシオスとは何者?

1

先週のマーケットはアクシオス(Axios)のスクープに振り回されました。

まず「これまで国境税調整に対し冷たい態度を示してきたトランプが、態度を軟化させた」という材料でマーケットが騰がったかと思えば、ゲーリー・コーン国家経済会議委員長が「トランプは国境税調整に否定的だ」とコメントし、相場は売られました。ところが金曜日の大引け直前に「ホワイトハウスは国境税調整に前向きだ」ということが報じられ、引けピンで終わったのです。

これらのニュースを、悉く、いの一番にスクープしたのがアクシオスです。

ヘッジファンド達は、アルゴ・トレードを、トラ様のツイートに最適化していたのですが、この予期せぬニュース・ソースに振り回されました。

「一体、なにものなんだ、アクシオスって?」

それがウォール街で話題になりました。

アクシオスは未だ稼働してひと月足らずのウェブメディアです。その首謀者はジム・ヴァンデルヘイです。

彼はワシントン・ポストの記者からポリティコ(Politico)を立ち上げ、今回、アクシオスの創業に至ったわけです。

ポリティコの地獄耳記者、マイク・アレンもアクシオスの共同創業者に名前を連ねています。マイクはポリティコ時代に「政治家の楽屋落ちメルマガ」である「プレイブック」というメルマガを立ち上げ、オバマ大統領はもちろん、ワシントンDCの政治家全てが毎朝、NYタイムズを見る前に、まず「プレイブック」を読む…とまで言われた伝説的なメディアに仕立てた実績があります。

アクシオスは「スナップチャットとフェイスブックに最適化された、中立的かつ私見を挟まないニュースを、ミレニアル世代に届ける」目的で設立されました。

アクシオスは「NYタイムズなどの記事は長尺で退屈すぎる。メディアのサイトはガサツで、読者は後回しにされている。読者を釣れるように見出しばかり工夫して、中味がそれに合致していない。これではフェイク・ニュースと差別化できないのは当然だ。アクシオスは簡潔(cleanest)で利発(smartest)な記事を、読者がいちばん「すとん」と受け取りやすいスナップチャットやフェイスブックなどを通じて届けることを目指す」としています。

ただミレニアル層をターゲットにするからといって、ニュースをわかりやすくする(dumb-down)することは、しません。

若者層だって本格派のニュースを渇望しているはずだし、それを咀嚼する能力はあると信じているわけです。

実際、マイク・アレンは究極のワシントン・オタクであり、ニュース・ジャンキーです。

そのマイク・アレンが、アクシオスを通じて、ずばずば単発的な直球を読者に投げ込んでくる……つまり、あたかも「上級ゲーマー」たちだけを相手にしたかのような、情報強者同士のバトルが、アクシオスの醍醐味なのです。


マネックス証券主催『米国株式月次オンラインセミナー』開催のお知らせ

1

マネックス証券主催『米国株式月次オンラインセミナー』は以下の要領で開催されます。

開催日:2017年2月27日(月)
時間:夜8時半から10時
講師:広瀬隆雄
参加資格:マネックス証券に口座をお持ちのお客様に限定せさて頂きます
口座開設:こちらのリンクからどうぞ
当日の参加方法:こちらのリンクからどうぞ

【講師からひとこと】
いよいよ2月28日の両院合同会議でトランプ大統領が演説します。この演説では税制改革法案に関する「トランプ案」が示されると予想されています。

両院合同会議とは何か? 
トランプ大統領の演説のどこに注目すべきか? 
「下院案」との相違点は? 
リコンシリエーションという立法プロセスを経る場合、何がネックになるか? 
そのためには先ずなにをやらなければいけないか?

など、おさえるべきポイントを解説します。また前回紹介できなかった第4四半期決算発表シーズン後半に決算を出した企業についても、その中身を振り返りたいと思います。


Lブランズ 第4四半期決算発表 EPSはOK、売上高は×、ガイダンスは下がった

Lブランズ(ティッカーシンボル:LB)の第4四半期(1月期)決算はEPSが予想$1.90に対し$2.03、売上高が予想45.1億ドルに対し44.9億ドル、売上高成長率は前年比+2.1%でした。

既存店売上比較は±0%でした。

水着、アパレルからの撤退は、全社既存店売上比較に-2パーセンテージ・ポイント、ビクトリアズ・シークレット部門既存店売上比較に-4パーセンテージ・ポイントの影響を与えました。

第1四半期はEPS予想49¢に対し、新ガイダンス20~25¢が提示されました。2018年度はEPS予想$3.69に対し、新ガイダンス$3.05~3.35が提示されています。

ガイダンスが下がった理由は、水着、アパレルからの撤退が引き続き今後の既存店売上比較を圧迫すること、中国市場への先行投資負担、ビクトリアズ・シークレットならびにバス&ボディワークスの店舗への投資負担などによります。

2月の既存店売上比較は-15~19%程度落ち込むことが予想されています。そのうち水着、アパレル撤退による影響は-6パーセンテージ・ポイント前後だと見込まれています。

LB

トランスオーシャン 第4四半期決算発表 EPS、売上高ともにOK

トランスオーシャン(ティッカーシンボル:RIG)の第4四半期決算はEPSが予想5¢に対し63¢、売上高が予想8.06億ドルに対し9.74億ドル、売上高成長率は前年比-47.4%でした。

現在の受注残は113億ドルです。

経営陣は「オフショア・リグ市場のファンダメンタルズは改善しており、顧客からの引き合いは増加していることからオフショア・リグ市場は目先の大底を確認した」とコメントしました。


RIG

テスラ・モーターズ 第4四半期決算発表 EPSは×、売上高はOK

テスラ・モーターズ(ティッカーシンボル:TSLA)第4四半期決算はEPSが予想-53¢に対し-69¢、売上高が予想22億ドルに対し22.9億ドル、売上高成長率が前年比+88.2%でした。

モデルSとモデルXの受注は前年比+49%でした。

平均販売価格は前期比+1%でした。これは売上に占めるモデルXの比率が高まったことが原因です。

ノンGAAPグロスマージンはオートパイロットのソフトウェアのアップグレードが遅延したこと、為替要因、固定資産負担増などによります。

設備投資額が予想を下回ったのは工作機械メーカーへの支払いのタイミングが遅延したためです。

モデル3の生産は7月から開始され、第4四半期頃に毎週5千台のペースに持って行きたいとしています。さらに2018年のある時点で毎週1万台を目指すとしています。

ギガファクトリーではバッテリー生産が開始されました。

現在生産中のすべてのテスラの自動車は、出荷時に自動運転に必要なハードウェアを全て装備した状態で出荷されています。それを将来、アクティベーションするのは、ソフトウェアによって行われます。

2017年上半期のモデルSならびにモデルXの納車目標は合わせて4万7千台から5万台です。

TSLA
MarketHackについて
Market Hackは世界経済ならびにビジネス・シーンに関するニュース・サイトです
月別アーカイブ
免責事項
なお運営上、ここに書かれる意見には諸々のバイアスがかかっています。投資情報は利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失を生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組み及びリスクについてご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
BLOGOS
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ