iStock_000008207582Medium【金利環境の把握】 

ある投資対象への投資の是非を考える上でおそらく機関投資家と個人投資家の間で最も差が出るのが、金利環境の吟味です。

個人投資家は新興国などのGDP成長率へは高い関心を持ちますが、金利の動向には注意を払いません。

しかし株式投資を成功させる上で金利環境の把握は極めて重要です。これはどうしてかというと株式は通常、預金や債券などの確定利付き商品と競争関係にある
からです。

投資理論の世界ではそれらの確定利付き商品を「無リスク証券」と定義する場合があります。本来、預金や債券でも銀行が倒産したり債券の発行体が倒産することがあるため、「無リスク」ではないのですが、そういう特別な場合を除けばこれらの投資先は元本が保証されている上に利息がつきます。

いまそういう「堅い」投資機会がリーズナブルな投資リターンを提供しているのなら、リスクを冒してまで株式を買うのは気が引けます。金利は低ければ低いほど「株式との競争は、激しくない」と言う風に理解されます。つまり有利な投資先の選定にあたって、金利が低い、ないしは金利の低下が見込める市場というのは重要な要因なのです。

BRICs諸国のインフレ率

 

歴史的には新興国の金利は先進国のそれよりもずっと高かったです。たとえばルーブル危機のあった1998年のピークでは新興国債券指数と先進国債券指数の利回りスプレッドは15%もありました。現在は3%を切っています。この利回り格差は長期に渡ってなだからな右肩下がりを描きながら縮小しています。

いま、信用力の高い借り手ほど、安い金利で借金することが出来ると仮定するならば、ここに述べたような新興国の、先進国と比べた金利プレミアムの縮小は新興国の信用度が上がっているという風に解釈することも出来るのです。

なお、去年の世界的な金融不安の局面では新興国と先進国の利回りスプレッドは拡大します。その理由はより安全な資産を求めて投資家が退避行動を取るからです。そのような避難のための資金引き揚げをリパトリエーション
と呼びます。去年の十一月はこの影響で利回り格差が一時的に急拡大しました。

このような突発的な環境を別とすれば、新興国の金利は主にその国のインフレの状況に左右されます。一般にインフレは経済の関数であると理解されています。つまり景気が強すぎるとインフレを誘発するし、不景気だとインフレは起こりにくいというわけです。

この他にインフレになるシナリオとしては、その国の中央銀行がマネーの供給をじゃんじゃん増やした場合、インフレになる恐れがあります。また新興国でよくみられる例としては自国の通貨が弱含んだ場合
、輸入品の価格が高騰してインフレを引き起こすケースがあります。

いずれの場合もインフレは株式や債券などのペーパー・マネーの価値をぶち壊す危険がありますから、注意が必要です。上
グラフはIMFによる新興国のインフレ率を示したものですが、2007年から2008年前半にかけては好景気からインフレのプレッシャーが存在したことがわかります。このグラフには出ていませんが高水準のインフレに悩んだベトナムが金利をぐんぐん引き上げ、株式市場の急落を招いたのは記憶に新しいところです。