今日NY時間の午後1時にバーナンキFRB議長がワシントンDCのエコノミック・クラブでスピーチします。
普段なら特段ニュース性は無い局面ですが、再任コンファメーションまでの短い期間のうち限られた機会であること、先週金曜日の雇用統計の後、緩和的な金融政策の維持への風当たりが強まっている事などからスピーチのトーンが変わる可能性があります。