「日本にシリコンバレーを作る方法」というブログ記事をたまたま目にしました。

それで少し考え込んでしまいました。

なぜなら僕は日本にもシリコンバレーはもう少しのところで出来かかっていたのではないか?と思ったからです。

渋谷が「ビットバレー」とか呼ばれて、面白いスタート・アップがいろいろ登場した、、、あれは何だったのでしょうか?

思うに日本人はエンジニアの人たちの才能の面でもアイデアの面でもぜんぜん世界標準に比べて負けていません。

でも日本が完全に負けている部分があります。

それは失敗を犯すことに対する寛容な態度の欠如です。

計画的な犯罪でない限り、わざわざ失敗させることを前提にビジネスを始める人間は居ないでしょう。ましてやまじめなエンジニアの人たちは自分の理想や夢を実現したいがためにスタート・アップを始めるケースが多いのだと思います。お金とか云々じゃなくて、兎に角、自分がスゴイと思う製品やサービスを実現したい、それが起業の動機なのです。

これは日本でもアメリカでも同じです。

ただアメリカではそういう起業が失敗したとき、「またがんばろうね」くらいで失敗に対するとがめは少ないし、チャレンジに失敗した人がそれをはずかしく思ったりしなければいけない理由はありません。

ところが日本だと起業に失敗した人は犯罪者同然に扱われます。社会に復帰できないし、家族離散とか、悲惨な目に遭うケースもあるかも知れません。

若し上手くいかなかったときに自分が払う羽目になる代償の大きさを考えた時、ひとは起業を諦めるのだと思います。

しかも少しでも成功して「成り上がり」になろうものなら、社会からねたみ、そねみの目を向けられ、少しでも隙があれば徹底的に糾弾されます。

僕はルール違反を犯した人間を擁護するつもりは全くないし、そもそもホリエモン事件の経緯を良く知らないので見当違いなことを書いているかも知れませんが、あのとき寄ってたかってホリエモンを袋叩きにした日本という社会には少し怖いものを感じたし、順法、違法というタテマエ論以前の、「出る釘は打つ」式の陰湿な社会風土を感じざるを得なかったです。

僕がシリコンバレーの投資銀行、H&Qに勤めていた時、H&Qの創業者のビル・ハンブレクトは:

失敗を恐れてはいけない。きみのクライアント企業が失敗したら、「よかったね、これであなたも失敗してはいけないという心の呪縛から解放されたわけだから、次からは成功できるよ」と励ませ!

と口癖のように言っていたのを思い出します。

失敗者に門戸を開き、温かく迎え入れる、、、ビルはこのことをたんなる掛け声ではなく、自分から率先して実行していました。

たとえばスティーブ・ジョブスです。

ジョブスはアップルの経営がおかしくなったとき、自分の雇ったジョン・スカリーから解任され、アップルから放り出されました。でも「行くところが無くなった」ジョブスをハンブレクトは温かく迎え入れます。

だからスティーブ・ジョブスが「ちょっと近くまで来たから親爺のところへ寄ってみたのさ」といってH&Qのオフィスに遊びに来たらすぐにブラウンバッグ(=サンドイッチを包む茶色の紙袋のこと)・ランチを招集したものです。

つまりジョブスが「浪人」していようが、そんなことはカンケイないのです。


Now that you have actually failed, like countless others, you became FREE to succeed.

ビルのこの言葉を聞いた時、本当のシリコンバレーの強さを垣間見た思いがしました。