進化シリコンバレーの話をチョッと書いたらいろいろな人からTwitterで反響を頂きました。ありがとうございます。

中でも僕の目をひいたのはEurosellerさんの「独立→失敗→再就職可能の仕組みがないし、そういう人に資金を出そうという仕組みもない」というコメントです。

そう言われて、これは仕組みの問題なのだということにハッと気がつきました。

若しそういう仕組みが今、日本に無いのなら、大至急それを作る必要があります。

また仕組みが既にあってもうまく作動していないのだとすれば油をさしたり錆びているところをピカピカに磨き上げて、もう一度イノベーションのマシーンが動き出せるように愛情を込めてメンテナンスしてあげるのが我々の仕事なのでは?

兎に角、勇気を出して試行錯誤の回数を増やさなければ日本は救われません。なぜならそもそも何が成功するかは誰にもわからないし、おまけに世界の変化の速度はどんどん速くなっているからです。

世界のリスク・キャピタルはいま凄いペースで中国やインドやブラジルに流れています。彼らの資本調達コストはどんどん廉価になり、世界の投資家は彼らの失敗にはどんどん寛容になっています。

それは中国企業やインド企業がいろいろなことを試すチャンスがふえていることを意味します。また資本のちからにモノを言わせて腕力で日本をねじ伏せてくる時代が遠からず来ることを意味します。

日本人が失敗しないことにばかり心を砕いている間に我々が分け前に預かることのできるパイそのものの大きさはどんどん小さくなっているのです。

パイをどうやって増やすかを考えようとせず、それを如何に公平に分けるかに時間の大半を費やしている姿には少し危機感を覚えます。

錆びついているのは日本のエンジニアの夢ですか?それとも官僚や政治家の頭の方ですか?