アメリカで『7つの習慣』などのベストセラーを出しているビジネス書作家、スティーブン・R・コヴィーが大手出版社サイモン&シュースターを袖にして直接、アマゾン・ドットコムのキンドルと独占的に契約し、新刊を配信するのだそうです。

このニュースは本をつくるさまざまなプロセスに携わる人たちにとってはバビロンの凋落を予言するHandwriting on the wallに相当する、不吉な予兆かも知れません。

もちろん、本の持つ良い点というのも沢山あります。手に持った触感が良いし、充電しなくても、ワイヤレスの接続が無くても読めるという点です。

その反面、本の持つ欠点もあります。

例えば分厚い本だと重すぎるとか、値段が高いとかなどです。

アメリカの場合、本の値段は「時価」なので単純な比較は出来ませんが、新刊書の多くが22ドル程度の価格設定で、それがボーダーズのような大手書店(常にバーゲンセールをやっています)に出たらスルスルと13ドルくらいに値段が下がるというのが普通です。でもeブックの場合、多くは最初から9.99ドルで売りだされます。

出版社と著者がどれだけの割合で売上の分け前を折半するかという基本的なエコノミクスはこれまで余り変化しなかったと思うのですが(僕は詳しくないので、知りません)今後は名前が売れている著者ほど出版社を「素通り」できるので大きな変化が予想されます。

次にデバイスの話ですが、eブックの普及はまだ限定的であり、「心配するに足らない」と考えている業界関係者も多いと思います。でも来年、アップルが『タブレット』を出してきたら、気を付ける必要があります。なぜなら『タブレット』は、そもそもeブック・リーダーとiPhoneの区別そのものを取り払ってしまう可能性があるからです。イメージとしては「キンドルがiPhoneになった」風の使用感だと噂されています。

マーシャル・マクルーハンは「メディアはメッセージである」と言いましたけど、若し『タブレット』による本の「消費」が主流になれば、これまでの出版にまつわるあらゆる手順、すなわちブック・エージェントに原稿を持ち込んで、それが出版社に売り込まれ、編集者が赤を入れて、etc.という古来のプロセスが全部新しいものに取って代わられる可能性が高いです。

つまり本を「製造」し、「販売」する経路やサイクル(時間)が激変するのです。

レコードやCDに起こった事が出版界に起こる、その瞬間がいま、訪れているのです。