12月5日に(ん?!”#$%&、まてよ、これは世の中、大きく変わったぞ)と直感してそれまでの投資方針を大きく変更しました。
現在の僕の新興国株式に対する考えは次の通りです:

ブラジル → 売り
ロシア → 売り
インド → 売り
中国 → 売り

このうちロシアは余り下がっていませんね。

またインドのITセクター(ドル高で恩恵を蒙ると指摘しました)も高値圏にあります。その他のインド株はだんだん値を切り下げています。

中国では食品の値段が騰がり始めると政府の金融政策が大きく変わる節目です。案の定、株式市場は下げ足を速めています。

2009年の世界株式市場のラリーを支えてきた二つの大きな流動性の蛇口、即ち:

①アメリカの超緩和的金融政策
②中国の銀行融資の激増

の両方が閉められはじめたのですから、マーケットだって潮目が変わって当然です。

中国の銀行株は公募リスクがあるので今後も下がると思います。

また、インターネット株も政府の方針がコロコロ変わるので高いPERを支払う気にはなりません。

僕の大好きなネトゲ株はパーフェクト・ワールド(PWRD)ですけど、これも下がっています。

PWRD

RSI的には30に達した(青の矢印)ので、売られ過ぎ圏に入りつつあります。

先日チャイナ・モバイル(CHL)はWAP(ワイヤレス・アプリケーション・プロトコル)サービスの加入者への課金を一時全面停止すると発表し、中国に沢山存在する携帯絡みのアプリを作っている零細なソフトウエア企業を驚かせました。表向きにはアダルト・コンテンツの粛清がその理由です。しかし課金を止めることでお金をこれらのソフトウエア会社にわざと流れないようにし、資金繰り困難から倒産に追い込む事で業界全体を「みそぎ」するのだという説明を或る友人(シリコンバレー出身のチャイニーズ・アメリカン)から聞きました。

もちろん、こうしたデータ・サービスはチャイナ・モバイルにとってもだんだん重要な収入になりつつありますから、これはチャイナ・モバイルにとってもきついことです。

CHL

チャイナ・モバイル株は所謂、デット・クロス(青の矢印)と呼ばれる、50日移動平均線が200日移動平均線を下に切る売りシグナルを発しています。

最後の株はバイドゥ(BIDU)です。これも下げています。
BIDU
50日移動平均線(青の矢印)のところがサポートになっていたのですが、アッサリ割り込んでいます。

PS:BRICsを「全売り」したわけですけど、だからといって世界のマーケット全部に弱気になったわけではありません。アメリカのハイテク株などには強気です。いつも繰り返していますが:

マーベル(MRVL)
JDSU(JDSU)
サウスウエスト航空(LUV)

など一握りの銘柄に集中投資しています。

来年の投資戦略ですが、実は奇抜なアイデアを温めています。今、それに向けて猛勉強中です。でもたぶん全ての読者が「えーっ、何それ?そんなんじゃ嫌だ」と言うようなアイデアです。(笑)

余り期待しないでね。

→そのアイデアは1月7日のCMC Markets主催のウェブ・セミナーでお披露目します。