アップル(ティッカー:AAPL)とマイクロソフト(ティッカー:MSFT)の時価総額が接近しています。22日の引け後にマイクロソフトが決算を発表しており、決算そのものは市場予想を上回ったのですが、中身が悪く、アフターマーケットでは3.8%程度売られています。この気配をベースに時価総額を弾くと:

マイクロソフト 2640億ドル
アップル 2416億ドル

とだいぶ接近してきました。

マイクロソフトの決算ですが:

マイクロソフト(MSFT)
EPS 予想42¢ 実績45¢
売上高 予想143.9億ドル 実績145億ドル

ということで一応、ポジティブ・サプライズの体裁にはなっています。
でも将来の売上の「貯金」を意味する、アンアーンド・レヴェニューを見ると:

MSFTアンアーンド

ここ2四半期続けて前年同期を下回っています。

未だカンファレンス・コールを聞いていないので細かいニュアンスはわかりませんが、すくなくともワクワクするような決算ではありません。