SPRD

スプレッドトラムは携帯電話向け半導体の中でもベースバンド(基底帯域)プロセッサーのデザイン会社です。ベースバンドは価格競争が激しいし、デザインが採用されるか否かで業績が激しく変化する、むずかしいビジネスです。

従ってこの株は「上級者向け」ということになります。

でも読者の中で中国のスマートフォン市場の将来性に強気な人が居るならば、スプレッドトラムはマークすべき企業だと思います。

スプレッドトラムはメディアテックやSTマイクロシステムズなどからの競争に勝てず、去年まで業績が低迷していました。

しかしここ二回の四半期決算ではコスト削減、古い在庫の処分、新製品の導入などでターン・アラウンドしてきています

2009年第4四半期では売上ガイダンス3700万ドル~4000万ドルに対して4230万ドル(去年同期比+300%)を記録しました。2010年第1四半期の売上高ガイダンスは4000万ドル~4300万ドルです。

グロスマージンは前期の39%から42.2%へと改善しています。

また平均販売単価(ASP)も+24%でした。

僕がこの株に興味を持っている理由は二つあります。

ひとつは同社のチップがレノボ・モバイル「01」スマートフォンに採用された点です。
レノボ01アンドロイド

もちろん、今後も新製品が出るたび毎にそれらの製品に採用されなければいけないので、気が抜けません。

第二点としてはアメリカのベンチャー・キャピタル、シルバーレイク・パートナーズが最近、同社株の12.7%を取得した点です。

シルバーレイクはハイテクのハードウエアならびに半導体に関するノウハウは世界最高峰であり、今回が中国本土企業への最初の投資となります。