そこでハンガリーはIMFなどから支援を仰ぐとともに財政の立て直しに乗り出します。支援を仰いだ時点で厳格に管理された債務圧縮(デレバレッジング)のプログラムが始まったわけです。

まず公的部門の消費を絞り込みました。下のグラフでは先ず公的部門(青)の消費の伸び率がマイナスに転じ、その後、民間部門の消費も景気が悪くなったことを反映して後追いしていることがわかります。
ハンガリーの消費成長率



リーマン・ショックは世界の貿易がパタッと止まる原因になりました。このためハンガリーの輸出と輸入も影響を受けました。
ハンガリーの輸入・輸出


その後ハンガリーを襲った不景気で下のグラフのように内需(青)が大きく落ち込みました。在庫の圧縮も不景気に一役買いました。これらのネガティブをおぎなったのが2009年にかけての純輸出の伸びです。
ハンガリー部門別GDP貢献変化率