ロケット砲


壮絶な地上げ攻勢がしばしば話題になる中国ですが、今日、中国日報に自家製のロケット砲で地上げの仕事人たちを撃退した重慶のオジサンの話題が出ていました。

この農民は地上げ屋が来て、自分の住んでいる家を取り壊そうとするのを火力で圧倒し、相手を退散させたのだそうです。

オジサン:「俺は別にだれかを傷つけるつもりでこれをやっているんじゃない。だから相手の頭上を狙っているんだ。」

地元警察はこの農民のところを訪れ「ロケット砲を警察に引き渡しなさい」と説得にあたりました。

オジサン:「これは武器ではない。花火だ。だから渡さない。」



このロケット砲は見事に威力を発揮し、ヤクザを蹴散らすことに成功したのだそうですが、オジサンは浮かぬ顔。

オジサン:「花火が底をついのを見計らってやつらは帰って来た。ボコボコにされたよ。」

むかし、日本でもこういう時代がありました。