ロシアが130年ぶりの酷暑に見舞われています。7月には最高気温38度を記録しましたし8月に入っても暑い日が続いています。このため様々な影響が出ています。

先ず森林の火災が相次いでおりモスクワはこのビデオにあるようにスモッグに包まれています。


(出典:テレグラフTV)

死者も数百人は下らないと言われています。その大半はお酒を飲んだ後、水に飛び込んで溺死するパターンなのだそうです。

小麦の収穫も例年より20%近く落ち込むと言われています。
お隣のウクライナでも干ばつの影響で今年は作柄が悪く、小麦は高値を更新しています。

wheat

(出典:TFCコモディティ・チャーツ)

飼料が中心の大豆やトウモロコシなどと違い、小麦は主に直接人間によって消費される穀物で、その意味では米に次いで重要な農産物です。

小麦粉はパン、ビスケット、クッキーなどに使われる他、小麦はシリアル、パスタ、麺類、ビールなどの原料です。

小麦の主な産地は中国、インド、米国、ロシア、フランス、カナダ、ドイツ、ウクライナなどになりますが輸出市場ではロシアやウクライナの存在が大きいです。