中国の自動車ならびにバッテリー・メーカー、BYD(コード:1211)が今年の自動車販売台数目標をこれまでの80万台から60万台に下方修正しました。

下方修正する理由は2つあります。


先ずこれまで旺盛だった需要に翳りが見え始めたという点です。特にここ1ヶ月あたりは減速感が強いです。

次にとりわけ大型車に関しては一部生産キャパシティの問題があると報告されています。

今日のBYDの発表は昨日のBMWのカンファレンス・コールとはややズレを感じさせました。BMWの第2四半期の中国での販売台数は前年同期比+98.6%であり、減速しているようなことはカンファレンス・コールでは言ってなかったと思います。

これは或る程度、5シリーズのローンチという新製品サイクルも関係しているのかも知れないし、そもそも価格帯が違うという点も関係しているかも知れません。