月曜日のジョンFケネディー空港でありえない珍事が発生しました。

ピッツバーグから到着したジェットブルー機がゲートに着いたとき、ひとりの乗客が未だシートベルトのサインが消えていないのに立ちあがり、荷物を棚から降ろそうとしました。

これを見たスティーブ・スレーターというフライト・アテンダントがそれを制止しようとしました。

この荷物はスティーブさんに当たり、この乗客と言い合いになったのです。

堪忍袋の緒が切れたスティーブさんはこの乗客のビールを奪うと機内アナウンスシステムでこの乗客を罵倒するコメントを叫んだあと、ドアを開けて空気式非常すべり台を膨らませ、そのまま滑り降りて消えてしまったのだそうです。

この話はすぐにネットで話題となり、『ニューヨーク・デイリーニュース』や『ワシントンポスト』はスティーブさん支持を表明、彼は一夜のうちに「都市伝説」と化したのです。
28794_jetblue-airways