ヤーン

(出典:ピープルツリー)

バングラデシュが勢いに乗っています。

先ずダッカ証券取引所の年初来パフォーマンスはスリランカに次いで第2位です。
パフォーマンス

(出典:ビスポーク)

バングラデシュが今、注目されている理由は中国における労働賃金の上昇で、製造業、とりわけ衣料の分野でバングラデシュへの生産拠点の移転が雪崩のように起き始めているからです。

この時ならぬ「バングラ詣で」ブームで心配になるのは現地で働くバングラデシュの人々がアンフェアな労働条件下で搾取されるのではないか?という不安です。

最近はそういう問題意識を持った、フェアトレードを目指す企業が幾つか登場しています。

これまでのフェアトレードのグッズのイメージは正直言って、余り最先端ファッションというイメージではありませんでした。

しかし今年からは女優のエマ・ワトソン(『ハリー・ポッター』シリーズ)がフェアトレードの企業、ピープルツリーのスポークスパーソンとしてフェアトレードの支援を発表しています。エマ・ワトソンは去年まで『バーバリー』の専属モデルで『バーバリー』ブランドの再興に大いに貢献した実績を持っています。

ピープルツリーのプロジェクトを遂行するにあたりエマがバングラデシュを訪問したときの動画が下のものです。



またエマ・ワトソンはピープルツリーのコレクションを披露するため、9月中旬にチャールズ皇太子が主宰する「A Garden Party to make a difference」というフェスティバルでファッションショーを計画しています。
パーティー

最後の「処女」新興国、バングラデシュに迫る その1
最後の「処女」新興国、バングラデシュに迫る その2
最後の「処女」新興国、バングラデシュに迫る その3