「投資」は良くて「投機」は悪い。

日本ではそういう考え方が常識とされています。

でもこれほど嘘っぱちな「都市伝説」もありません。

投資理論や経済理論の世界ではそもそも投資(investment)と投機(speculation)の区別はありません。

「投資」の方が勝率が高くて、「投機」の方が勝率が低いなんてこともありません。

また多くの人が信じている「投資」は社会のために貢献し、「投機」は社会のためにならないという議論ですが、これも誤った俗説に過ぎません。

ではなぜ「投資」は良くて「投機」は悪いというウソがこれほどあまねく世間一般に信じられているのでしょうか?

それは1980年代に日本の証券会社が株式の大衆化を推進する過程でにわか仕立てのセオリーを徹底的に吹聴して回ったからです。

当時はNTTの売り出しなどがありましたからそれ以前の証券界とはぜんぜん違うスケールで大衆を巻き込まなければいけないという、差し迫ったニーズがあったのです。

でも兜町のイメージは悪く、「株なんかやっている奴に、まともな人間は居ない」というのが世間の常識だったのです。

そこで株式投資のジェントリフィケーション(gentrification)、つまりイメージ・アップを図ることが日本の国としても急務でした。(結局のところNTTを上手く「売り抜けた」のは他でもない日本政府だったのですから。)

そこで証券界がdust off(埃を払って、昔のものを持ち出すこと)してきたのがベンジャミン・グラハムとデビッド・ドットが1934年に出版した『証券分析』という本です。

ちょっと話が脱線しますが、グラハムとドットがこの本を出した当時の世間のウォール街に対するイメージ(=大暴落の直後だったので、当然最悪でした)と1980年代の兜町の社会的地位の低さには相通じるものがあったことを指摘しておきます。

「株なんて、ヤクザな人間が手を染めるものだ。」

そういう根強い観念がアメリカにもあり、当時の機関投資家は「投資」と言えば債券(=多くは鉄道債や公共債)だけが「投資適格」であり、株は「邪道」と見做されていたのです。

グラハムとドットは「いや、そうじゃない。株式だって、ある一定のルールを踏めば安全に投資できる。」ということを主張したのです。そこでグラハムとドットが考えるところの正しいルールを順守したやり方を「投資」と定義し、それ以外の全てを「投機」と分類したわけです。

それではその正しいルールとは何か?ですが、ごく乱暴にいえば対象となる企業の株式がその本来価値(intrinsic value)に照らして大きく割安に取引されており、株式の持つ値動きの荒さなどに代表されるマイナス面を補って余りあるほどの安全ののりしろ(margin of safety)が確保できる場合だけ、その株を買ってよいし、それが「投資」なのだと主張したわけです。


さて、話を1980年代の日本に戻しますが日本の証券各社の営業企画は「これだっ!」とこの古典の主張に飛びつきました。

「投資は良くて、投機は悪いんだっ!」

みんなが憑かれたようにその標語を唱えたのです。

しかし兜町がこのお題目を拝借する過程で、どういうわけかグラハムとドットがいちばん強調したかった部分、つまりintrinsic valueとmargin of safetyの議論はすっかり脱落してしまい、「長期で持つのが投資だ」とか「投資は社会貢献する」とかという素人にでもわかる平易な言葉(=それはグラハムとドットの主張とは似ても似つかぬこじつけなのですが)に置き換わってしまったのです

思うに当時の日本の証券界が余りにアフォばかりだったので、「それは『証券分析』の原典で展開されている議論とは違う!」という正論を真っ向から論陣を張れるだけの知性が存在しなかったのだと思います。

それで兎に角、日本の証券界や政府は株式の大衆化に向けて邁進しはじめてしまったのです。

NTTの第一回目の売り出しから1990年頃にかけて日本株の世界に釣り込まれた一般大衆は「投資は良くて投機は悪い」という念仏を唱えながら自分は「投資しているつもり」でどんどん株を買いこんだのです。

このときの社会全体としての富の破壊を振り返った時、僕は静かな怒りを覚えます。

それでは本家本元のグラハムとドットは投機と投資をどう峻別していたのでしょう?

以下はベンジャミン・グラハムの言葉です:
"...some speculation is necessary and unavoidable, for in many common-stock situations, there are substantial possibilities of both profit and loss, and the risks therein must be assumed by someone.“Many long-term investors, even those who buy and hold for decades, may be classified as speculators, excepting only the rare few who are primarily motivated by income or safety of principal and not eventually selling at a profit
(出典:ウィキペディア)
【翻訳】
或る程度の投機は必要だし、不可避だ。なぜなら普通株では相当の投資収益が見込めるケースとか、逆に損が出るケースなど、とにかくいろいろな可能性が存在するからね。そのようなリスクは誰かによって冒されなければならない。
長期投資家の多くは仮に或る株を10年以上も辛抱強く抱いていたとしても投資家ではなく「投機家」に分類せざるを得ないような人種だ。安全ののりしろのことをちゃんと考えて、キャピタル・ゲインではなく配当収入に着目しながら投資する、所謂、賢明な投資家はごく僅かだ。

つまり「株は長期に持てば、投機家ではなく、投資家になれる」なんて甘い事は一言も言っていないわけです。

(2につづく)