米国の投資週刊誌『バロンズ』が機関投資家を対象とした半年に一度のアンケートの結果を掲載しています。

それによると米国の機関投資家は今年年末のGDP成長率を1.89%、来年6月のGDP成長率を2.09%とみていることがわかりました。
1

また1年後にドルは対円で上昇していると考えている機関投資家が58%いました。
2

同じく対ユーロでは61%がドル高を予想しています。
3

また次に来るリスクはデフレよりインフレが心配だと58%の人が考えています。
4

61%がFRBの現在の政策を支持しています。

5

アメリカ経済のダブルディップは無いというのが多数派意見です。
6



BRICs以外の新興国に強気な投資家が多いです。また日本株は最も強気が少ないです。
7

大半の投資家が今後株式を買い増すとしています。
8

現在の米国株は割安だと考えている投資家が多いです。
9

投資対象別ではアジア株、南米株の強気が多いです。また米国財務省証券への弱気意見が目立っています。
10

セクター別ではハイテクに強気意見が多いです。
11

株式市場には強気意見が多いです。
12

大型株が好まれる傾向があります。
13

債券はバブルだという意見が多いです。
14