中国の12月の輸出は前年同期比+17.9%の1542億ドル、輸入は+25.6%の1411億ドルでした。
輸入と輸出1
ゆにゅうとしゅ


貿易黒字は131億ドルです。これはコンセンサス予想の208億ドルより少ない数字で、1月19日の胡錦濤主席の訪米を前に「なるべく少ない貿易黒字の数字を示したい」中国政府の思惑通りの数字でした。


アメリカにはこういう中国の統計数字の操作に対して「いつまで数字のマッサージを続けるのだ!」と冷笑する声もあります。

なお今回の訪米は中国にとって初めてのState Visit(=国賓としての正式訪問)であり、これはインドの後塵を拝しています。

インドのマンモハン・シン首相を迎えてState Dinnerが催された際は招待客じゃない「なりすまし」が闖入して物議を醸し出した事は記憶に新しいですね。