IMFのナンバー・ツーであるジョン・リプスキーはウォールストリート・ジャーナルとのインタビューの中で「新興国の金融政策はかなりユルユルすぎる」と述べています。


出典:ウォールストリート・ジャーナル)
「とりわけ政策金利がインフレ率より低い国があるが、これはいけない」

「ひとつの尺度を全部の国に当てはめようとは思わないけど、大部分の新興国はこれから金融の引き締めをやっていかなければいけない。そして景気刺激予算もそろそろやめるべきだ」

■ ■ ■

リプスキーが言っていることを説明したのが昨日UPされたこの記事です。ご参考まで。