ハイテク株が金鳥蚊取り線香を嗅いだ蚊のようにポトリ、ポトリと墜落しています。

下はハイフライヤー(=人気株)のサンプルです。

先ずアカマイ(AKAM)。
akam


次はエフファイブ(FFIV)。
ffiv


次はVMウエア(VMW)。
vmw


そしてセールスフォース・ドットコム(CRM)。
cem


もう高値でかろうじて踏ん張っているのはアップル(AAPL)くらいです。

でも僕の考えではアップルが急落するのは時間の問題でしょう。

なぜ僕はハイテクが嫌いか?というと、、、

1. インフレ的な環境では高PE株ほどマルチプル・コントラクション(PERが下がること)の危険に晒されやすいこと
2. ここへきて多くのリーダー的ハイテク株のキャッシュフロー・ジェネレーションがお寒い状態になってきていること(=例:セールスフォース・ドットコム)
3. MoMo族が沢山乗っかっていること

などによります。


特に下値リスクの大きい銘柄は:

VMウェア(VMW)
エフファイブ(FFIV)
アカマイ(AKAM)
オラクル(ORCL)
セールスフォース・ドットコム(CRM)
アップル(AAPL)
ジュニパー・ネットワークス(JNPR)
アマゾン・ドットコム(AMZN)
JDSU (JDSU)

などでしょう。

アップルに関してはスティーブ・ジョブスが復帰できない場合のリスクを投資家が軽く見すぎていると思います。

アップルの製品はあくまでもスティーブの審美眼や価値観を体現したものであり、他の経営者では取って代わることはできません。(それが出来る社員はすべてもうアップルを去っています。)

その一方でアップルのビジネスモデルは1.廉価な方向へ、2.より資本集約的な方向へと急速にシフトしています。

ここらが潮時。