Ras-Tanura_8

サウジアラビア東部は同国の原油の確認埋蔵量の大半が所在する戦略的な要所です。

また生産した石油を備蓄し、世界に出荷する積み出し港、ラスタヌーラがあるのもこの地域です。
juaymah
360_Ras_Tanura

ラスタヌーラで働く労働者の住む町がアル・カティーフです。

アル・カティーフは1979年にシーア派の蜂起が起きた町であり、今回、お隣のバーレーン情勢が先行き不透明になったことで、デモ行進の飛び火が最も懸念されている町でもあります。

その理由はアル・カティーフにはバーレーンの多数派市民であるシーア派と同じ宗派の住民が人口の15%程度を占めているからです。


下の動画は3月3日夜、アル・カティーフでのデモ行進の様子。