フィナンシャル・タイムズのブログによると今年の年初来、新興国株式ファンドから230億ドルが解約により流出したそうです。

一方、新興国債券ファンドの解約による資金流出は年初来12億ドルにとどまっているそうです。

なぜ新興国株式ファンドからの資金流出は激しいのに、債券ファンドは比較的安定しているのでしょうか?

フィナンシャル・タイムズ・ブログはそれについて次のように解説しています。

まず債券ファンドの投資家は株式ファンドの投資家より移り気ではない。次に新興国で現在相次いで起こっている利上げは新興国通貨にとっては強気材料だ。それは債券の投資家にとっては良い材料だ。また新興国株式市場より新興国債券市場や新興国通貨のパフォーマンスが良かったことも投資家が新興国債券ファンドを一斉に処分しなかった理由だ。