今日、中国が一連の経済統計を発表しました。

中国の2月の消費者物価指数は前年同期比+4.9%でした。コンセンサス予想の+4.8%を上回りました。

2月の生産者物価指数は前年同期比+7.2%でした。こちらもコンセンサス予想の+7.0%を上回っています。
1



一方、1・2月の小売売上高は前年同期比で+15.8%にとどまりました。コンセンサス予想の+19.0%を大きく下回っています。
4

1・2月の鉱工業生産は前年同期比で+14.1%でした。コンセンサスは+13.0%です。
3

中でも意外だったのが小売売上高です。余りに数字が小さかったので一瞬(また老眼で読み間違いしたかな?)と思うほど悪い数字でした。

今回の数字は1&2月を通算した数字なので春節の影響は均されているはず、、、

それにしても解せません。

昨日、貿易統計が出た時(数字は悪かったです)は「慌ててはいけない」と自分に言い聞かせたけど、今日の数字と併せて考えると、ヤッパリ少し変調を感じさせますね。