ひとつ前のエントリーではリパトリエーションのパニック売りが出た局面では長期投資家が慌てて売るには遅すぎることを説明しました。

さて、デイトレーダーの場合は長期投資家とは全く違うトレード戦略を取る必要があります。


『バーゲン・ハンティングのさまざまなアプローチ』というセミナーをしたとき説明したことを復習すると:

1. デイトレーダーは「割安」を買うのではなくボラティリティを買え!
2. ハッキリとしたトレンドを利用しよう!
3. マーケットが何を語りかけているのか耳を澄ませよう
4. 落勢が強いなら売ってみる。騰勢が強いなら買ってみる
5. デイトレに徹して、見込み違いのポジションは瞬時に切る

という事に気をつける必要があります。

とにかく、勉強したことを粛々と実行に移すのみです。