トルコの株式市場は去年の11月以来、かなりハッキリとした下降トレンドに入っています。
tur

いまはそのチャンネルの上限に来ており、この下降ボックス圏から抜け出せるかが注目されます。

トルコについては最近、iShares MSCIトルコ(ティッカー:TUR)というETFの取扱が楽天証券ではじまったようです。


トルコはポーランドと並んで欧州連合(EU)の次の通貨統合の焦点となっている国です。
現在は去年のユーロ危機などの影響でコンバージョン・プレイ(統一通貨への参加により、その新興国の評価の底上げがおこること)は大きなテーマにはなっていません。

なおポーランドもiShares MSCIポーランド(ティッカー:EPOL)というETFの取扱が始まっています。

経済のファンダメンタルズから言えばポーランドの方が良い内容だと思います。