今日、ニューヨーク市場が引けた後にポルトガル政府が欧州連合(EU)に支援を要請しました。これはギリシャ、アイルランドに次ぐ3番目の救済になります。

ソクラテス首相はテレビ演説で公式に欧州連合からの救済を請う旨を発表しました。

ポルトガルは3月24日に議会が財政赤字削減案を否決したのでソクラテス首相は辞意を表明し、欧州連合(EU)からの救済は時間の問題と思われてきました。


そこで簡単にポルトガルのファンダメンタルズを点検してみましょう。

今年のGDP成長率は-1%が予想されています。これはアイルランド(-3%)に次いで悪いです。

財政赤字はGDPの1.2%程度でありスペイン(-4.1%)に比べると小さいです。

公的負債はGDPの88.8%でギリシャの150%、イタリアの120%よりは少ないです。

失業率は11.1%です。(以上データの出典は欧州委員会)

これらのデータから見る限り、ポルトガルのファンダメンタルズが群を抜いて悪いという印象はありません。

むしろ問題なのは万年経済の低迷が続き、しかも全く成長戦略が描けないことが世界の投資家から愛想を尽かされた理由です。

なお各国のポルトガルへの貸付残高は以下の通りです:

スペイン 983億ドル
フランス 485億ドル
ドイツ 443億ドル
米国 356億ドル
その他U 212億ドル
(出典:BIS)


関連するエントリー:

ユーロ問題は3つのグループに分類できる1/3
ユーロ問題は3つのグループに分類できる2/3
ユーロ問題は3つのグループに分類できる3/3