暫く話題にならなかったバーレーン情勢がまた緊迫してきています。

それはイランが「虐げられているバーレーンのシーア派の庶民のために有志から成る支援船を出す」と言い始めたからです。

支援船の出港は5月16日だそうです。

この話、(どこかで聞いたことのあるような話だな)と思った読者も居るでしょう。


そうです。去年の6月にパレスチナ自治区ガザにトルコから支援船が出港したのをイスラエルの空挺部隊が阻止しようとし、9人の死者が出るという事件がありましたけど、イランはあれをモデルにして今回の作戦を準備していると言われています。

若しイランからそのような支援船がバーレーンに入港しようとするなら、スンニ派で構成されているバーレーン政府や同じくスンニ派のサウジアラビア政府は黙っていないと思います。

またバーレーンはアメリカ第五艦隊の基地があるところで、アメリカ政府も対応に苦慮することは間違いありません。