映画、『ソーシャル・ネットワーク』を見てアメリカの起業家にあこがれた読者も多いと思います。

しかし米国で創業する起業家の全てがマーク・ザッカーバーグのようにハーバード大学で学び、天才的プログラミング・スキルを持っているわけではないのです。

カネなし、コネなし、スキルなし、だいいち起業する際のビジネス・アイデアすら持ち合わせない若者でも、不屈の闘魂で今をときめくアントレプレナーになれる、、、そういうシンデレラ・ストーリーを今日は紹介します。

エア・ビー&ビー(AirB&B)は自分の住居やアパートを自分が居ない間、旅人に貸し出すコミュニティ・サイトです。

共同創業者のブライアン・チェスキーはロード・アイランド・スクール・オブ・デザインでジョー・ギャビアに出会い、意気投合します。卒業式の日、ジョーは「ブライアン、いつかキミと一緒にビジネスをはじめたいね」と言って別れます。

2年後、当時ロスアンゼルスで就職していたブライアンにジョーが電話しました。

「ボクのルームメイトが出て行ったから、サンフランシスコに来ないか?」

それでブライアンは会社を辞め、カノジョと別れてサンフランシスコにやってきます。

ブライアンの銀行口座には貯金が1000ドルしかありませんでした。

しかしサンフランシスコに着いてみるとアパートの家賃は1150ドルでした。

(これはすぐにカネを稼ぐ方法を考えないと駄目だな)

そう焦ったブライアンはその週末、ちょうどサンフランシスコでデザイナーの国際カンファレンスが開催されていることに気付きます。

サンフランシスコ中のホテルはすべて満室でした。

(これだ!)

そう思いついたブライアンとジョーはカンファレンスに来た参加者でホテルが予約できなかった人に「うちに泊まりに来れば」と営業しました。

ただ急な話だし、とてもベッドを買うお金などないので泊り客に「エア・マットレスで我慢して」と事情を説明しました。(エア・ビー&ビーのエアはここから来ています)

こうやって何とかその月の家賃を払うことが出来たブライアンとジョーはその後もいろいろ起業のアイデアを考えますが、良いアイデアは浮かびません。

(当座は部屋を他人に貸して食いつなぐ他無いな)

2008年のSXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)カンファレンスの際、ブライアンとジョーは「このイベントに合わせてウェブサイトを立ち上げよう!」と思い立ち、サービスをローンチしました。

結局、SXSWでは3人のユーザーしか来ませんでした。

2008年の夏、大統領選挙に向けた民主党の党大会がデンバーで開催され、ホテルの数が足らなくなることは確実でした。

(このチャンスに賭けるしかないな)

そう思った2人は新聞記者に片っぱしからメールを出し、エア・ビー&ビーの存在をアピールしました。

この努力が実って数人のブロガーがエア・ビー&ビーの存在についての記事をUPし、それが新聞記者の目にとまって全国紙やCNNがエア・ビー&ビーに関する報道をしました。



これがきっかけで世界にエア・ビー&ビーの知名度が上がり、ようやく人々が自分のスペースを「出店」しはじめました。

民主党の党大会では誰もが新しい大統領候補、バラク・オバマについて語り合っていました。そこで(民主党の党大会に来た人に『オバマ・オー』というシリアルを作ってプロモーションすれば良いだろう)と思いつき、『オバマ・オー』シリアルの箱を印刷しました。
obama_o

そしてスーパーマーケットに行って棚にあるシリアルを片っぱしから買い占め、それを『オバマ・オー』シリアルの箱に「詰め替え」しました。

このシリアルをひと箱40ドルで販売し、2万ドルを稼ぎます。

この2万ドルでその後、何カ月かを何とかしのぎましたが、とうとう無一文になってしまい、最後の数カ月はヒットした『オバマ・オー』シリアルに対して、ぜんぜん売れなくて部屋の中に残っていた『キャプテン・マッケイン』シリアルを毎日3食たべて暮らしました。
mccain_c

その後、ブライアンとジョーはベンチャーのインキュベーター、ワイ・コンビネーターにコンタクトしました。ワイ・コンビネーターの主催者、ポール・グラハムは「キミらのビジネス・アイデアはムチャクチャだな。だけどシリアルを売り歩いてまで事業継続をしたのはすごい。まるでゴキブリのような生命力だ」と感心し、ワイ・コンビネーターに招待しました。

その後、従業員を増やした後もエア・ビー&ビーはブライアンとジョーのアパートを本社にしていたのでとうとう2部屋しかないこのアパートは手狭になりブライアンはアパートを出てホームレスになります。

そこでブライアンはエア・ビー&ビーのサービスを自ら利用し、6ヶ月間、ユーザーの部屋から部屋へと転々とする生活をはじめます。つまり単に部屋を貸すウェブサイトをホストするだけでなく、自らも顧客となることでこのサービスの良い点、悪い点をじっくり考える機会があったわけです。

最終的にエア・ビー&ビーはセコイアとグレイロックという著名なベンチャーから720万ドルの出資を受けます。

そして昨日、ニューヨークのテッククランチのイベントでアシュトン・カッチャー(イケメン男性モデルで女優デミ・ムーアの旦那さん)から投資を受けた事が発表されます。

アシュトン・カッチャーはエンジェル・インベスターとして有名で、Twitterのユーザーとしても683万人のフォロアー数を誇っています。

下は「スタートアップ・スクール」でプレゼンするブライアン。起業を目指す方は必見。多くのことを考えさせるビデオです。