米国の160万の中小企業が参加するネットワークであるマーチャント・サークルが中小企業経営者に対する調査を発表しています。

調査が実施されたのは4月30日から6月6日で160万の調査票を送付し、4942の有効回答を得ました。

なおこれらの回答企業の78%が従業員4人以下のスモール・ビジネスです。

先ず年間の広告予算については次のような回答がありました。
1

次に「あなたはこのサイトを通じてあなたのビジネスをプロモートしていますか?」という質問に対しては次のような回答がありました。(但し一部企業の抜粋)
2

(なお上の回答には所謂Fan pageを作成するなどのプロモの仕方もたぶん含まれていると思います。)

これまでにFacebook広告をあなたのビジネスの販売促進のために利用したことがありますか?という質問については:
3

Facebook広告を今後も販売促進手段として利用しますか?という質問に対しては:
4

なぜFacebook広告が良いと思うかの理由は:
5

逆にFacebook広告をもう使わないと言った回答者の理由は:
6


次にGrouponなどのグループ購入サイトを販売促進手段として使った経験があるか?という質問に対しては:
7

グループ購入サイトを今後も引き続き使いたいか?という質問については:
8

なぜグループ購入サイトを今後も販促に利用したいかの理由としては:
9

一方、グループ購入サイトをもう利用したくないと回答した人はその理由として:
10