グーグルの株価がブレイクダウンしています。
GOOG

今のアメリカ株全体の相場の地合いが悪いのが同社の株価に影を落としていることは間違いありませんが、それに加えて同社に固有の事情も絡んでいます。

それは最近、グーグルに真っ向から挑戦を挑むことが出来る強敵が相次いで登場しているという事です。

その強敵とはフェイスブックであり、グルーポンです。


フェイスブックに関しては日本では未だ「実名主義」がどうのこうのとか、リアルの友だちとバーチャルの友だちの比率がどうのこうのという、主にユーザーの視点からの問題を皆が口角泡を飛ばして議論している状況です。

しかしアメリカではその段階はとっくの昔に終わりました。

いまアメリカでフェイスブックを巡る話題と言えば主に広告主から見た、フェイスブックの利用価値を巡る議論です。

そこで広告主の心を捉えている事はユーザーがネットを利用している時間のうちソーシャルメディアに割かれる時間がかなり多いという点です。

そこでこれまでグーグル一本槍だった中小企業の広告費の投入先がフェイスブックにも分散しはじめているのです。

グーグルにとってのもうひとつの強敵はグルーポンです。

同社のプロモーション手法は「過去100年ではじめてローカル広告にイノベーションをもたらした」と評価される場合もあります。

今はまだフラッシュ・マーケティングは黎明期なのでグルーポンも広告主も数多くの間違いを犯しています。「おせち事件」はその典型でしょう。

しかしグルーポンを使ってプロモーションをした中小企業の全てがフラッシュ・マーケティングに後味の悪い思いをしたか?と言えば、それは違います。実際、以前紹介した調査でも「今後もグルーポンをリピートで起用したい」と考える経営者が圧倒的に多いのです。
8

中小企業が宣伝広告に割ける予算は限られている以上、新しい広告プラットフォームの登場はグーグルにとって「パイの縮小」を意味します。

グーグルはこれまで報道されてきた、人材確保の面での競争に晒されているだけでなく、顧客のつなぎとめの面でも競争の激化を経験しているのです。