フィナンシャル・タイムズによるとTwitterが近く新しいマネタイゼーション戦略を打ち出すようです。

具体的には広告主によるpromoted tweetsをタイムラインの中に挿入する事が検討されているようです。

これとは別の手法で、Grouponがやっているようなフラッシュ・マーケティングを開始する可能性もFTは指摘しています。

さらに企業のブランドのプロフィール・ページを改良しキャンペーンの管理・実施をしやすくする工夫を行っている模様です。


Twitterの課金戦略は大手SNSの中で最も遅れています。

しかし同社に出資しているVC、ユニオン・スクエアのフレッド・ウイルソンは最近、「Twitterのマネタイズ戦略はかなり煮詰まってきた」と楽観的なコメントを述べました。

このことからもツイッターに近く大きな動きが出る可能性が強いです。